コラム

2016-09-21

交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。

すると,どうしても,保険会社の対応に対する不満が出てきて,このコラムでもそれに近いものを書いていると思います。

しかし,

「保険は大切です。自動車(バイク)を運転する時は必ず,保険(自賠責はもちろん,任意保険も)に加入してください」

ということを,あらためて,申し上げたいと思います。

また,最近は,自転車でも,事故をおこした時に,高額の賠償請求がされる事案の報告が多数あります。ですので,

「自転車でも保険に加入するべきです。」

ということも,強く申し上げたいです。

なぜなら,事故を起こした時,事故の形態としては大きなものでなくても,相手の状況によっては,大きな被害が発生することがあります。

例として,高齢者の方を挙げるのは失礼かもしれませんが,高齢者の方が転倒でもすれば,最悪頭を打って脳が損傷することもありえます。

頭を打たなくても,足や手の骨を折ることは十分にありえます。

結果,賠償額が,下手をすると,1億を超える(脳に損傷があり,寝たきりになられた場合等),そうでなくとも,何百万円(骨折等)となるこがあります。

ごく普通の財産状況の方は,そんな金額はなかなか払えないと思います。

そんな時に,賠償額を支払ってくれるのが,保険会社(いわゆる「任意保険」)です。

もちろん,保険料の負担はありますし,更新の煩わしさもあるかもしれませんが,万一に備えて保険に入ることは,「被害者に対する責任」であると同時に「自身を守る」ことなのです。

何か,保険会社の宣伝みたいになってしまいましたが,弁護士としての実感です。

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
9月末でひと区切り

9月末は,年度を4月から3月までという形で行っている場合には,半分(半期)の区切りとなります。弁護士の...

非常勤裁判官(民事調停官)の任期が終了しました。(1)

これまであまり述べてきませんでしたが,私は,弁護士としての業務のほかに,平成24年10月から,丸4年間,京...

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

私のマイベストプロで付けられたキャッチフレーズが,このタイトルです。「交通事故のトラブル」とは,簡単に...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ