コラム一覧

1件~15件(140件)

過去の15件

「18歳成人」改正民法が成立しました。

本日(2018.6.13)の午後,参議院本会議での可決により,「成人年齢を20歳から18歳に引き下げる」とした改正民法が成立したようです。施行(法律の効力が発生するという意味です)は,4年後の2022年4月1日ということで,あと4年近くあるので,これから周知したり,色々と悪影響がでないように... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-06-13

ゴールデンウイークです。~「交通事故にご注意」と「新名神渋滞情報」

本日は5/1ですが,「ゴールデンウイークの合間」という方もいらっしゃれば,「本日,明日もお休み」という方もいらっしゃるかと思います。「ゴールデンウイークは交通事故が多発する」というのは,下記のとおり,以前コラムにも書いたとおりです。「ゴールデンウイークは危険!?」http:/... 続きを読む

時事ネタ「交通事故」

2018-05-01

破産,個人再生,任意整理 ~(4)任意整理~

(続き)今回は,「破産」,「個人再生」に続き,「任意整理」につきご説明します。これまでご説明した「破産」や「個人再生」の手続きは裁判所に対し申立を行い,そのうえで裁判所に決定をもらう手続きであり,かつ,法律により規定されている手続きです。その意味で「法的整理」とい... 続きを読む

借金

2018-04-09

破産,個人再生,任意整理 ~(3)個人再生~

(続き)今回は,破産ができない(破産しても「免責(債務を支払わなくてもよい)」が認められない)ケースや破産が適当でないケースにつき,説明し,次に「個人再生」という制度を紹介します。1 債務を負った事情に問題があるケース  「破産して,債務を支払わなくてもよい」とい... 続きを読む

借金

2018-04-08

破産,個人再生,任意整理 ~(2)破産~

(続き)今回は「破産」につき,簡単に説明します。破産には,お金を借りた等の債務者本人が申立を行う「自己破産」とお金を貸した側(債権者)が申立を行う「債権者破産」とがあります。ただ,一般の方に関係があるのは,「自己破産」のほうですので,今回の「破産」の説明では,「自... 続きを読む

借金

2018-04-07

破産,個人再生,任意整理 ~(1)概論~

「借りたお金は返さないといけません。」これは,当然のことです(もちろん,いわゆる「ヤミ金」のような違法な貸付は別です)。しかし,「どうしても返済できない」,あるいは,「返済をしようとしているが,全く完済できる目途が立たない。」そんな事態に陥ることは,誰だってありま... 続きを読む

借金

2018-04-06

新規相談受付はメールかお電話でお願いします

理想を言えば,何か困りごとがあったり判断に迷って,法律的なアドバイスを受けたいと思われた時は,すぐに電話で弁護士に連絡して,相談の日程調整をするのが良いと思います。ただ,それは,知っている弁護士がいれば可能かもしれませんが,知っている弁護士がいない場合は,なかなか勇気のい... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-04-05

当事務所も7年目に入ります

当事務所丹波橋法律事務所を開設したのは,平成24年4月1日ですので,いよいよ7年目となります。開設した時は「右も左もわからず」と言いたいところですが,実際は,生まれてこの方45年も(今はプラス6年して51年)暮らしている土地ですので,地域自体はよくわかったところです。... 続きを読む

個人ネタ

2018-04-01

よい遺言の日(4月15日)

いわゆる「争続(相続に端を発した親族間の争いのこと)」を回避するために,遺言の大切さはかなり認知されてきていると思います。特に,お子さんがいらっしゃらない方は,残された配偶者と法定相続分を有する他の相続人との間で話がつなかいというケースが多数あります。また,配偶者さえ... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-03-28

自転車事故の死亡例は高校1年が最多です

新聞記事によると,自転車事故での死亡例を児童だけで見ると,高校1年が最多だそうです。記事では,その理由は,「ヘルメットの着用率が高校生になると減少するから」とのことでした。ヘルメット着用は,バイクでしたら義務化されていますし,車でしたら,シートベルトの着用が義務化され... 続きを読む

時事ネタ「交通事故」

2018-03-26

新学期スタート間近ですが,小学校低学年の保護者の方は本当に交通事故にご注意ください。

すでに一度,このコラムでも下記のとおりご案内しているのですが,再度,ご注意させていただきます。小学生の交通事故で一番死亡される例が多いのは,小学校1年生にあたる7歳児だそうです。http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/18127/そして,事故発生の時間帯は,通学時間と下校時間... 続きを読む

時事ネタ「交通事故」

2018-03-23

「18歳で成人!?」で,想定される影響~(3)例外的に20歳が区切りとなるもの~

コラムで2回「18歳で成人」となった場合の問題点を書いてきましたが,「18歳で成人」とした場合の問題点には,現在までにも色々と検討がされていて,例外的に,従来の成人年齢である「20歳での区切り」を維持しようとしているものがあります。以下,いくつか紹介します。1 飲酒と... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-03-16

「18歳で成人!?」で,想定される影響~(2)養育費支払期限の混乱~

「成人年齢の18歳への引き下げ」が実現した場合の影響を考えるコラムの2回目です。今回は,離婚をした際に問題となる「未成年子(未成年の子)」の養育費の問題を考えてみます。まず,離婚の際,未成年の子がいる時に問題となるのは,「親権」と「養育費」です。「親権」は,簡単に... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-03-15

「18歳で成人!?」で,想定される影響~(1)カード破産の急増~

まだ民法改正の閣議決定がされた段階ですので,確実ではありませんが,早ければ,2022年4月から成人とされる年齢が現在の20歳から18歳に引き下げされるようです。もし,それが実現すると,「成人」をキーワードとして決められているもの(法律だけで200以上の法律があるそうで... 続きを読む

時事ネタ「それ以外」

2018-03-14

花粉症が交通事故を引き起こす可能性がある!?

今年も春の花粉症(スギ及びヒノキ)の季節が始まりました。私もそれほどひどくはありませんが,花粉症があり,この時期は鼻がグスグスしいたり,くしゃみを連発したりすることがあります。今日のテレビ番組で検証していたのですが,車を運転中にくしゃみをしたりすると,その間,前を見る... 続きを読む

時事ネタ「交通事故」

2018-03-05

1件~15件(140件)

過去の15件

RSS
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
コラム100本目記念 過去コラム全索引

こんにちは。ついにこのコラムも100本目となります。それを記念して,過去コラムをすべて表示してみま...

自賠責での後遺障害認定に不満がある場合は弁護士に相談を!(1)

交通事故における後遺障害の認定については,何回か書きましたが,もう少し詳しく書きます。交通事故でケガを...

[ 交通事故理論 ]

自賠責での後遺障害認定に不満がある場合は弁護士に相談を!(2)

自賠責の後遺障害認定に不満がある場合の具体的手続きを説明します。1 自賠責保険に対し,異議申立てを行う...

[ 交通事故理論 ]

「18歳成人」改正民法が成立しました。

本日(2018.6.13)の午後,参議院本会議での可決により,「成人年齢を20歳から18歳に引き下げる」とした改正民法が...

[ 時事ネタ「それ以外」 ]

ゴールデンウイークです。~「交通事故にご注意」と「新名神渋滞情報」

本日は5/1ですが,「ゴールデンウイークの合間」という方もいらっしゃれば,「本日,明日もお休み」という方もいら...

[ 時事ネタ「交通事故」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ