コラム

2011-12-05

コンペは2極化

クライアント側が行うコンペには大きく2つの結果が待っています。
1つはコンペを行った結果、優れたデザインが集まり、目的に対して十分満足のいくデザインが採用できた、という成功例。
そしてもう一つは、コンペを行うたびに集まるデザインの質が低下し、納得のいかないままデザインを採用した結果、うまくいかず何度も何度も修正を加えて、余計に訳がわからないデザインになった、という失敗例。

ではこの差はどこから生まれてくるのでしょう。

世の中は、何でもかんでも「2極化」という言葉が使われます。
「2極化」というのは「よい循環」を生み出した側と「悪循環」を繰り返した側の差が徐々に明確になって大きな差がついてしまった結果であり、もともと簡単に起こってしまうものではありません。
「循環」というものは良くも悪くも徐々に起こるものなので、当事者は気づきにくいものでしょう。

そのことはコンペを実施する企業側にも当てはまります。

「よい循環」を生み出すコンペは、
●コンペの実施意図が明確に参加側に伝わっている。
●コンペの採用基準が明確で、どこが採用されても結果に納得できる。
●コンペである以上は参加側がすべて平等で、結果の報告もきちんと成される。
●コンペである以上は採用された側に通常の受注より若干でもご褒美的な報酬や何らかの+αがある。
●そのデザインを採用した以上はそのデザインの利点を活かし、双方が納得できる進行がされている。

と、いったことが想像できます。

それに対して「悪い循環」を生み出すコンペは、その正反対で
●コンペの実施意図がわからない。(コンペをすること自体が決めごとになっているので慣例的に行うなど)
●コンペの採用基準が不明瞭。(コンペとは名ばかりで、実際には単に相見積もりであったり、選ばれたデザインがなぜそれになったのか理解できない、など。)
●コンペの形式をとっているものの、単にそれは形式的なもので、もとから採用されるデザインがおおむね内定していたり、参加した側にきちんと結果報告もない。
●せっかくがんばってコンペに勝ち抜いても通常の仕事と変わらないか、逆に下回る報酬であったり、作業が繁雑になったりする。
●そのコンペに勝ち抜いたことを後悔するような効率の悪い進行形態であったり、採用されたにもかかわらず、最終的にはまったく違うデザインになってしまった。

と、いうような状態であることが考えられます。

参加側もビジネスである以上「採って損」的なコンペには参加したくないのが本音です。

コンペというのは、優れたデザインを集める方法として一般的になっていますが、実施する側もそれなりの準備と対応が必要です。
だいたいの場合、不採用時には無報酬でデザインを提出するわけですから、そこには円滑な人間関係も必要なはずです。
ビジネスというものは双方が100%力を発揮してこそ成功の可能性が生まれるわけですから、その円滑な人間関係を維持できてこそ、効果的なコンペとして「よい循環」を生み出していくのではないでしょうか。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

受註があって初めてデザインの必要性が生まれるという従来型のデザインビジネスだけでなく、自分たちの持っている力を積極的に発信することで新しいビジネスを生み出し...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングからデザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブランディングの根幹であるホームページ

 自社のホームページをお持ちですか? このコラムを読んでいただいている方々は勿論ネット環境がおありのはず...

[ ブランディング 今日の一言 ]

テキスタイルデータ集「北欧・アニマル」9月末日発売
イメージ

KDFactory'sがリリースするテキスタイルデータ集の北欧シリーズ第4弾「北欧・アニマル」が9月末日に発売開始さ...

[ garafactory.com ]

自然は配色も教えてくれる。
イメージ

人間だけでなく自然界の動物たちは様々な色を目にしています。もちろん色を認識できない動物もいますが、幸い...

[ デザイン 今日の一言 ]

小さな企業の代表や個人商店主に必要なパーソナルブランディングとは

 満員御礼 先日、マイベストプロ京都主催のランチセミナーでパーソナルブランディングについて講演をさせてい...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コイズミデザインファクトリーが取り組む発信型デザインビジネスとは

コイズミデザインファクトリーでは、ますます低迷するデザイン業界において負のスパイラルに巻き込まれない対策と...

[ コイズミデザインファクトリーの近況 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ