コラム

2015-09-13

30代から始める田舎暮らし計画~成功の秘訣

たどり着くまでの強い思いを聞かせてください

設計家として、次世代に引き継ぐことのできるヒノキや杉の家を提案しながら、常日頃、家を造るのではなくライフスタイルを作りたいと思っています。
お客さまの自分らしさを大切にして築く、一軒の家。愛を注いで完成させた独自の世界を、磨き続けて欲しいからです。


家は使いこなす道具のようなものです。住まい手の工夫次第でさまざまな用途にこたえてくれ、輝き出します。
なかでも多目的に活躍する田舎の家は、家族の日々の暮らしにより、作り込まれていくでしょう。

家だけを建てるのに、わざわざ田舎を選ぶ人はいないかも知れません。「田舎に行かなきゃ完成しない何かがある!」、そんな思いのこもったcountry livingを後押しします。

➢ 30代が憧れる田舎暮らしのライフスタイルとは

思い描くことと現実のギャップ

田舎暮らしをはじめる理由はさまざまでしょう。
手入れをして花を咲かせ、野菜を育て料理する…。有機無農薬の野菜にこだわった畑仕事で、半農生活を満喫している人もいます。

家庭菜園と子供
我が子に、自然に触れる楽しい子ども時代を経験させたいご夫婦も増えています。
絵画・陶芸・木工などに打ち込むアトリエや、広いサーフィン小屋を兼ねた趣味の拠点を構える人もいるでしょう。
また、不便は承知。だから週末だけ、足を運ぶ場所にしたい選択もあるでしょう。
その目的意識にブレさえなければ、理想の暮らし方に近づけます。

一方、田舎暮らしをスタートさせ「こんなはずじゃなかった」が起きてしまうのはなぜでしょう?
「消耗するだけの都会を離れ、自然満載の田舎に行けば何かが生まれる!」、住み替え後の達成感に期待しすぎるケースです。
自分を映像や写真で見たイメージの中に置くのと、現実の生活は違います。そこに根付くだけの熱い思いに欠けていたのかも知れません。

自分たちが完成させたいことを、どれだけリアルに創造できるか否かで、「最高!」OR「こんなはずじゃ!」の2つの結果に分かれます。

➢ 30代から始める田舎暮らしのメリットとデメリット

田舎の美しい風景を手に入れるために

「そこで何をしたいのか」
憧れだけでは長続きしません。目的はより明確であるべきです。

木の家
そして、あなたの気持ちに、同じく家族も寄り添ってくれていますか?
急に言い出したのでは、衝撃ニュースになりそうです。好みや感性のあう夫婦なら、あうんの呼吸でスムーズに進行するかも知れません。
いずれにしても、十分なディスカッションで理解が得られ、理想的な方向になるといいですね。

また、今置かれている仕事や状況、資金問題などを考慮しながら、無理なく舵を切っていきましょう。

30代からの長い人生。
田舎暮らしを原動力に、大切な時間を有意義に過ごして欲しいと願います。
見切り発進だけはしないで、計画的に。
そして、住まいと一緒に、人生そのものをデザインしてみませんか?

➢ 30代からの田舎暮らしが急増〜子育て世代に人気の理由

京都市内から車で1時間。田舎町の静かな場所にある木の家で、あなたが思い描くスローライフをご家族で体験してみませんか?
【スローライフ体験】 宇治田原町緑苑坂きーてらす住宅展示場の詳細はこちら

+ きーてらすのコンセプト
    100年、200年、300年と伝え、受け継がれる家造り
+ きーてらすのこだわり
    きーてらすにしか出来ない最高の家造りのこだわり
+ 施工実績
    とっておきの施工実績のご紹介
+ きーてらすの職人たち
    伝統技術を受け継ぐ職人たちの想い
+ 家づくりの流れ
    お客様との大切な出会いからお家完成までの9つのこと
 
┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

この記事を書いたプロ

株式会社 きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
青川剛気 あおかわごうき

強い木材と伝統的な職人の技術で建てられた、何代にも受け継がれる木の家(1/3)

 集成材や合板を一切使わず100%無垢の木を使って、奈良時代の建築物の仕組みを受け継ぐ家造りをする会社「株式会社きーてらす」が京都市伏見区にあります。代表であり建築士でもある青川剛気さんは「通常、家を建てる時に使われる材木は原木市場で競り落...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

良質なひのきのみを使った今までにない木の家に強み

会社名 : 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社 きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
きーてらすのつくる「ひのきの家」の価格
イメージ

 家づくり。お金をかける部分を変えましょう。 家づくりで一番気になるのは「価格」です。坪単価00万...

[ 自然素材と木の家 ]

ご報告です。

この度関西テレビ様の6時台ニュースワンダーにて弊社社長、青川が取り上げられることになりました。放映予定日は...

第9回木工教室開催いたします。
イメージ

 第9回きーてらすキレハシ木工教室 第8回キレハシ木工教室を開催いたします。場所・日時:8月20日土曜日...

珪藻土の壁にだってカビは生えます
イメージ

 珪藻土の力を発揮させるには・・・ 珪藻土の壁は調湿作用があって万能です。間違いではありませんが、珪...

[ 自然素材と木の家 ]

第8回きーてらすキレハシ木工教室開催いたします
イメージ

 第8回きーてらすキレハシ木工教室 第8回キレハシ木工教室を開催いたします。場所・日時:7月2日土曜日...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ