コラム

 公開日: 2015-10-11  最終更新日: 2017-11-29

薪ストーブの灰が大活躍!新築田舎暮らしの知恵

自然の中で生まれたものをムダにしない暮らし方

自然環境を優先して選んだ場所で、快適な暮らしがはじまりました。
煙突のある新しい家から、楽しそうな冬の語らいが聞こえてきます。
薪ストーブの揺らめく炎が心をほぐし、体を芯からあたためてくれているからかもしれません。
火加減を見るしぐさも板に付き、リビングでの家族の会話が増えたようです。寒い季節に実感する「確かな幸せ」というやつです。


田舎暮らしの木の家に、ここまでなじむ暖房器具は、他に見当たらないと思います。
「きーてらす」は、薪ストーブを超循環型エコロジー機器と捉えています。
樹木を薪にして燃やすというサイクル。さらに燃えたあとに必ず残る「灰」までも、ムダにしないノウハウがあるのをご存知ですか?

➢ 新築田舎暮らしで薪ストーブが人気の理由

お掃除洗剤に 畑の肥料に 害虫駆除に

薪ストーブの炉内に残る灰には、洗浄作用があります。灰のサラサラの部分だけを漉(こ)して、それを使って食器を洗うのが当たり前だった時代もあります。洗剤に比べ、環境にも格段に優しいのは確かなことだと言えるでしょう。


また、油汚れに対しても用いることができて、茶渋やタイルの目地、お風呂の水垢など、頑固な汚れに効果的です。
また少量の灰をウエスに含ませ、薪ストーブの窓付き扉のガラスを磨くとピカピカに蘇ります。
ちなみにウエスとは、簡単にいうと家庭から集められた古着などから作られた雑巾のことです。

木灰は強アルカリ性なので、園芸や菜園の肥料にしたり、土壌改良に利用できます。

野菜のあく抜きにも用いられます。煙突のあるお宅を見かけ、薪ストーブの灰を分けてもらったという料理研究家のお話もあるくらいです。
灰をとかした液を散布すれば、害虫駆除もできますよ。

➢ キッチンガーデンで田舎暮らしを楽しむ新築のお庭

積極的に灰の有効活用を

灰の役目はほかにもあります。小さな暖をとるための火鉢です。火鉢の炭に灰をかぶせ、火持ちをよくすることもできるのです。
炭は酸素が少ない灰の中でゆっくり燃焼するからです。薪ストーブも同様で、熾き火(おきび)になった薪の上に灰を重ねると、火の持続は間違いなしと言えるでしょう。


灰の処理回数は、燃やす材種や水分量によって違います。
また、使用機種や頻度によっても異なりますが、寒冷地で24時間使った場合でも、3~4日に一度のペースでよいと言われています。

炉内をのぞくと白い灰のほか、小さな黒い炭も残っています。これは薪の燃え残りです。着火剤として再利用できるので、捨てずに取っておきましょう。

燃やした分だけ出る灰や炭ですが、処理の仕方というより、いかに有効活用するかを考えましょう。
うれしいことに薪ストーブユーザーの約8割が、何らかの再利用をしているとのデータがあります。

➢ 寒い田舎で暖かい家づくり~薪ストーブの種類と選び方

 
┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

株式会社きーてらすホームページへはこちらからどうぞ!
その他の記事を読んでもいいよ!という優しい方はこちらからどうぞ!

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
過去記事一覧
株式会社きーてらす

高スペックな断熱強化型の木の家。ひのキューブの開発コンセプトを、あなたの家づくりのヒントにしてしまおう!ぼくの家は無駄にデカい。小さい家のメリットとは...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
本社移転のお知らせ
イメージ

ご連絡が遅くなりまことに申し訳ございません。4月13日付で株式会社きーてらす本社を京都府綴喜郡宇治田原町緑苑...

ぼくの家はLDK26帖と無駄にデカい。コンパクトな家だから快適な暮らしができるんだ
イメージ

土地が広いとなぜか人は大きい家を建てがちです。何をかくそうぼくもその中の一人なのです。憧れがそうさせ...

[ 高スペック住宅の指針 ]

京都から住宅購入時期が気になる方へ贈ります。頭金は必要なのでしょうか・・・。

どうも。家づくりアドバイザーのあおかわです。今回はですね、住宅を購入する時期について考察していきまし...

[ 家づくりのためのお金の勉強会 ]

「家がほしい・・・」住宅購入の最初のステップは?

どうも。住宅FP(「ファイナンシャルプラン)の達人あおかわです。本日は「お金」の話です。家づくりはコ...

[ 家づくりのためのお金の勉強会 ]

木工教室のために木のカトラリーをつくってみたら意外と 
イメージ

どうも木のカトラリー職人あおかわです。完全にウソです。来月5月のいつになるかは未定ですが、宇治田原町...

[ イベント・勉強会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ