コラム

2014-08-21

1日の成果



色掛けに使った皿や、余分な染料を拭ったり色を確かめる為の布です。

朝は真っ白だった皿や布も一日が終わるとこの通り。
色掛けの時に使う染料は全部その場で合わせます。

地色、柄色、シミ抜きの具合、色々な要素によって作る色は微妙に変化していきます。
また、着物の色彩は原色はほとんど無く、「はんなり」や、「こっくり」、した色と表現される微妙なニュアンスを持っています。

その微妙さをどう調色するか、職人のセンスが問われます。

「この何とも言えない渋みは黒を少し混ぜているのかな?」
「いや、いや、補色を入れた方が深みが出るのでは?」
議論しながら色を近づけていく事もあります。

普段から着物を見る視点も柄の構成や色の配置・バランスだけでなく、
どうやって作られているのか細かく知っておかないと元の状態にもどせません。
数をこなす事も大事ですが、しっかり考えながら物を見ることも大事だと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社吉本 [ホームページ]

新井修

京都府京都市中京区三条猪熊町 648 [地図]
TEL:0120-782-780

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
新井 修(あらい おさむ)プロ

高い技術力で着物や洋服、バッグをよみがえらせます(1/3)

京都をはじめ東京、金沢に「きものトータルクリニック吉本」を構える株式会社吉本の代表取締役社長・新井修さん。呉服専門のしみ抜き店としてスタートし、80年以上続く老舗企業です。現在では、着物だけでなく、洋服、バッグなど、さまざまな品物のクリーニ...

新井修プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

80年以上の歴史で培った高い技術力で、どんな品物にも対応

会社名 : 株式会社吉本
住所 : 京都府京都市中京区三条猪熊町 648 [地図]
TEL : 0120-782-780

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-782-780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新井修(あらいおさむ)

株式会社吉本

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
着物のクリーニングと汗落としの関係

私どもに着物の直しを依頼されるお客様の割合で多数を占めるのが衿汚れと汗抜きです。 衿汚れは基本的には丸洗...

6月10日(水)から13日(土)まで 着物 しみ濡き実演会開催! 
イメージ

恒例のしみ抜き実演会のお知らせです。6月10日~13日まで京都本社でしみ抜き実演会開催します。着...

いよいよ明後日から東京・八重洲の京都館でしみぬき実演会が始まります。
イメージ

3月12から15日までの予定で 東京・八重洲の京都館 日本橋店 南青山店3店合同しみぬき実演会が始まります。...

着物の変色は通常のクリーニングでは全く綺麗になりません。
イメージ

有名なクリーニング店で駄目だった。 着物専門店に依頼したがこれ以上直らないと言われた。私たちからす...

着物のカビ落とし 特に泥大島はお気をつけください。
イメージ

大島紬にカビが生えた状態です。タンスの中のお着物大丈夫ですか?私は着てないから大丈夫。 クリ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ