コラム

 公開日: 2014-05-27 

交通事故体験記13~発生から示談成立まで~

1 示談成立までの交渉経過

  9月25日に治療を終了し,その旨は,すぐに相手方保険会社に通知しました。

  その後,9月25日までの治療費の支払いがありますので,それを保険会社が支払い,通院の内容を確認してからの示談提示となるのは,もちろん仕事柄わかっています。

  すなわち,病院への治療費支払いは,多くの場合,月末くらいの締め,翌月10日前後の請求という形が常ですので,たとえば,9月25日に治療が終了しても,保険会社の病院への支払が完了するのが,10月10日前後となります。

  そこから,示談案を保険会社で検討して,実際に被害者に対し,提示がされるという流れです。

  私の場合,示談の提示が来たのは,10月下旬でした。

  前回の回でご説明したように,私の場合,争点は,慰謝料の金額だけでした。
  
  私の気持ち的には,「治療で時間をとられているので,その分の時給換算的な休業損害が認められてもよいはずだ」という思いはありましたが,「実際の減収がないとなかなか裁判では認められない」こともわかっていますので,あえて,それは問題にしませんでした。

2 具体的な示談提示からの流れ

  相手方保険会社からの示談提示額は,自賠責保険の基準から少し上乗せした程度,つまり,前回ご説明した慰謝料の4つの基準からすれば,②(弁護士がつく前の保険会社基準)と思われる金額でした。

  私は,この時点では,他の弁護士に私の損害賠償交渉につき,委任していたわけではありません。
  ですので,②の基準で出してきたのかもしれません。
  ただ,私が弁護士であることは,相手方保険会社も知っています。
  にもかかわらず,②の基準で出してきたのが,私にとってはある意味「意外」でした。

  つまり,「弁護士である私は,慰謝料の4つの基準につき,熟知しているのを知っている」にもかかわらず,「低い基準で出してくる」,相手方保険会社の感覚が,よく理解できなかったのです。

  もちろん,相手方保険会社の立場からすれば,「弁護士だからって,特別扱いはしない。よって,最初はマニュアルに沿って,提示する。」という考え方であり,それはひとつの考え方なのかもしれません。

  しかし,「その提示をした後,相手の弁護士である私がどういう対応をするのかを考えていない」か「相手の対応に対する配慮が薄い」ことは,確かだと思います。

  その提示を受けた時,私は,「自分の契約している保険の弁護士費用特約を使って,弁護士に委任をしたうえで,裁判までしようかな」と一瞬考えました。

  そうなれば,慰謝料の金額は,4つの基準の④(裁判基準)となり,私がもらえる金額は増えます。
  また,私が,他の弁護士に委任すれば,その弁護士の仕事ができ,その弁護士も報酬が得られます。

  一方,相手方保険会社と私の契約する保険会社は同じ会社でしたので,その保険会社からすれば,「私に対する賠償金の支払い」だけでなく,「私の依頼した弁護士に対する報酬」,さらには「私が依頼した弁護士が起こす裁判に対応するため,相手方保険会社がつける弁護士の報酬」,と,実際に私に支払う賠償金のほかに,さらにその金額の2倍程度の費用が発生することになり,負担が大きくなります。

  でも,結局それは辞め(その気持ちは次回書きます),「最初に出てきた提示額に2割程度上乗せした金額であれば,示談をする」と相手方保険会社に伝え,後日,相手方保険会社も,「それを受け入れる」ということになり,示談が成立することとなりました。

3 示談成立の最後の手続
  
  相手方保険会社と金額で合意し,保険会社から免責証書(損害賠償に関する承諾書)が送付されてきました。

  それに署名・捺印し,相手方保険会社に返送して(11月6日),それで示談は成立です。

  そして,数日後,私が指定した口座に入金があり,この事件はすべて完了となりました。

4 ここで宣伝です。

  以前もご案内したことがありますが,私は,明日(5月28日(水)),FM京都(αステーション)のサニーサイドバルコニーという番組に出演いたします(時間は午後2時15分すぎ)。

  詳しくは,下記のフェイスブックにありますので,そちらでご確認ください。

  https://www.facebook.com/pages/KYOTO-LEGAL-CAFE/151821118312370

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
福岡タクシー暴走事故

マスコミ報道のみしか知りませんが,福岡で病院にタクシーが突っ込んだ事故で,不幸にも3名の方がお亡くなりにな...

携帯電話(スマホ)から考える,「自動運転」の怖さ

先日,私の携帯電話(スマホ)が,いきなりフリーズして,それ以降,使用できなくなりました。機械のプログラ...

「ひき逃げ」は絶対にダメです。

最近,高齢者の事故とともに,いわゆる「ひき逃げ」に関する事故の記事を見ることも多いような気がします。そ...

天気の急変にご注意ください。

先日は,関東地方で,観測史上初という11月下旬での積雪がありました。他人事ではなく,もちろん,関西でも...

行楽地でのトラブル(交通事故等)にご注意ください。

昨日も書きましたが,今週末の京都は,紅葉真っ盛りで,一年の間でももっとも観光客が集中しそうです。観光に...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ