コラム

2015-10-14

プレゼン本来の意味とは

プレゼンがデザイン選定において最良策か?

最近では様々な案件でプレゼンテーションによる選考というのがメジャーな方法になっています。
たくさんのデザインから最も良いものをチョイスすることができるため、選ぶ側にとって費用をかけず効果が大きいとされていますが、果たしてプレゼンという方法がデザインを選ぶうえで本当に一番良い方法だと言い切れるでしょうか。

プレゼンはつまり多数決

同じものを同じ数だけ作るために相見積もりを取る、というのは条件が守られるという前提であれば最も理にかなった方法といえるでしょう。当たり前のことですがコストというのは、はっきりと数字で比較できる要因だからです。
しかし、デザインというものは、簡単に数字では比較することはできません。
そこで考え出されたのが、クライアントの担当者や社員による投票というパターンです。決まった人数の中でどのデザインが最も良いと思われたかを票数で決定しようという方法です。

大衆に迎合することが最良のデザインではない

確かにこの方法は、最も大衆向けのデザインを選べるかもしれません。しかし、デザインというものは大衆が支持することが最良なのでしょうか?
大衆が理解しやすく、大衆が格好いいと思えるものが本当に良いデザインといいきれるでしょうか。
もちろん「デザインする」と言うことに大衆の目を無視することはできません。
ただし、それは大衆の意識や志向を理解し、そのうえでその大衆を動かすきっかけを創りだすにはどうすればよいかということを考えるということであり、決して大衆の志向に迎合するということではないはずです。
大衆に迎合するということは、大衆のレベルにあわすということであり、「デザイン」というものが持つ「ときめき」や「驚き」「感動」「興味」というような感性の動きを起こさせるという使命を放棄しているといえないでしょうか。
デザインというものは「大衆迎合」に陥らず、大衆が気づかない感性の半歩先、1歩先に導くことが大切であり、使命であるはずです。
そして、それこそがデザイナーの職責であり、喜びでもあるはずです。
もちろん大衆の2歩も3歩も先に進んで大衆を置き去りにするようではいけませんし、それはひよっとするとデザインというよりアートの領域に入ってしまうことになりかねません。
大衆の志向を半歩先、1歩先に導くデザイン・・・・。
それは大衆の票数や特定の人の趣味趣向だけでは選べないはずです。その人たちがそれだけの審美眼や感性を持っていれば別ですが、普通そういうことはあり得ません。

プレゼンには選ぶ側の審美眼が必要

プレゼンで大衆迎合に陥らない良いデザインを選ぶには審美眼を持った選定担当を用意しないと意味がないわけです。つまり、プレゼンという手段は「良いデザインを選別する目を持つことがクライアント側にも求められる」ということです。

プレゼンの本質とは

プレゼンは選ぶ側の審美眼が必要だと書いてきましたが、提出する側にも大衆に迎合せず、「大衆の意識を動かすことを意図する」という気構えがないといけません。
デザインの本質を求めるためにはクライアント側とデザイナー側それぞれにそういった意識が必要ではないかと思います。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

受註があって初めてデザインの必要性が生まれるという従来型のデザインビジネスだけでなく、自分たちの持っている力を積極的に発信することで新しいビジネスを生み出し...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングからデザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テキスタイルデータ集「北欧・アニマル」9月末日発売
イメージ

KDFactory'sがリリースするテキスタイルデータ集の北欧シリーズ第4弾「北欧・アニマル」が9月末日に発売開始さ...

[ garafactory.com ]

自然は配色も教えてくれる。
イメージ

人間だけでなく自然界の動物たちは様々な色を目にしています。もちろん色を認識できない動物もいますが、幸い...

[ デザイン 今日の一言 ]

小さな企業の代表や個人商店主に必要なパーソナルブランディングとは

 満員御礼 先日、マイベストプロ京都主催のランチセミナーでパーソナルブランディングについて講演をさせてい...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コイズミデザインファクトリーが取り組む発信型デザインビジネスとは

コイズミデザインファクトリーでは、ますます低迷するデザイン業界において負のスパイラルに巻き込まれない対策と...

[ コイズミデザインファクトリーの近況 ]

ブランディングにおいて重要な3要素とは何か

 ブランディングで重要な3つの要素とは ブランディングには概ね3つの大きな要点があります。ブランディン...

[ ブランディング 今日の一言 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ