コラム

 公開日: 2017-12-11  最終更新日: 2017-12-14

シロアリと腐朽菌のダブルパンチです。滋賀県ログハウス改修工事

どうも。
先日、眠れない夜を「蟲師」と共に過ごしたヒノキングな男=あおかわ改めギンコです。
わからない方は「蟲師」で今すぐ検索です。僕の中では「夏目友人帳」が今までベスト作品でしたが、「蟲師」、超えてきましたね。スゲーいいです。世界観、音、人の魅力・・・漆原 友紀にあって「ありがとう」と伝えたいと思います。機会があればですけどね。(笑)

今日なんて、開口一番にスタッフに「今日から俺のことはギンコって呼んでくれる?」って挨拶がてらに言ったんですが、まあそこは、ぼくの扱いに慣れているんでしょうね。まずはジャブ程度に聞こえないふり・・・。まあ2回3回と諦めずに「ギンコって呼んでくれる?」って言ううわけですけど・・・。

最後はただ、「ははっ・・・・」と微妙な感じで笑うという凄い技で終了です。チーンです。(笑)
と、いらない話が長くなりましたが、シロアリと腐朽菌は同じものが好きっという話です。

シロアリは確実にいます。どこにでも。


シロアリ被害

この写真は滋賀県でログハウスの改修を依頼されたときの写真です。
もうね。ぼくに相談が来たときはすでに時遅し・・です。部分補修とかそういうレベルをはるかに超えて、全面的に腐っている箇所、シロアリ被害の箇所を取り換えるという大掛かりな工事になってしまいました。

これね、おそらくですが皆さんにも言えることです。相談が遅いうえに何も知らない業者に任せすぎ。
業者の選定はまあ難しいのでそこまで強くは言えませんが、相談が遅いのは良くない。

少しの被害がとんでもないことに繋がるということを頭に入れておいてくださいね。自分の体だって調子が悪いと病院行くでしょ?それと同じですよ!家だって手かけてあげないとホント朽ちていくだけですから。

この写真の事例で一番駄目だったのは腐朽菌によって腐ってしまった木部を取り除かなかったことです。腐朽菌はジメジメした木材が鬼のように大好きです。=シロアリも大好き。とよく頭に叩き込んでおく必要があります。

最初に依頼した業者が悪い。ジメジメした腐った腐朽菌の残る木部を、そのままの状態で蓋したんだから悪そのもの。

ログハウス改修工事

この写真を見ていただければわかりますが、ジメジメした腐った木部を残し蓋をするからもうね、腐朽菌、シロアリにとってはパラダイスですよ。こんなことをしたら腐ってないところまでドンドン腐朽菌とシロアリがダブルでが手を伸ばしていくわけです。

蓋を取った時の衝撃は半端じゃありませんでした。無数の虫がたくさん巣をつくっていました。無数の木食い虫がね。
でもね、これって他人事じゃないとぼくは考えています。

おそらくですが、多くの方が同じようなことをしています。
ええ!していますよね!

まずしないといけないのは、専門業者に相談。

ご自身でできる。という方でもでもきちんと理解しないといけません。
腐った箇所はキレイに取り除く。そこには腐朽菌んが存在しています。そして良く乾燥させるここがポイント。よく乾燥させないで防腐塗料とかを塗っても駄目。何度も言いますよ!よく乾燥させる!
それから、防腐塗料又は防虫効果の高い塗料を良くしみこませる。補修又は改修作業はそのあとからです。

被害のまだ出ていないログハウスオーナーまたはウッドデッキオーナーは、まず、腐朽菌+シロアリの嫌いな環境をつくることを第一に考えましょう。

よく乾燥させる。これが基本です。
濡れてもすぐに乾燥するなど雨切れなどの対策も考えるといいでしょうね。

ぼくの所にこの頃シロアリ被害の相談が続いてます。
相談者のほとんどがシロアリを目視していて見て見ぬふりをしています。そのせいで被害が広がっているんです。
もしかしたら・・・と感じたらまずは相談しましょ!相談するのにお金なんてかからないんだから!

ログハウス改修
すみません。写真縦でとったんですが、アップしたら横になるシステムらしくって見ずらいですね。申し訳ございません。

今日は一段と気合が入る内容でしたね。
本日予定していた木の椅子製作と木のリビングテーブル・・ぼくのミスで少し延期になりました。オモシロイ企画なんでドンドンしていこうと考えています。

※はじめてのお客様は上部セミナーイベントページで確認してくださいね!

それでは。
ヒノキングな男=あおかわでした。

昨日はランチにホットサンドをつくりました。キャベツてんこ盛りです。
ハム、とろけるチーズ、キャベツの千切りのシンプルの方程式。
好評です。(笑)


もう本気です。サンドウィッチの本を買っちゃいました。(笑)
こんな感じで主夫やってます。
ほんと家事導線は大切だな・・・・。

この記事を書いたプロ

株式会社きーてらす 二級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 青川剛気

京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL:0120-37-6010

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社きーてらす/二級建築士事務所 青川剛気さん

ヒノキの成分や強度を守る方法で製材し、卸値で住宅にいかす(1/3)

 「住んでいるだけで落ち着く、そんなヒノキの家を低予算で建てませんか」というのは、株式会社きーてらすの代表で、建築士の青川剛気さんです。青川さんが建てた家に住む家族からは「香りがいい」「森林浴をしているみたい」といった感想が多く寄せられてい...

青川剛気プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

「木のオタク」と自称するほど、木材と木の家に大きな愛情を注ぐ

会社名 : 株式会社きーてらす 二級建築士事務所
住所 : 京都府京都市伏見区淀木津町420 [地図]
TEL : 0120-37-6010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-37-6010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青川剛気(あおかわごうき)

株式会社きーてらす 二級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
二股ひのきの一枚板カウンター材入荷
イメージ

こんにちは。ひのき愛に満ちた男=あおかわです。先日、浜松の原木市場で最高のひのきを二本ゲットしてきた...

[ DIYで使える一枚板の紹介 ]

省エネ性能は家の形状どれくらい変わるのか
イメージ

どうも。木の家をつくるプロフェッショナル工務店きーてらすのあおかわです。今日は一緒に家の形状で省エネ...

[ プロフェッショナル工務店のイエヅクリ ]

家の断熱性能を高めると起こるベリーナイスなコト

どうも。木の家をつくるプロフェッショナル工務店きーてらすのあおかわです。今日は基本中の基本。断熱・気...

[ プロフェッショナル工務店のイエヅクリ ]

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。2018年が皆さまにとって素敵な年になることを、心より願っております。私...

2017年もありがとうございました

どうも。木の家をつくるプロフェッショナル工務店 きーてらすのあおかわです。2017年も本日をもちまして無...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ