コラム

 公開日: 2015-09-23  最終更新日: 2017-11-29

ガーデンファニチャーでアウトドアリビングをもっと楽しく!素敵な田舎暮らし

アウトドアリビングからはじまる 屋外のスタイリング

暮らしの真ん中にあるのがリビングルームだとすると、そこからさらにフラットな広がりが持てるアウトドアリビングは、外しがたいプランと言えるでしょう。

ウッドデッキとパーゴラ
ゆったり本を読んだり昼寝をしたり、キャンドルを灯してアウトドアパーティーを開くなど、変化に富んだ使い方ができます。
周辺の自然や庭の風情も、インテリアの一部です。

でも、もっと表情豊かで奥行きのあるスペースにするなら、ガーデンファニチャーにこだわりましょう。

まずは、ウッドデッキに木製ベンチ、テーブルや椅子、リクライニングチェアからはじめる方が多いでしょうか。
緑を間近に感じる場所には、天然木の素材がフィットします。
そこで過ごす時間を快適にするだけではありません。家の中から眺め、ほっとする視覚効果も大きいからです。
素朴で温もりを感じるもの、年月を経て良い風合いを奏でるものたちを、少しずつ増やしていけると素敵ですね。

➢ 田舎暮らしを満喫する家づくり〜アウトドアリビングのすすめ

アウトドアリビングはテーマを絞り、さらに自由に

伝統工法を取り入れ木組みにこだわる「きーてらす」ですが、純和風を追求しているわけではありません。北欧風やカントリーテイストを取り入れ、独自のスタイルを確立しています。お客さまのご要望も最大限に生かして造る木の家です。


外まわりにおいても、インテリアの軸となるテーマを決めて、あなたの「好き」を加えていきましょう。
アウトドアリビングには、意外なほど個性が出ます。

鉢カバーや、景観を引き締めるローフェンス、ソーラーライトなど、ものがたくさんあるのに雑然とした感じがしないようの見せるのが、物選びとディスプレイのセンスかも知れません。

例えばAとBは異質でもCを加えることで馴染みがよくなり、すべてが溶け合うような組み合わせ。腕の見せどころみたいで楽しいですね。

➢ 新築のお庭で始める田舎カフェ風ガーデニング

くつろぎ集う場所の素敵なガーデンファニチャー

以前はグリーン系が多かったオーニング(日よけ)にも、ナチュラルカラーやストライプのカジュアルな色みが採用され、日射しや紫外線をカットする機能性とデザイン性を備えたものが増えてきました。


それは、ガーデンテーブルにセットするパラソルなどにも言えること。注水式のベースが付いていて、独立固定ができるハンギングパラソルも素敵です。

また、憧れだったハンモックが、田舎暮らしのアウトドアリビングにはよく合います。

夏は、スクリーンシェードなども加え、ウッドデッキを飾りましょう。
すぐそばに土やウッドデッキの茶色、庭の緑があるのが強みです。ナチュラルなアイボリーや、目を引く赤や黄、青などのアイテムをコーディネートするのもいいですね。

アウトドアを楽しむプライベートな空間が充実してくると、お客さまをお招きする日が待ち遠しくなります。家族みんなが楽しく暮らす様子が、訪れた方にも伝わるでしょう。
田舎暮らしのガーデンファニチャーで、心豊かなひとときを演出しましょう。

➢ 新築田舎暮らしで人気のウッドデッキ・テラス屋根ベスト3!


┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
木の家の骨格はHINOKI
ひのきのフレームワーク

どうも。オレのフレームワーク(骨格)は恐竜並みだぜ・・な男=あおかわです。ぼくが代表を務める会社きーてらすは製材所も運営しています。取り扱う材種は主に...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
二股ひのきの一枚板カウンター材入荷
イメージ

こんにちは。ひのき愛に満ちた男=あおかわです。先日、浜松の原木市場で最高のひのきを二本ゲットしてきた...

[ DIYで使える一枚板の紹介 ]

高いお金をかけるのはNG。木工DIYでウッドフェンス、木製看板を気軽につくる
イメージ

どうも。自然と鼻水が垂れてくるあおかわです。「気軽に木工DIYを楽しめる場所:vigor wood shop」無事にオ...

[ チャレンジ木工DIY ]

田舎暮らしの鉄則。家は小さく暮らしは大きく。若いうちに選択しようね。
イメージ

写真は以前滋賀県でエクステリア工事をしたとこのものです。こんなこともしております。どうも。主夫も板...

[ あおかわの休日 ]

京都府宇治田原町に高断熱で高気密な小さな小屋をつくります。
イメージ

どうも。ヒノキングな男=あおかわです。今朝、朝起きて(ちなみにぼくは3時30分起きです)柴犬のマック...

[ 小さな小屋マックスの家 ]

ひのきを使った超絶簡単な加湿器を紹介。木の加湿器はガンガン加湿したい方には向きません。
イメージ

どうも。京都でひのきのタイニーハウスを普及させる会会長のあおかわです。小さい木の家を高くない値段でつく...

[ Studying wood ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ