コラム

2012-04-10

日本人は色の使い方が下手?

街中を走っている車をよく見てみてください。
白、シルバーグレー、黒という無彩色の車が9割以上も占めています。
通勤電車のビジネスマンのスーツや靴、鞄はどうでしょう。ほとんどが黒かグレーです。
アパレルメーカーも各商品の品番には必ずといっていいほど黒が入っていますし、実際の売れ行きもやはり黒が安定しているようです。

会社の規則でやむを得ずという理由かもしれませんが、そもそもその会社の規則自体なぜ黒でないといけないのでしょう。
茶色の靴やネイビーのスーツ、夏ならベージュの麻のスーツなど選択肢はいくらでもあります。
そんな格好では相手に対して失礼とでもいうのでしょうか。相手の方もそれを失礼と感じていること自体もおかしいとは思いませんか。

スーツの本場である欧米ではビジネスマンはもっと自由に色を選んでします。ビジネスの現場は別にフォーマルでもありませんし、逆に自己主張の場でもあるからです。

車の色でも同じことです。日本よりずっとカラフルな車が街中にあふれています。

日本人はいつからこんな風に色に対して消極的になたのでしょう。
よくよく考えてみると、実はこれごく最近のことのようです。

例えば今から30年ほど前までは黒い車といえばハイヤーか霊柩車と決まっていましたし、ビジネスマンもネイビーのスーツをもっと着ていました。
鞄でもどちらかというと茶色の方が多かったようにも思いますし、ご婦人方はもっと華やかな色の着物を着ていました。
大正時代のモボ・モガにしても黒というのはポイント使いであって基本は他の色でした。
着物にしても紫や紅、桃、鳶色、山吹色など、季節を感じさせる様々なものがあふれていました。

ところが今はどうでしょう。ジャケットもコートもパンツも靴も、鞄までも黒で固めた姿が普通になっています。
ファッションに興味を持つ世代が黒以外の色を着こなせなくなるということは、おそらくそのまま年をとっても黒しか安心して着ることができない人になってしまうでしょう。

どうしても日本人はみんなといっしょということに安心感を覚える国民性ですから、周りが黒だと自分も黒の方が安心するのでしょう。

別に黒が多くてもいいのですが、他の色を使いこなせなくなるのは問題です。
黒以外の色は自分の好きな色以外、良くない色として認識してしまうからです。
その色を好きじゃないと決めてしまうと、その色を使わなくなります。そしてそういうことを繰り返しているうちに黒か自分の好きな色しか安心できなくなってしまうのです。

そういうタイプの人がデザインを発注するとどうなるでしょう。
様々な色を使いこなすデザイナーが創りだしたデザインに共感できるはずがありませんし、的確な判断も難しいでしょう。

色を自由自在に使いこなすには、まず使ってみることです。
その日の服装にも何か1つ冒険色を取り入れ、それに合う配色を考えるとか、食卓にいつもと違う色の食器を並べるとか・・・・。

そうして自分の中の様々な色に対する誤解を解き、自分自身がもっと「色」になれるということが必要ではないのかなと思います。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

受註があって初めてデザインの必要性が生まれるという従来型のデザインビジネスだけでなく、自分たちの持っている力を積極的に発信することで新しいビジネスを生み出し...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングからデザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブランディングの根幹であるホームページ

 自社のホームページをお持ちですか? このコラムを読んでいただいている方々は勿論ネット環境がおありのはず...

[ ブランディング 今日の一言 ]

テキスタイルデータ集「北欧・アニマル」9月末日発売
イメージ

KDFactory'sがリリースするテキスタイルデータ集の北欧シリーズ第4弾「北欧・アニマル」が9月末日に発売開始さ...

[ garafactory.com ]

自然は配色も教えてくれる。
イメージ

人間だけでなく自然界の動物たちは様々な色を目にしています。もちろん色を認識できない動物もいますが、幸い...

[ デザイン 今日の一言 ]

小さな企業の代表や個人商店主に必要なパーソナルブランディングとは

 満員御礼 先日、マイベストプロ京都主催のランチセミナーでパーソナルブランディングについて講演をさせてい...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コイズミデザインファクトリーが取り組む発信型デザインビジネスとは

コイズミデザインファクトリーでは、ますます低迷するデザイン業界において負のスパイラルに巻き込まれない対策と...

[ コイズミデザインファクトリーの近況 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ