コラム

 公開日: 2015-09-17  最終更新日: 2017-11-29

ペットと暮らす30代からの田舎暮らし

都会を離れたら ペットと一緒に暮らしたい

軒先からはじまる緑と、住む人たちが思い思いに植えた木々。
あいまいな家と家との境界に、「軽く目隠しするべきか?」それとも「解放的でいるべきか?」。
これは、自然あふれる田舎暮らしならではのぜいたくな悩みです。


都市部のマンション暮らしでは、かなえることができなかったペットとの生活もそのひとつ。
「子どもにおねだりされていたコーギーや柴犬を迎えるか?」「数匹の猫を飼ってみたい夢がついに実現できるのか? 」
ペット選びも悩ましいところとなりそうですね。

すでに家族の一員であるペットを、広い土地で遊ばせたい方もいるでしょう。

考えてみれば、散歩中の人が足を止め、庭のペットに声をかけてくれる光景は幸せそのもの。
「やっぱり垣根はなくていいかなぁ」
なんて、田舎暮らしののんびりしたムードが、気持ちをゆったりさせてくれそうです。

➢ 家族で楽しむ憧れのウッドデッキ〜新築一軒家で田舎暮らし

田舎で飼うペット 田舎でしか飼えないペット

ペットの王道である犬や猫は、田舎暮らしにおいても人気者です。ただし品種もさることながら、動物も人と同じように個々に違う性格を持っています。
田舎暮らしをきっかけに初めて飼うという方は、流行りのペットにあまり固執しないで、今の家族構成や風土にあった行動パターンが取れるタイプかどうか、トータルに考えて迎えましょう。

一方、都会で飼育困難だった動物と暮らしはじめる人もいるようです。ヤギの乳やニワトリのたまごで、プチ自給自足はいかがでしょう?

子供とヤギ
優しい目と愛嬌のある口元をしたヤギは、大人しく人懐っこい性質です。雑草を食べ、乳も搾れるなど、田舎暮らしならでは迎えることができるペットです。日当りと風通しのいい一角に小屋を作り、スノコを敷いて寝床にはワラを入れてあげましょう。


新鮮でおいしい有精卵はもちろん、作物の堆肥作りに貴重な鶏糞を供給するニワトリも、なつけばとても可愛いペットになります。朝の目覚めの声を聞きながら、自然養鶏ができますね。

家族とペットが触れ合える暮らし作りを

ペットと暮らす家を設計するとき、どこで一緒に過ごすかが課題になります。特に中型・大型犬の場合は、フローリングに傷を付けてしまう場合もあります。

昔の日本家屋にあった玄関土間を、現代風にアレンジする方法はおすすめです。天然木の室内にあうおしゃれなタイルをフロアに貼ったり、モザイクを埋め込んでアクセントにするのも素敵です。
この土間空間をリビングにもアクセスできる、多目的な空間にしませんか?犬も子どももどろんこのままで帰れます。
また、カバードポーチを遊び場にするなど、半屋外のスペースの設置は、犬との暮らしを快適にします。

縁があって出会ったペットは、身近な友であり、家族です。
田舎暮らしなら動物たちの活動範囲も大いに広がります。

「このうちに来てよかった」
きれいな空気と愛情いっぱいのスキンシップがあれば、ペットもきっと田舎暮らしを堪能できることでしょう。

➢ 田舎暮らしを満喫する家づくり〜アウトドアリビングのすすめ

┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
木の家の骨格はHINOKI
ひのきのフレームワーク

どうも。オレのフレームワーク(骨格)は恐竜並みだぜ・・な男=あおかわです。ぼくが代表を務める会社きーてらすは製材所も運営しています。取り扱う材種は主に...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
二股ひのきの一枚板カウンター材入荷
イメージ

こんにちは。ひのき愛に満ちた男=あおかわです。先日、浜松の原木市場で最高のひのきを二本ゲットしてきた...

[ DIYで使える一枚板の紹介 ]

田舎暮らしの鉄則。家は小さく暮らしは大きく。若いうちに選択しようね。
イメージ

写真は以前滋賀県でエクステリア工事をしたとこのものです。こんなこともしております。どうも。主夫も板...

[ あおかわの休日 ]

京都府宇治田原町に高断熱で高気密な小さな小屋をつくります。
イメージ

どうも。ヒノキングな男=あおかわです。今朝、朝起きて(ちなみにぼくは3時30分起きです)柴犬のマック...

[ 小さな小屋マックスの家 ]

ひのきを使った超絶簡単な加湿器を紹介。木の加湿器はガンガン加湿したい方には向きません。
イメージ

どうも。京都でひのきのタイニーハウスを普及させる会会長のあおかわです。小さい木の家を高くない値段でつく...

[ Studying wood ]

シロアリと腐朽菌のダブルパンチです。滋賀県ログハウス改修工事
イメージ

どうも。先日、眠れない夜を「蟲師」と共に過ごしたヒノキングな男=あおかわ改めギンコです。わからない方は...

[ 改修工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ