コラム

 公開日: 2015-11-04  最終更新日: 2017-11-29

子供がお風呂好きになる木のお風呂・檜風呂〜新築田舎暮らし

田舎暮らしで知る子どもの笑顔 家族の幸せ

開放感や安心感を生む空間は、昨日・今日に簡単に出来上がるものではありません。
日々の暮らしの積み重ねで、いつのまにかそこに成り立っていくことで揺るぎないものになっていくのだと思います。

木の家とスローライフ
田舎暮らしが、ひとつのきっかけになるケースもあるでしょう。
広々とした環境に居を構え、そこに住まうことで紡ぎだされていく「自然と家と家族の関係」。
意外な発見や新たな感覚を、自分の中に見出だす楽しみ。子どもとの交流もそのひとつです。
生活スタイルが変化してふれあいの機会が増えると、今まで気にしてこなかったことが見えるようになったります。
大人が積極的に働きかければ、「こんなにも子どもの笑顔は尽きないものなのだなぁ」ということが体感できるのではないでしょうか。

➢ 30代からの田舎暮らしが急増〜子育て世代に人気の理由

檜風呂で親子の会話

一般的に、親子の会話が弾むのは夕食の時間という家庭が多いようです。次いで、テレビを見ながらする会話。そして、お風呂でのコミュニケーションなのだと言います。


でも、一緒にお風呂に入る期間は決して長くありません。息子も娘も心身ともに成長して、やがて自立していきます。ですから、子育て世代はもっとお風呂タイムを大切にしたいものですね。
入浴の手助けをしたり、危ないから見守るという幼い時期を過ぎてもです。

浴槽につかりながらだと言えること。背中を流しているときに出る話。普段なかなか聞けない子どもの話を引き出してあげましょう。スキンシップは、いつもとは質の違うコミュニケーションとなるでしょう。

「田舎暮らしをするなら檜風呂」と決めている若い世代も、自分自身のリラックスと同時に、育児参加の場づくりを重要視しているようです。
家族みんなが同じ気持ちを共有できる、ヒノキの香りのする幸せな空間です。

➢ 新築田舎暮らしの檜風呂で楽しむヒノキの香りと効能

シャワーではありえなかった 浴育の時間

育児に積極的なイクメンが増え、男性の子育てに対する意識が高くなっています。育児や家事の分担は当たり前だと考えるお父さんほど、子どもと一緒にお風呂に入る時間を大事に捉えているようです。
そんな父と子のバスタイムに「浴育」をおすすめします。


親子入浴でするのは会話だけではありません。なぞなぞがクイズに発展したり、漢字やことわざ、九九、英単語などを覚える時間になることもあるでしょう。

また、DIYや木工教室で作ったヒノキのアルファベットを浮かべると、プチ檜風呂になります。毎日のお風呂が楽しくなるきっかけを、物づくりではじめるのも素敵だなと思います。
学び取ってほしいことを、遊び感覚で伝えたいという親心なんです。

巣立った子どもらが、いつか孫を連れて遊びにくる田舎の実家。ゆったり過ごせる和みの檜風呂が待っています。

➢ 自宅のお風呂を檜風呂に!憧れの新築田舎暮らしで毎日温泉気分


 
┏┓
┗■ 株式会社 きーてらす 二級建築士事務所
    http://www.ki-terasu.com/

    住所 京都府京都市伏見区淀木津町420
    電話 0120-37-6010
    営業時間 8:00~18:00
    定休日 日曜日

株式会社きーてらす


高断熱・高気密な木の家「ひのキューブ」

木材へのこだわり 構造材への想い

施工例

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ぼくの家は低断熱住宅

どうも。京都で高スペックな断熱強化型のエコな木の家をつくる工務店 きーてらすのあおかわです。なにをかくそうぼくの家は超低断熱住宅。不快な気流、無計画な...

 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ぼくの家はLDK26帖と無駄にデカい。コンパクトな家だから快適な暮らしができるんだ
イメージ

土地が広いとなぜか人は大きい家を建てがちです。何をかくそうぼくもその中の一人なのです。憧れがそうさせ...

[ 高スペック住宅の指針 ]

京都府宇治田原町緑苑坂にあるきーてらす木の家展示、土地付き2980万円で販売中
イメージ

どうも。高スペックな木の家をつくる工務店きーてらすのあおかわです。お知らせです。弊社きーてらすの木...

断熱リフォームは家全体で施工するべき?
イメージ

どうも。快適は室内空間を演出する匠のあおかわです。皆さんご承知の通り、我が家は低断熱の無駄に大き...

[ 高スペック住宅の指針 ]

ぼくの家は毎朝室温3℃の低断熱住宅。断熱と体感温度の関係を理解しよう
イメージ

どうも。京都で高スペックな小さな家つくる工務店きーてらすのあおかわです。あおかわさんはリフォーム...

[ 高スペック住宅の指針 ]

ぼくの家は低断熱住宅だからわかる。高断熱住宅で得られるもの。
イメージ

我が家は何度も言いますが“低断熱”の家です。床暖、ファンヒーター、毛布の三点セットで暖をとります。一昔前...

[ 高スペック住宅の指針 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ