コラム

2013-06-20

雨の日はご注意ください

空梅雨と騒いでいたら,突然の大雨。

恵みの雨というべきなのでしょうが,雨の日の運転に注意すべきなのは,常識です。

理由は,
1 視界が悪い
2 音も聞きづらい
3 ブレーキがききづらく,止まりにくい。

1と2は,客観的データを示すことは難しいのですが,3は客観的データがあります。

ブレーキが利くということは,タイヤと路面の摩擦が発生し,その摩擦の力で運動エネルギーが失われていくということです。

そして,路面の摩擦には,路面の状態(アスファルトか土か等)もそうですが,同じアスファルトでも,雨で濡れているかどうかが大きく影響します。

その摩擦の大きさを示すのが,摩擦係数と言われるものです。

摩擦係数は,雨等で濡れている場合と乾燥している場合では,大きく異なります。

摩擦係数を言っても仕方がないので,きちんとブレーキが利いている状態で,ブレーキが利いてから停止するまでの距離(実制動距離と言います。)を比較すると次のとおりとなります。

時速20キロの場合  乾燥した路面  2.21m  濡れた路面  3.86m
時速40キロの場合  乾燥した路面  8.82m  濡れた路面 15.43m
時速60キロの場合  乾燥した路面 19.85m  濡れた路面 34.74m
時速80キロの場合  乾燥した路面 35.27m  濡れた路面 61.72m
(以上 科学警察研究所機械研究室調べ)

つまり,2倍までは行かなくても,2倍近くも停止までの距離が異なることになります。

交通事故が発生するかどうかは,ほんの数十センチ,または,ほんの0.何秒の差ですので,この路面状況による停止までの距離の差が,交通事故が発生するかどうかに影響する大きさはご理解いただけると思います。

雨の日は,くれぐれもご注意ください。



この記事を書いたプロ

丹波橋法律事務所 [ホームページ]

弁護士 笠中晴司

京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL:075-611-3600

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
初回相談無料

当事務所は,すべての相談につき,初回相談は無料としています。他の事務所でも,初回相談無料をうたっている事務所もありますが,中には「交通事故」や「過払い」...

 
このプロの紹介記事
笠中 晴司(かさなか せいじ) プロ

地元・京都の弁護士として、交通事故で苦しむ人を全力サポート(1/3)

 もしも交通事故に巻き込まれてしまったら……。幸い怪我はなくても、事故対応のプロである保険会社と複雑なやりとりをしたり、煩雑な手続きをこなすことになりがちです。ましてや、怪我をしてしまった場合には、治療とやり取りのダブルパンチで心身ともに消...

笠中晴司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 丹波橋法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区京町南8丁目101-1 小山ビル3階 東 [地図]
TEL : 075-611-3600

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故における保険の役割

私は,弁護士として,交通事故の被害者側の代理人をする場合が多いです。すると,どうしても,保険会社の対応...

京都市南部区域(伏見区,南区等),宇治市,城陽市等京都府下南部の弁護士事務所

当事務所は,京都市伏見区の丹波橋駅前に所在しています。丹波橋は,ご存知のとおり,京阪電鉄と近鉄の駅があ...

交通事故の基礎知識~過失割合(4)~

前回までのシリーズ(1)~(3)では,過失割合について,概観してみました。そして,1例として,下記の例...

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうも...

交通事故の基礎知識~過失割合(2)~

今回は,過失割合に関して,よく使われる言葉「もちわかれ(自損自弁)」につき,説明します。この言葉に関して...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ