コラム

2016-09-13

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。

そして,1例として,下記の例を挙げました。

(事例1) 別冊判例タイムズ№38の104図
  当事者      四輪対四輪
  発生場所    通常の四つ角交差点(一方のみに,一時停止の標識あり)
  当事者の動き  A車  一時停止のないほうの道路を走行し,交差点に進入(減速せず)
             B車  一時停止のある交差道路(A車走行車両と交差する道路)を走行し,
                 交差点に進入 
                 交差点の手前で減速はしたが,一時停止はしなかった。
  
  この事例での,過失割合の基本は,A車70:B車30です。

では,これが,同じ事故現場の状況で,当事者が変わった場合は,どうなるのでしょうか。

一般の感覚として「同じ事故現場で,道路交通法の規制も同じだから,変わらないはずだ」とお考えになる方もいるかと思います。

しかし,それは,「誤解」です。
実は,当事者が変わると,過失割合も変わるのです。

具体的には次のとおりです。

(事例2) 別冊判例タイムズ№38の170図
  当事者      単車対四輪
  発生場所    通常の四つ角交差点(一方のみに,一時停止の標識あり)
  当事者の動き  A車  一時停止のないほうの道路を走行し,交差点に進入(減速せず)
             B車  一時停止のある交差道路(A車走行車両と交差する道路)を走行し,
                 交差点に進入 
                 交差点の手前で減速はしたが,一時停止はしなかった。

  この場合は,A車(単車)55:B車(四輪)45となります。

  上記の事例1と比べると,同じ事故態様であっても,単車の場合のほうに15,過失割合が有利に変更されます。

(事例3) 別冊判例タイムズ№38の244図
  当事者      自転車対四輪(または単車,単車でも過失は同じという意味)
  発生場所    通常の四つ角交差点(一方のみに,一時停止の標識あり)
  当事者の動き  A車  一時停止のないほうの道路を走行し,交差点に進入
             B車  一時停止のある交差道路(A車走行車両と交差する道路)を走行し,
                 交差点に進入 

  この場合は,A車(自転車)40:B車(四輪または単車)60となります。

  ただ,事故態様の前提は少し違っていて,自転車の場合は,双方の速度に関係なく,上記割合となります。
  これは,自転車はそもそも,四輪(または単車)より,速度が遅いことが前提となっているためとも理解できます。

  とすると,上記の事例1と比べると,同じ事故態様であっても,自転車の場合のほうが30,事例2と比べても,自転車のほうが15,過失割合が有利に変更されます。

  もっと,言うと,事例2では,対四輪との関係では有利に変更される立場であった単車も,対自転車との関係では不利に過失割合が変更されるということです。

(上記違いの理由)

 一言でいうと,「損害の公平な分担」という損害賠償実務の基本原則によるものです。

 これまでに「過失割合で損害の負担割合を決める」と説明しましたが,これも,「損害の公平な分担」の実現のためです。

 そして,上記違いがあるのは,「(交通)弱者をより保護しよう」という考え方によるものです。
  
 この「弱者」というのは,当事者間の相対的な関係での「弱者」です。

 ですので,「四輪対単車」の事故では,「弱者」であった単車も,「単車対自転車」の事故では,逆の立場となります。

 弱者を保護しようというのは,交通事故においては,弱者のほうにより重大な損害(人身損害を中心に)が発生することが多く,その発生した重大損害はできるだけ回復してあげようという考え方によるものです。

 ただ,このあたりは,道路交通法からすれば,一時停止の規制のあるほうが有利に扱われる場合があるということで,ご納得されない当事者の方も多くいらっしゃることは確かです。
 
 このように,過失割合は,いろいろと難しい判断となります。

 そして,前提として,事故態様が争いとなるケースも多いです。

 相手の保険会社は,自身の契約者に有利な形で過失割合を提示してくることもあると思いますが,ご納得できない場合は,ぜひ,一度,弁護士に相談してみてください。 

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

交通事故の基礎知識~過失割合(2)~

今回は,過失割合に関して,よく使われる言葉「もちわかれ(自損自弁)」につき,説明します。この言葉に関して...

交通事故の基礎知識~過失割合(3)~

交通事故の損害賠償において,とても大切な「過失割合」。では,どのようにして決まるのでしょうか。簡単...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ