コラム

2014-05-17

交通事故体験記3~発生から示談成立まで~

1 警察官2名到着 事故後約10分


警察に通報してから,約10分で警察官が2名で来られました。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     警察は原則として,交通事故の処理には,最低2名の警察官が担当として来ます。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

警察に通報する際の注意点は,まずは,事故現場の位置を正確に伝えること。
場所がわからないと,警察の到着が遅れたりしてしまいます。
  
よってこの点でも落ち着いて対応する必要があります。
もし,住所がわからなければ,近くにある建物や目印を伝えれば,
警察であれば,だいたい目星はつけてくれると思います。

私の場合は,住所はわかりませんが,よく通る場所でしたから,
すんなりと事故現場は説明することができました。


2 警察官が来た時にするべきこと


警察官が,二人来て,それぞれが双方の当事者にひとりずつつき,事故の状況を確認しました。(と言っても,そんなに離れていないので,相手の話も聞こえますが)

警察がまず聞くことは,「怪我があるかないか」「怪我があるとして,救急車の手配が必要かどうか」。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     その理由は,警察が行う,交通事故の確認というのは,あくまで,
     「刑事処分の必要性があるのかどうかという判断が第一目的」だからです。
     ですので,刑事処分の対象には原則ならない(当て逃げ等は除く),
     物損だけの事故については,警察は,事故の処理にはほとんど関心を寄せません。

     よって,「怪我がない」とかあったとしても「たいしたことがない」となった瞬間,
     警察の事故に対する対応は極めて,事務的となり,ごくわずかの確認で終了して
     しまいます。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


私の場合は,「事故直後なので,あまりよくわからないが,少し首が痛い気がする。病院にはこの後行くが,救急車の必要はない。」と答え,救急車の手配は断りました。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     なお,先に救急車を呼んだ場合は,救急のほうから,警察に連絡が入り,
     警察には,当事者から連絡を入れなくても,警察が来るとは思いますが,
     一応,本人からも警察にも必ず,連絡を入れるべきです。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして,私は,警察官の所属と名前を確認しました。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     後日,警察に対し,事故状況等を紹介する必要がある時,事故の処理を担当した
     警察官の名前がわかれば,動きやすいので,担当者の名前を聞いておくのです。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そんなこんなで,双方の事故の説明にほとんど齟齬(そご…違い)がないので,
免許証や車検証の確認も含めて,ほんの10分程度で警察は帰っていきました。

そして,警察官は決まり文句として,「あとは,双方で連絡をとりあって処理を
してください。人身の届けをする場合は,診断書を早く提出してください」と
言って去っていきました。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     人身の届け,すなわち,診断書を警察に提出するのは,実質的に期限があります。
     事故の内容により,違いはありますが,できれば1週間以内,いくら長くても,
     2週間以内に診断書を提出しないと,警察は,診断書を受け付けてくれない場合
     があります。

     そのような対応を警察がする理由は,「むちうち等の一部の症状は,
     事故直後ではなく,後日に出てきたり,悪化したりする場合は確かにある。
     ただ,長くても2週間を経過して,いきなり症状が出てきたり,または悪化
     していったりすることは通常ない」という医学的な理由がひとつ。
    
     そして,もうひとつは,2週間以上経過して出される診断書というのは,
     「物損につき,解決できないから,人身にする」というような,違う
     ベクトルを持ったものも含まれる可能性があるからだと思われます。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


以上が,警察官が帰るまでの処理です。

そして,私の場合は,特に過失が問題になる事案ではありませんので
(追突ですので,相手の過失が100%),
これ以上,警察のお世話になることはありませんでした。

 
   




    

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

私のマイベストプロで付けられたキャッチフレーズが,このタイトルです。「交通事故のトラブル」とは,簡単に...

交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ