コラム

 公開日: 2017-09-14 

デザイン事務所にデザインを発注する方法 ロゴデザイン編

1 ロゴマークは会社の顔

会社を興したり、店をオープンするときに必ず必要となるロゴデザイン。
最近ではパソコンの普及によって様々なフォントがあふれていますので、ちょっと器用な方なら何となくロゴデザイン程度は簡単にできるように思われがちです。しかし、ロゴデザインというのは会社やお店の顔ともいうべきもの。そしてずっと長く使い続けるものであり、お客様が最初にその会社やお店の印象を持つ大切な要素です。

2 ブランディングのスタートはロゴデザインから

会社やお店の印象を決定づけるロゴデザインは、ビジネスで必要となる印刷物やホームページなど販促物にも必ず登場するわけですから、まず最初にデザインする必要があります。特に名刺や封筒、ホームページなどはビジネスがスタートするときにはあらかじめ用意されている必要がありますので、そこに表示するロゴデザインもその前には決定していなければなりません。

3 ロゴデザインの要素

では実際にロゴのデザインを決定する前にまずロゴデザインを構成する要素を整理しましょう。
1 シンボルマーク
   一見してその会社を識別できることが重要です。
2 ロゴ
   漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットなど表記する文字
3 付記される文言
   ロゴとともに使用されるキャッチフレーズなどが存在する場合があります。
4 キャラクター
   ロゴといえるかどうか微妙ですが、シンボルマーク代わりにキャラクターが
   使用されるケースがあります。
概ねこの4つの要素の中で構成されます。ロゴ自体は名前が外国語なのか日本語なのか、ひらがなか、カタカナかなど名前やコンセプトによって違いが出ます。

4 ロゴデザインの手順 まずはデザイン会社の選定

ロゴデザインに限りませんが、まずデザイン会社の選定が必要です。最近ではWEBによる検索でたくさんのデザイン会社が上がってきますが、その内容は様々です。デザイン会社の選定については別コラムで詳しく説明しますが、最も大切なのはそのデザイン会社の実績。ホームページの「works」とか「gallery」というページに掲載されているはずです。その実績が同じクライアントのものばかりであったり、デザインのバリエーションが少なかったりする場合は除外。やはり実績のある事務所はたくさんの作例を掲載していますし、クライアントやデザインのテイストも豊富にそろっているはずです。まずは実績重視で選別してください。デザイン料金についてはほとんどの場合そのホームページから問い合わせをかければ教えてくれます。これも詳しくは別のコラムで。

5 ロゴをつくるお店や会社の思いつく特長を列記

デザイン会社が決定したら、デザイナーにどういうロゴが必要なのかを伝えるために、ロゴをつくろうとするお店や会社の特長をできるだけたくさん列記します。
例えば
●業務内容(できるだけ具体的に)
  例:単に「運送業」とかではなく、どういうものをどんな人に届けるのか、
    そのプロセスに独自性がないのか、システムや車両に特長がないか、
    他社に比べて自信があるところはどこか、など
●お客さんの年齢や性別、趣味趣向
  例:30〜40才くらいの主婦層で料理や旅行が好き、自分で運転ができて、
    ボサノバが好き、ペットも飼っていて小学生の子どもがいる・・・・など
●所在地やその土地の特長(その地域の花・木・動物・観光地・特産品など)
●ロゴのリニューアルの場合お店や会社の歴史や経歴(創業年や創業のきっかけなど)
●お店や会社の内装やテイスト(単に和風とか洋風とかではなくもっと詳しく)
  例:モダンな和風で建具や家具は黒い漆風、BGMにはJAZZを流し、店員の制服は白と黒など。
    できれば写真も用意。
●好きな色とその理由(クライアント自身の好みも重要な要素です)
このくらいをデザイナーに伝えられれば上がってくるデザインが大きくずれているということはないでしょう。

6 いよいよ初回デザインが上がってきます。

事務所にもよりますが、ロゴデザインの場合、発注してヒヤリングを済ませてしまえばおそらく1週間から10日もあれば初回のデザインが上がってきます。だいたいの場合3案程度のデザインが上がってきますのでその中でイメージが近いものを選びます。もちろんここをこうして欲しいとか色をこうして欲しいという要望はこの時点で伝えてもいいです。ただ、普通の場合デザイナーの方が間違いなくバランス感覚を持っていますので、デザイナーのあげてきたものをあまりいじくるとかえっておかしなものになることも多く、結果的に満足のいかないものとなってしまうことが多々あります。何よりも最初にデザイナーを選ぶ段階でしっかり吟味しておけば、あとはそのデザイナーを信頼して上がってくるものを楽しみにしているくらいがいいと思います。
そのときにひとつ注意しておきたいのは、「なぜそのデザインなったか」という理由です。よくいう「デザインのコンセプト」です。必ずそれをデザイナーから聴いてください。その理由がそのロゴを長く使っていく上で非常に重要です。

7 修正はなぜそこを修正したいかをよく考えて

そうして上がってきたデザインの中から自分が気に入ったものを選びます。そのままで問題がなく、気に入った場合はそこで完了となるわけですが、「デザイン」というものはある一定レベルを満たしていると、あとは好みの問題である場合が多く、どれが正しくてどれが間違っているかということは決めにくいものです。デザイナーから出てきたプランのなかから最も自分が気に入ったものを選び、そこに修正を加えて気に入った形に近づけるという方法が一般的ですが、ここで注意しないと行けない点は、なぜそこを修正したいかをきちんとデザイナーに伝えること。理由がわからないまま修正するというのは、そこですでにデザイナーは機械的に修正作業することになってしまいますから、修正の精度が上がらないだけでなく、本来デザイナーがするべき「提案」というものが生まれてこなくなってしまいます。そしてもともと伝えていた自分のテイストと合致しない内容の修正をいう場合には「考えが変わった」とはっきり説明した方がいいでしょう。そこを明確にしないとデザイナーの方が最初の説明と修正の内容が合致しないと思ってしまい、どう対処してよいかわからなくなってしまいます。

8 ロゴマークが決定したらできるだけ活用しましょう

いよいよロゴデザインが決定したらあとはそれを少しでも多くの場面で、少しでも長い期間露出させることを考えましょう。販促物やWEBはもちろんハンコや名刺、封筒、社用車のデザイン、看板などロゴデザインが活躍する場所はたくさんあります。そして社員や店員がそのロゴに親しみを持ち大切に使い続けることが「ブランディング」の第一歩でもあります。

以上がロゴデザインを発注するときの大まかな流れですが、こういう場合はどうなんだろうとか、費用はどのくらいかかるのだろうなど、わかりにくいところがあれば何なりとご遠慮なくお問い合わせください。
メールでもお電話でも結構です。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
KDFのコンセプト

デザイナーの仕事は専業化が進む傾向にあります。全般的にデザイン料金が低下し、短納期の案件が増加の一途をたどる中、少しでも効率を上げるために、同じような仕事...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングから各デザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
実践 中小企業やショップのブランディング

2017年11月18日(土)14:00から15:00まで京都新聞社において「実践 中小企業やショップのブランディング」と題し...

[ 小泉のブランディング ]

11月18日(土)京都新聞社でブランディングセミナー
イメージ

 ブランディングセミナーで公演させていただきます 2017年11月18日(土)午後2時から3時に京都新聞社で開...

[ 小泉のブランディング ]

ブランディングを依頼する事務所の見分け方

 そもそもブランディングとは? 「ブランディング」という言葉を耳にすることが増えました。デザイン会社や広...

[ ブランディング 今日の一言 ]

デザインコンサルティングの実例 1
イメージ

 京都のクラブメーカー ルーツゴルフ様の場合 今では製品のデザインからカタログなどの販促物、広告、プロモ...

[ デザインコンサルティング ]

デザインコンサルティングは大げさなものではありません

 最初から大げさに考える必要はありません 「デザインコンサルティング」というとたいそうな契約をしたり、も...

[ デザインコンサルティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ