コラム

2013-05-25

交通事故解決までの道のり~人身編(4)~

「症状固定」に関するよくある誤解


------------------------------------------------------------------------
(1)「症状固定」をした後は,治療をしてはいけない? (違います)
------------------------------------------------------------------------
 
 損害賠償関係の解決のため「症状固定」をある時期に決した後でも,治療を継続するのは,患者さんの自由です。
 
 よって,お医者さんと相談のうえ,最善の「治療」をされればよいということになります。

 ただ,一方で,「症状固定」の時期以降の「治療費」は,原則として損害に認定されません。

 つまり,「治療」というのは,症状の良化のために行うものであるという前提からして,
 「症状」が「固定」した後(症状はこれ以上良くならないということが前提で決められるのは,
 これまでご説明したとおりです)の「治療」は意味がない,
 だから,「治療費」は認める必要はないと考えるからです。

 このあたりが,なかなか,一般的には理解しづらいところです。


------------------------------------------------------------------------
(2)症状固定は,できるだけ遅くするほうが有利? (ケースバイケースです)
------------------------------------------------------------------------
 
 前回までにご説明した,損害賠償の計算のところからわかるように,症状固定をする前の損害は,症状固定の時期を遅らせば遅らせるほど,増加すると考えるのが,自然です。

 そういう意味では,症状固定はできるだけ遅くするほうが,「治療費が認められる」という点からしても,有利とも考えられます。

 しかし,そうは,単純にはいきません。

 なぜなら,一方で,「症状固定」をした後の損害賠償の部分は,「症状固定」の時期を遅らせること
で,減額される可能性があるからです。 

 つまり,「症状固定」を遅らせた結果,症状の回復がより進んだ場合,後遺障害として認められる可能性が減少したり,あるいは,後遺障害が認められたとしても,その等級が,低くなる可能性があります。

 そして,そのような変更があった場合は,その分,後遺障害部分として,認定される損害が大きく減る可能性があるということです)。

 すなわち,後遺障害による損害の金額は,その等級認定が,1級異なるだけで,慰謝料だけでも100万円程度,逸失利益も含めれば,さらに,その倍か,それ以上くらい,異なってきます。

 一方で,「症状固定」前の損害は,特に,慰謝料を中心として,ある時期を境に,あまり時期が長くなっても,増加する比率が極端に減っていきます。
 もっと,具体的に言うと,事故後,半年までは,慰謝料の金額は,比例的に,かなりのペースで増額されていきますが,その後,増額されるペースが鈍り,さらに,1年を過ぎると,極端に増額されるペースが鈍ります。

 とすると,結果的に,たとえば,「事故から3年後に症状固定にして,その時点では,後遺障害がない(あるいは,後遺障害14級等低い等級にとどまる)」というやり方より,「事故から半年~1年後に症状固定にして,その時点で,高い後遺障害を認定してもらう(たとえば12級等)」ほうが,総額として,損害賠償を受けられる金額が多いということがあるのです。

 なお,一旦早い時期で,「症状固定」としてしまい,高い「後遺障害」を前提にして,損害賠償を多く受けられたが,その後,高い「後遺障害」の状態から良化してしまったという場合でも,一旦受けた損害賠償金の返還を求められることはありません。

 かなりわかりづらいと思いますが,以上のことを考えると,実は,「症状固定」の時期をあまり遅らせず,早い目に「症状固定」の時期を決めてしまい,その時点で残っている症状につき,「後遺障害」の有無と等級を判断してもらったほうが,結果的に相手から受けられる損害賠償額が増えるというケースもあるのです。

こうなると,とても,難しいですよね。

そこに,弁護士に相談するメリットがあるのです。

最後に,全くの宣伝になってしまい,すみません。

この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

私のマイベストプロで付けられたキャッチフレーズが,このタイトルです。「交通事故のトラブル」とは,簡単に...

交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ