コラム

 公開日: 2015-10-09  最終更新日: 2017-11-29

新築田舎暮らしで始める薪ストーブのある生活

自然と向き合ってみてわかること

夏の木が、たくさんの水を含んでいることをご存じですか?


葉っぱまで届くように根が吸い上げた水分は、その木が伐採されたあとも瑞々しく残るというから驚きです。
田舎で暮らすと、自然の摂理に触れる機会が多くなります。

だから、薪集めが冬の作業であるのも納得できます。

夏の木々は、水分を多く含んでいるので薪ストーブの燃料には適していません。
乾燥具合が薪の善し悪しとなり、火のつき方、火持ち、煙の量を左右します。

湿った薪の使用は、ストーブの故障にもつながります。
薪を井桁に組み通気性をよくして、トタン屋根でカバーするなど、雨が当たらない工夫をしてみましょう。

木口方向から徐々に6カ月ほどで乾燥します。

➢ 新築田舎暮らしで薪ストーブが人気の理由

季節は冬 効率のよい薪のくべ方

温度や燃焼時間の調節をする目的で、焚き付け用の細い薪、中くらいの薪、 長時間燃やすための太い薪を準備しましょう。


焚き火の要領で、最初は細い薪や枯れ枝に着火します。勢いが出てきたら中くらいの薪に、しっかり燃えはじめたら太めの薪をくべていきます。じっくりと大切に火を育てていく感じです。

下から上へと流れる空気に沿って、立ち上がる火の通り道をふさがないように、隙間を作って見守ります。
美しい炎を見つめるときの密かな満足。その微笑みが、薪ストーブの薪ストーブの窓付き扉のガラスに映り込んでいますか?
ガラスが燻したように汚れていたら、火起こしのステップを急ぎ過ぎたせいかも知れません。

薪が燃えて炭火のようになったものを「熾き火(おきび)」と言います。そして、メラメラとした真っ赤な熾き火がある状態が理想です。薪ストーブのあたたかさがキープできる、熱量の多い安定した燃え方なのです。

薪を補充する前に、火掻き棒などでつつきながら、次の火種を増やしてみましょう。

➢ 薪ストーブの煙突がおしゃれな田舎の新築一軒家

モノを大切にする暮らしの中で

薪を燃やすと、木のタールやススが煙突に付着してしまいます。そのままにすると煙突内が狭くなり、煙がスムーズに排出されなくなります。たまったススに引火して、煙突火災を起こす可能性もあるのです。


薪集めもそうですが、煙突掃除で親子のコミュニケーションがはかれます。煙突に今シーズンの感謝を込め、家族でできるメンテナンスをしてみませんか?

ひとりでやれば簡単に終わってしまうことも、子どもと分担しながら一緒にやりがいを見出だしていきましょう。
親として子に教えられること、子に教えてもらうことが、田舎暮らしには、たくさんたくさんあるはずです。

自然とともに生きるという営みの中で、人と人が支え合うことの尊さを体感できるのではないでしょうか。
「きーてらす」は家族とともに年を重ねる木の家と、薪ストーブのある暮らしを応援します。

➢ 薪ストーブの灰が大活躍!新築田舎暮らしの知恵

 
┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

株式会社きーてらすホームページへはこちらからどうぞ!
その他の記事を読んでもいいよ!という優しい方はこちらからどうぞ!

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
過去記事一覧
株式会社きーてらす

高スペックな断熱強化型の木の家。ひのキューブの開発コンセプトを、あなたの家づくりのヒントにしてしまおう!ぼくの家は無駄にデカい。小さい家のメリットとは...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
本社移転のお知らせ
イメージ

ご連絡が遅くなりまことに申し訳ございません。4月13日付で株式会社きーてらす本社を京都府綴喜郡宇治田原町緑苑...

ぼくの家はLDK26帖と無駄にデカい。コンパクトな家だから快適な暮らしができるんだ
イメージ

土地が広いとなぜか人は大きい家を建てがちです。何をかくそうぼくもその中の一人なのです。憧れがそうさせ...

[ 高スペック住宅の指針 ]

住宅購入のために頭金をためている方に。

どうも。家づくりアドバイザーのあおかわです。今回はですね、住宅を購入する時期について考察していきまし...

[ 家づくりのためのお金の勉強会 ]

「家がほしい・・・」住宅購入の最初のステップは?

どうも。住宅FP(「ファイナンシャルプラン)の達人あおかわです。本日は「お金」の話です。家づくりはコ...

[ 家づくりのためのお金の勉強会 ]

木工教室のために木のカトラリーをつくってみたら意外と 
イメージ

どうも木のカトラリー職人あおかわです。完全にウソです。来月5月のいつになるかは未定ですが、宇治田原町...

[ イベント・勉強会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ