コラム

2014-05-21

交通事故体験記7~発生から示談成立まで~

1 事故後1カ月の治療状況

 事故当日(8月7日)の整形外科の受診の翌日,同院を再度受診しました。
 そして,その後は,1週間に1回程度の受診で,1カ月のうちに計6回受診しました。

 整形外科では,症状の確認は毎回されますが,治療としては,首のけん引(器具で負荷をかけて,首を上に引っ張る)程度でした。
 私の感覚では,あまり,症状に目に見えての改善はないような感じでした。

 そこで,相手方保険会社に連絡したうえで,8月13日,接骨院への通院を開始しました。
 そして,その後,週1~2回の通院をして,1カ月のうちに,計9回通院しました。

 接骨院での施術内容は,手技による筋肉のコリのほぐし,患部への電気療法,けん引等です。
 私の感覚では,それらを終えた後は,少し体が楽になったような気がしました。

 なお,これらの費用の請求は,相手方保険会社に直接され,私は,治療費の負担はしていません。


2 整形外科と接骨院の違い

 整形外科の先生に,接骨院での施術を開始したことを申告すると,整形外科の先生は,「接骨院の施術はほとんど意味がありません。軽度のむち打ちの場合,けん引程度は必要ですが,あとは,『ひにちクスリ』です」と言われました。

 接骨医の先生に,整形外科の上記発言を伝えると,「整形外科の先生は,そう言われる方が多いです。整形外科と接骨院は競争相手ですから」と笑っておられました。

 弁護士として,交通事故の被害者の方の相談を受けると,被害者の方は「整形外科の先生は,症状の確認をしても,ほとんど治療はしてくれない。治療時間も短いし,待ち時間も長い。だから,接骨院に行くんだ。」と言われる方が結構おられます。

 弁護士としての私は,「接骨院だけの通院では,損害賠償請求に支障を来たす場合があります。接骨院への通院は続けても結構ですが,整形外科の受診も,最低限,月に1回,できれば,2週に1回程度はするようにしてください。」とお伝えします。

 ただ,自分が当事者になってみると,相談者がそのような気持ちになられるのも,理解できる部分はありました。

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

私のマイベストプロで付けられたキャッチフレーズが,このタイトルです。「交通事故のトラブル」とは,簡単に...

交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ