コラム

 公開日: 2015-09-27  最終更新日: 2017-11-29

まるで海外映画のような広々としたカバードポーチがある田舎暮らしの家づくり

カバードポーチをご存知ですか?

今回のテーマ、「カバードポーチって何だろう?」と思われたら、サーファーズハウスやおしゃれな輸入住宅をイメージしつつ、屋根付きの半屋外空間を思い浮かべてみてください。
玄関からリビングまでを覆うくらいのスケールにすると、家の外観も実に見応えあり!おしゃれな屋根が特徴的な家になります。


そして屋根の軒先が広いほど、使用するスペースはゆったりします。
ウッドデッキの屋根付きバージョンというと簡単ですが、日よけや雨よけが同時に成り立ち、見た目にも個性が生まれます。直射日光が当たらず、風が流れ、屋外の気持ちよさを室内に取り込むことができるでしょう。

田舎暮らしを愛する方にとって決してムダにならない、オアシスのような場所となるでしょう。

➢ 田舎暮らしを満喫する家づくり〜アウトドアリビングのすすめ

日常を映画のワンシーンにしてくれる贅沢さ

アーリーアメリカンの家に、よく見られるカバードポーチは、昔から親しまれてきたスタイルです。
海外の映画でも、ファミリーパーティーでの談笑や、おばあちゃんがロッキングチェアで揺れる姿など、さまざまなシーンにカバードポーチが登場します。
そういえば、あのディズニーシーで、カバードポーチをたくさん見たような気がします。

もちろん、ポーチとLDKはフルオープンになり、屋外に向けて広がりを持つことができます。


晴れた日には食事の場所を、家の中から屋外へ移すことも可能になります。夏休みがはじまると、外で遊んで帰ってきた子どもたちがお昼ごはんやおやつを食べるなど、メインダイニングをポーチへとチェンジすることもできそうです。
大きなテーブルを置いたり、2つのテーブルをくっつけてクロスをかけたり、バラバラのデザインの椅子をミスマッチさせるのが最近のやり方。ディナータイム用の灯りも計算しておきましょう。

➢ デッキ・テラスのアウトドアキッチンで週末を満喫!田舎の新築一戸建て

全天候型のアウトドアリビングを

田舎暮らしの場合、土地が安価である分、自分たちの好みやライフスタイルにあった家づくりにパワーを注ぐことができます。

サーフボードや釣り道具の手入れやメンテナンスにも、広めのカバードポーチは、使い勝手のいい趣味の空間となるでしょう。
天候に左右されない屋根付きスペースだから、濡らしてしまいそうで諦める人が多いガーデンソファやファブリックだって大丈夫です。
ブランコを置いて、雨の日も子供の遊び場に。お父さんは雨の音を聞きながらハンモックでうたた寝…。そんな生活も夢ではありません。

ハンモック
ペットハウス置き場に活用したり、DIYの作業スペースになったり、用途は暮らしとともに増えるでしょう。

外と中をうまくつなぐカバードポーチのある田舎の家で、大人も子どもも、遊び心とリゾート気分を満喫しましょう。

➢ ガーデンファニチャーでアウトドアリビングをもっと楽しく!素敵な田舎暮らし

 
┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

株式会社きーてらす


高断熱・高気密な木の家「ひのキューブ」

木材へのこだわり 構造材への想い

施工例

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ぼくの家は低断熱住宅

どうも。京都で高スペックな断熱強化型のエコな木の家をつくる工務店 きーてらすのあおかわです。なにをかくそうぼくの家は超低断熱住宅。不快な気流、無計画な...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ぼくの家はLDK26帖と無駄にデカい。コンパクトな家だから快適な暮らしができるんだ
イメージ

土地が広いとなぜか人は大きい家を建てがちです。何をかくそうぼくもその中の一人なのです。憧れがそうさせ...

[ 高スペック住宅の指針 ]

京都府宇治田原町緑苑坂にあるきーてらす木の家展示、土地付き2980万円で販売中
イメージ

どうも。高スペックな木の家をつくる工務店きーてらすのあおかわです。お知らせです。弊社きーてらすの木...

断熱リフォームは家全体で施工するべき?
イメージ

どうも。快適は室内空間を演出する匠のあおかわです。皆さんご承知の通り、我が家は低断熱の無駄に大き...

[ 高スペック住宅の指針 ]

ぼくの家は毎朝室温3℃の低断熱住宅。断熱と体感温度の関係を理解しよう
イメージ

どうも。京都で高スペックな小さな家つくる工務店きーてらすのあおかわです。あおかわさんはリフォーム...

[ 高スペック住宅の指針 ]

ぼくの家は低断熱住宅だからわかる。高断熱住宅で得られるもの。
イメージ

我が家は何度も言いますが“低断熱”の家です。床暖、ファンヒーター、毛布の三点セットで暖をとります。一昔前...

[ 高スペック住宅の指針 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ