コラム

 公開日: 2015-05-03  最終更新日: 2015-05-08

なぜ、コイズミデザインファクトリーは女性デザイナーばかり?

コイズミデザインファクトリーには現在私を含め9名のデザイナーが在籍しています。
そして、そのうち男性は私一人。残りはすべて女性です。
この私以外は女性のみ、ということが弊社の最も大きな特長かもしれません。
しかもこの状況は創業以来不変です。

よく「なぜ女性ばかりか」とか「女性ばかりだとやりにくくないか」という質問を受けます。
正直なところ、創業当初は特に女性ばかりを選んでいたわけではありませんでした。
私が創業した頃はこれからバブルに向かっていくという景気が上り坂のときでしたから、男性のデザイナーを雇おうと思ってもなかなか雇えない状況でした。もともと若いデザイナーは男性の方が絶対数が少ない上、会社の待遇がどんどんよくなっていく頃でしたから、うちのように小さく、将来性に不安のある事務所では募集をかけても男性の応募などほとんどありませんでした。

創業当初は私がそれまでに勤めていた会社からデザイナーを引き連れて起業したこともあり、自然と私以外は女性という状態になったのです。

ただ、何年も仕事をしているうちに、採用するデザイナーは最初から女性に絞るようになってきました。

それには私なりに2つの理由があります。
一つ目は「女性の方が美しいものに対する好奇心や感性が強い」と思うからです。
これは反対意見もあることと思いますが、私は歴然とした差があると思っています。何よりもはっきりした理由は「ファッションや化粧品は圧倒的に女性の市場が大きく、ブランドや商品も豊富に用意されている」と言うことです。花屋さんや雑貨屋さんにも女性客が圧倒的に多いのも同じことです。男性よりもそういう「美」を求める気持ちが絶対に強いのです。
これは男女差別でもなんでもなく「適性」の問題です。男性の方が力仕事にむいているのと同じことです。
デザインというビジネスの中で、その女性特有の「感性」を使わない手はないと思うからです。

そして二つ目は、「世間のデザイン会社に勤める中堅以上のベテランは圧倒的に男性が多い」からです。
もともとデザイナー志望の学生は圧倒的に女性が多いのに対し、ベテランになると圧倒的に男性が多いのは、女性が長く続けにくい仕事だからです。
それはもちろん女性のせいではなく、雇用している企業側の責任です。
女性には女性特有のライフイベント(結婚や出産)があり、ただでさえ労働条件の悪いデザインという職種では、それを乗り越えてずっとデザインという仕事を続けるということが不可能だからです。
会社はもちろん結婚や出産によって「辞めろ」とは言いません。しかし、現状のデザインの現場でその女性だけが毎日定時で上がったり、出産のために半年以上休んだりできるでしょうか?
いくら法規的に可能であっても、実際はほとんどの場合無理です。
だから世間のデザインの現場にはベテランの女性デザイナーが極端に少ないのです。

「よそがそういう状況であれば、せっかくの女性の高い感性を使わない手はない」と考えても不自然ではないでしょう。よそが「おっさん」ばかりの布陣であるのに、うちだけが「女性」の独特の感性をふんだんに使える、こんな恵まれたことはないはずです。

この状況を維持するためにコイズミデザインファクトリーでは、女性が結婚したり、出産するときもそのあと仕事を続けたいと思う気持ちを大事にしたいと考えています。結婚や出産で自分のデザイナー人生は終わりだと思ってしまうような会社では向学心も生まれません。自分のデザイナー人生を長いビジョンで見ることができるように事務所としてバックアップをしているつもりです。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

受註があって初めてデザインの必要性が生まれるという従来型のデザインビジネスだけでなく、自分たちの持っている力を積極的に発信することで新しいビジネスを生み出し...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングからデザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
多数決が最良のプレゼン選定方法か?

最近ではプレゼンによる業者選定が当たり前のようになっています。何点かのデザインの中から最も良いものを選択...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

自分たちの会社の商品はいったいどんな人に売りたいのか

 自分たちの商品は誰のために作っているのか マーケティングの考え方で「ターゲットを設定する」ということが...

[ マーケットのこといろいろ ]

女性のベテランデザイナーは貴重 2

前回に引き続き女性のベテランデザイナーについて書かせていただきます。 本来女性の方がデザインという仕事...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

女性のベテランデザイナーは貴重 1

 女性のベテランデザイナーは何処にいる? 私が事務所をかまえる京都に限らず、全国的に女性のベテランデザイ...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

アートとデザインの境目はどこか

「アート」と「デザイン」の境目とはいったいどこにあるのでしょう。「アーティスト」と「デザイナー」の違いも...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ