コラム

 公開日: 2011-09-21 

ブランディングはまず自分から

ブランディングはまず身近なことからということを先日書かせていただきましたが、そのうちの一つとしてたいへん大事なことがあります。
「ブランディングはまず自分自身から」ということです。

企業の営業マンは特にこのことを十分意識する必要があります。

例えば言葉遣い。いくら会社の研修で習っても自分のものになっていなくては何の役にも立ちません。
特に商談相手が年上である場合は重要です。
ただ、このことは社内でもしょっちゅういわれるはずですから、営業マンの基本として誰でも意識するはずです。

そしてもう一つ、以外とできていないのが服装です。
男性の場合ただ単に、スーツを着てネクタイをしていればいいというものではありません。
高校生が嫌々制服を着ているのとワケが違いますので、ここはきちんと押さえましょう。

まず足下から。
靴はいつもぴかぴかに磨いておきましょう。白っぽくかさかさになったような靴は絶対にいけません。
そして、靴の色とベルトの色は必ずそろえましょう。
会社の規則にもよりますが、できれば黒と茶の両方が必要です。
忘れてはいけないのは、毎日同じ靴を履いてはいけないということ。
印象が悪いだけでなく、靴の寿命も短くなりますので4〜5足の靴をローテーションで履きましょう。

次にパンツ。
スーツの場合、スジの消えたものは論外です。きちんとアイロンかズボンプレッサーでしわを伸ばしてはきましょう。
上着も背中や襟がしわになっていたり、よれよれになっているのは絶対だめです。
別にそれほど高額なものやブランド品を買うことはありません。
それよりも常にきちんとした清潔感のあるスーツの着方が大事です。
8〜9万もするスーツを買って毎日着るくらいなら4万前後のものを2着買って着回すくらいの方が絶対にオシャレで好感が持たれます。

鞄も大事。これも革の部分は靴やベルトと合わせましょう。

男性の場合、この靴とベルトと鞄の革色をそろえるというのは基本中の基本ですから、必ず意識してください。

最近のビジネスマンが最もできていないのがネクタイ。ネクタイくらいはきれいに結べるように練習しましょう。第一ボタンが見えるような緩んだ閉め方や結び目が大きすぎるのは、いくら上等のネクタイでもだめ。正しくきれいな結び方を雑誌やネットで調べればいくらでも出てきますので、ビジネススタイルの基本としてマスターしましょう。

そして髪型。最近の若者のように爆発したようなスタイルは絶対にいけません。過剰なカラーリングもだめ。

こんなことを書くとまるで学生時代の服装検査のようですが、服装というのは自分自身のブランディングの中でまず最初に手を付けなければいけないこと。
何もお金をかければいいというものではありません。

きちんとした清潔感と服本来の着方を守ればいいだけのことです。
相手もそういうことに無頓着な人であれば問題ありませんが、そういうことに目のいく人も意外と多いものです。人間の本質やビジネスの内容に行き着く前に服装がだらしないということで相手の印象を悪くするなどもったいないことですから。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

受註があって初めてデザインの必要性が生まれるという従来型のデザインビジネスだけでなく、自分たちの持っている力を積極的に発信することで新しいビジネスを生み出し...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングからデザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
多数決が最良のプレゼン選定方法か?

最近ではプレゼンによる業者選定が当たり前のようになっています。何点かのデザインの中から最も良いものを選択...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

自分たちの会社の商品はいったいどんな人に売りたいのか

 自分たちの商品は誰のために作っているのか マーケティングの考え方で「ターゲットを設定する」ということが...

[ マーケットのこといろいろ ]

女性のベテランデザイナーは貴重 2

前回に引き続き女性のベテランデザイナーについて書かせていただきます。 本来女性の方がデザインという仕事...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

女性のベテランデザイナーは貴重 1

 女性のベテランデザイナーは何処にいる? 私が事務所をかまえる京都に限らず、全国的に女性のベテランデザイ...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

アートとデザインの境目はどこか

「アート」と「デザイン」の境目とはいったいどこにあるのでしょう。「アーティスト」と「デザイナー」の違いも...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ