コラム

2014-05-18

交通事故体験記4~発生から示談成立まで~

1 警察の処理が終了してからの当日の動き



 警察官が終了した後,相手の本人と今後の動きにつき,少し話をしました。

 相手は,「できれば人身にしないでほしい。」というようなニュアンスでしたが,
私は,「今でも少し痛みがあるので,病院には行く。病院で診断がでれば,当然,
診断書は警察に提出する。」と答えました。

 なぜなら,警察に人身の届けをしないと,後日,自賠責保険に対する請求にあたり,
不利な取り扱いがされる場合もないではないからです。

 相手は,少し不満げではありましたが,特にそれ以上の言及はありませんでした。
(私はすでに相手に弁護士の名刺を渡していましたので,この状況で被害者である
弁護士に文句を言える人はなかなかいないでしょう)

 そして,私から相手に対しては,「保険会社にきちんと連絡をしておいてほしい。」
と伝え,その時点で相手とは別れました。


2 相手と別れてからの当日の動き


 こちらも,自分が契約している保険会社に連絡を入れました。
  
 「自分の過失がない事故だから,自分の保険会社には連絡は不要」
と考えられるかもしれませんが,自分の保険会社に連絡する理由は,
次の点からです。

  ① たとえ,その時点では過失がないと考えていても,相手が後日,
   こちらの過失を主張する場合もありうる。
    そして,その主張が認められる場合もあり,相手への支払が発生することもありうる。

  ② 弁護士費用特約の利用の可能性
    相手との交渉がうまくいかない場合,弁護士費用特約を利用して,
   自分が契約している保険会社に弁護士費用を負担してもらうことがありうる。

  ③ 人身傷害特約の利用の可能性
    今回の私の場合の一番の目的はこれでした。
    すなわち,自分の過失がない場合でも,通院回数が契約で決めた回数を超えて,
   通院すると人身傷害保険特約による保険金が出るケースがあります。
    私の場合,通院5回以上となると,人身傷害保険金が20万円出る契約でしたので,
   その利用につき,確認する必要がありました。

    そして,人身特約保険金の請求に必要な用紙の送付を依頼しておきました。


3 病院の受診


 あまり長くなりすぎますので,病院での話は次回とさせていただきます。


この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

私のマイベストプロで付けられたキャッチフレーズが,このタイトルです。「交通事故のトラブル」とは,簡単に...

交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ