コラム

 公開日: 2014-05-26  最終更新日: 2017-03-03

交通事故体験記12~発生から示談成立まで~

1 相手方保険会社からの提示~「慰謝料の金額とは」~

  今回の争点は,ほぼ慰謝料の金額のみでした。

  つまり,私の場合,通院期間50日間(実通院回数,整形外科7回,接骨院14回)の慰謝料をいくらと評価するかということです。

  実は,この慰謝料の金額というのが,一番,「保険会社の提示と裁判で認められる金額の間にかい離が大きい」部分で,かつ,「基準がいくつかあってわかりづらい」部分なのです。

  なぜなら,慰謝料は,「事故による怪我,そして,その後の治療に関する痛み」であるとか,「治療が必要になったことにより発生した生活上の支障やそれに伴うストレス等」の精神的苦痛を,お金で賠償するものです。
  しかし,精神的苦痛というような精神的な問題をお金に換算することは極めて難しいことはご理解いただけると思います。

  ですので,その金額については,「支払をできれば抑えたい」保険会社の考えと「実際に被害を受けた」被害者側の考えでは,大きな評価の差が出るのです。

  ただ,それでも,ある程度の基準がないと,交通事故の損害賠償は解決しないので,実際には,慰謝料の金額には基準が決められています。

  すなわち,慰謝料の基準は,低いほうからいって,おおむね次の4つの基準があると言われています。

  ① 自賠責保険で認められる金額
     具体的には,実通院回数×4200円が原則です。
     ただ,「実通院回数が少なく」,かつ,「通院期間の2倍に及ばない」,場合等は,
     さらに,上の計算から,「×2」にして算定される場合があります。

  ② 任意保険会社が設定している基準
     自賠責保険の基準より,少し上乗せした金額です。
     しかし,その基準金額は,保険会社ごとに異なっていて,ハッキリしません。
     実際,私が,依頼者の事件でみる保険会社の提示金額を見ても,保険会社が,
     どのように計算して,慰謝料の金額を出してきているかは,正直なところ,わかりません。

  ③ 任意保険会社が,相手に弁護士がついたときに出してくる基準
     私たち弁護士が入ると,相手方保険会社は,「最初に弁護士がついていない時点で出していた
     金額(①か②)」より,「少し上の基準」で計算して,慰謝料を出してくることが多いです。
     しかし,その基準をどのように設定しているかは,②と同じく,わかりません。

  ④ 裁判所が使用している基準    
     裁判所は,主に入院及び通院期間(①の実通院回数と異なり,治療をしていた期間で決められる
     ことにご注意ください)を元に,慰謝料を決定しています。
    
     そして,その金額は,機械的に,入院期間と通院期間によって,表のような形で作成された形で
     決まっており,その表は,弁護士には事実上,公開されています。

     ですので,この基準は,①と同様,ハッキリしています。

 そして,基準がハッキリしている,①と④の間には,下手をすると「倍か,倍以上」の金額的かい離があるのです。

 この差を埋めるのが,実質的には弁護士の役割という事件も多数存在します。

 その前に,この基準さえ,一般の方はご存じないと思いますので,保険会社から,慰謝料の提示を受けた場合は,まずは,それを弁護士に見せて,相談されるのが良いと思います。

 弁護士は,「その金額が妥当なのかどうか」,そして,「弁護士を入れた場合,アップが期待でき,弁護士費用を考慮に入れても,実際に被害者の方に入るお金を増やすことができるのかどうか」を検討して回答することになります。

 なお,弁護士費用については,ご自身の保険に弁護士費用特約があり,その利用が可能な場合は,考慮に入れる必要はありません。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
コラム100本目記念 過去コラム全索引

こんにちは。ついにこのコラムも100本目となります。それを記念して,過去コラムをすべて表示してみま...

自賠責での後遺障害認定に不満がある場合は弁護士に相談を!(1)

交通事故における後遺障害の認定については,何回か書きましたが,もう少し詳しく書きます。交通事故でケガを...

[ 交通事故理論 ]

自賠責での後遺障害認定に不満がある場合は弁護士に相談を!(2)

自賠責の後遺障害認定に不満がある場合の具体的手続きを説明します。1 自賠責保険に対し,異議申立てを行う...

[ 交通事故理論 ]

禁煙ビル

現在,受動喫煙防止法についての記事が多数流れています。検討されている法案については,小型の飲食店につき...

[ 時事ネタ「それ以外」 ]

労働中の災害(労災)でのお怪我も相談ください。

企業(個人の事業主による個人事業も含む)に勤務されている方が,勤務中に怪我をされるケースがあるかと思います...

[ 交通事故以外の法律相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ