コラム

 公開日: 2011-05-10  最終更新日: 2014-07-03

中小企業の中国進出・・・そのお手伝い


 今年のゴールデンウィークも終了してしまいましたが、みなさんはどんな休日を過ごされましたか。私の今年のGWは2泊3日で、事務所のお客さんの社長さんと一緒に中国のシンセンという町に行ってきました。

 訪問目的は中国に進出するその社長の会社の視察と、経理状況の確認。また、現地の会計士との打合せ、さらには、現地に進出している日本の会計事務所との面談及び打合せ、と言う盛りだくさんの内容でした。とりあえず中国は広いです、2泊3日のうち前後の2日は日本と現地との移動のみ、上記のスケジュールを実質的には真ん中の一日でこなしてきました。

【一日目】

 朝の7時に京都駅に集合。特急はるかに乗ること約1時間半で関西空港に到着です。
飛行機が好きで、よく伊丹空港には行くのですが、関空は久しぶりです。伊丹では見る事の出来ない金色の737が居たり、国際空港らしい雰囲気がありますね。


さて、空港を楽しむ暇もなく出発です。シンセンに行くには直行便もあるらしいのですが、今回はとりあえず香港まで飛んでいきます。
 そして香港から陸路シンセンに入っていくルートです。関空から香港まで約4時間、そして香港からシンセンまでは乗り合いバスで約3時間の旅
でした。香港に着いたのが、午後2時半、現地に到着したのが午後6時前。現地時間ですので日本時間だと午後7時と言うことです。移動だけでくたくたでした・・・・。





 
ホテルから見える町の風景です。すぐ前を片側3車線くらいの大きな道が通っていますが、平気で人が横切っていくし、平気で車が車線を逆走していきます。ホテルの部屋にいても、車のクラクションの音、パトカーのサイレンの音、人が大声で話す音などなど、とても活気のある町です??

 到着後すぐに食事に連れて行って貰いましたが、交通事情のダイナミックさ・・・、飛び出し有り、割り込み有り、信号無視有り、逆走有り、には最後まで慣れることが出来ませんでした。運転手さん曰く「中国で運転できたら、世界のどこでも運転できる」との言葉に納得です。

【二日目】

 さて、いよいよ仕事です。朝10時に工場として借りる予定になっている建物に集合です。
 すでにいつでも機械等の搬入が可能なように、建物の内部には内装が施されるなどの準備が整えられており、中国の協力企業側の期待が伺えます。

 その工場で次は中国の会計士と打合せです。日本側の会計処理と会計方針の説明、そして、それが中国の税制や制度に違反しないかどうかの確認など、打合せは多岐にわたりました。なかなか若くてハンサムな会計士さんで、こちらの要望を快く引き受けていただいたので一安心です。


 次に日本の大手会計事務所のシンセン事務所に移動です。この事務所はシンセンの中心部、工場から車で約1時間の所にあります。
市内の中心部であるここは工場のある町とは違って、非常に綺麗な町並みです。高層ビルが建ち並び、町も綺麗に清掃がしてあります。





 写真の高層ビルの18階にそのオフィスはありました。
 ここは日本から進出した企業に対し、日本人のスタッフが中国での経営をサポートしてくれる心強い存在です。私が日本で知り合ったある方から紹介を受けてお会いすることが出来ました。出てきてくれたスタッフも若い方でしたが、とても現地事情に詳しくて、中国の税制や会計についての実務的なお話しを聞くことが出来て、有意義な時間を持つことが出来ました。

 一日中ばたばたしていて、時間はあっという間に夜になってしまいました。あまり写真を撮る余裕もなく、少しだけシンセン駅の近くをぶらぶらとしただけでしたが、それでも中国の持つパワーやあふれる活気を感じるには十分なひとときでした。




【三日目】

 最終日の帰国する日となってしまいました。10時にホテルを出発し、再び3時間かけて香港まで戻ります。行きもそうでしたが、帰りも中国国境での出国手続と香港への入国手続が必要です。数年前に香港は中国に返還されて、同じ国になっているはずなのにどうしてなのでしょうか・・・。





 でも3時間の移動後に香港に着くとやはり世界が違うことがよくわかります。
街行く人も華やかで、さすがに観光の街です。


 ここからまた4時間の飛行後、日本に帰ってきました。大阪着は夜の8時、自宅に着いたのは11時前となりました。非常にハードなスケジュールでしたが、初めてづくしのとても刺激的な出張となりました。
 中国に出て行く社長の少しでもお手伝いが出来ればとの思いと、これからのビジネスの大いなる飛躍を願って、今後もサポートしていこうと思います。

この記事を書いたプロ

税理士法人 京都経営ネットワーク [ホームページ]

税理士 村田裕人

京都府京都市伏見区深草柴田屋敷町3-14 [地図]
TEL:075-643-1456

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

会社が必ず迎える決算日、一年に一回の大切な作業です。そして、会社は決算を区切りとして決算書を作ります。会社の経理部が作る場合もありますし、税理士事務所に全て...

 
このプロの紹介記事
村田裕人 むらたひろと

法人から個人まで。相続コンサルティングに強い税務・会計のプロフェッショナル(1/3)

 京都市営地下鉄五条駅から歩いてすぐのところにある税理士法人 京都経営ネットワーク。代表社員で税理士の村田裕人さんは、法人・個人を問わず、資産相続・事業相続などの相続全般のコンサルティングに力を入れています。最近では、個人からの相続の相談件...

村田裕人プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 税理士法人 京都経営ネットワーク
住所 : 京都府京都市伏見区深草柴田屋敷町3-14 [地図]
TEL : 075-643-1456

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-643-1456

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田裕人(むらたひろと)

税理士法人 京都経営ネットワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
金融機関を味方に付ける決算報告会
イメージ

決算報告会で金融機関を味方につけましょう。 会計事務所の仕事は、決算書を作成して税金の申告をするだけでは...

[ 経営に役立つ情報 ]

税務と会計のセカンドオピニオン 
イメージ

 セカンドオピニオンという言葉は医学の世界で広く知られるようになりました。これは、より良き選択をするために...

[ 経営に役立つ情報 ]

自分の財産の後始末・・・。相続税対策に必要なこと。

相続の際、事前に考えておかなければならない対策とは、(1)相続税の節税(財産評価)対策(2)相続でもめない...

[ 資産を守るために・・ ]

寄付金控除

 昨年3月の大震災に関する、寄付金や義援金を支払った方。 もし申告がじゃまくさいなぁと思っておられるのであれ...

[ 震災関連情報 ]

スタッフを募集しています。

 ただいま税理士法人京都経営ネットワークでは一緒に働けるスタッフを募集しています。私たちは経営理念である...

[ 事務所の日常風景 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ