コラム

 公開日: 2012-08-06  最終更新日: 2012-08-07

アートとデザインの境目は

よく議論されるテーマです。

一般的にいわれるのは、
デザイン「クライアントがいて基本的に受注制作、クライアントの思いを具現化することが原則。背景にはビジネスが存在し、簡単に言えば売れてなんぼ。」
アート「あくまでも自己表現。人がどう思おうと自分の感受性を信じて思いのまま制作する。それに共感してくれる人だけが受け入れてくれればいい。自分の思いを表現する。」
と、いう感じでしょうか。

でもはたしてそうでしょうか・・・・。

デザインだって「その人の仕事を評価して、お金を払ってでもその人の思うようにデザインして欲しいと思った。」とか、「自分の作品を有名にしたり、売れたりしたいので画商やパトロンが好む絵や彫刻をつくった。」というように、先述のことと反することはいくらでもあります。

ビジネス上、クライアントの思うようにばかりデザインをするというのは、はたしてデザイナーとしての到達点でしょうか。
いつまでも、自分の思うものばかりを追い続けて、いつ売れるかもわからない作品ばかりをつくるのはアーティストといえるのでしょうか。

デザイナーでも自分の思うことを表現するということは非常に大切です。
それをしないとデザイナーなんて誰に頼んでも同じだなどといわれ、価格や納期の勝負になったり、クライアント側の必要以上のわがままにつきあったり、理不尽なコンペばかりを強いられるのです。
アートだって同じこと。
人が受け入れてくれるものはどんなものだろう・・・と、考えることが自分の作品をさらに磨き、完成度の高いものへと変化させてくれるのです。そうすることで人々がさらに注目してくれるようになり、もっと自分の思いを伝えられるようになるのです。

ただ、デザインにしてもアートにしても、到達点として確実にいえることがあります。
それは人に認められる仕事をすること。「人に認められてお金をもらう。」これが共通の到達点だと思います。
人に認めてもらえなかったり、お金をもらえないのは「ただの趣味」であり、デザイナーにしてもアーティストにしてもプロとはいえないのです。

では最初の議論であるデザインとアートの境目は・・・・。

私はそんなものは存在しないと思っています。

なぜなら、「相手の思いも感じつつ、自己を主張したり、表現したりするデザイン、そしてそれにお金を払ってでもデザインして欲しいと思わせる仕事」がデザイナーの理想であり、「人々がお金を払ってでも買いたくなるような作品、その作品の主張をたくさんの人が受け入れ、お金を払ってくれる作品をうみだす。」のがアーティストの理想だと思うからです。

その考え方ではデザインとアートはますます境目が曖昧に成り、よくわからなくなってしまいますが、私はそれでいいのではないかと思っています。
ここまでがデザインで、ここからがアート、などといっているうちは、本当の意味での両方の醍醐味をまだ味わっていないのです。

とにかく自分の考えを認めてもらって、お金ももらう・・・・・。それを周りがデザインと呼ぼうがアートと呼ぼうが、そんなことはどうでもいいのです。
自分がアートだと思えばアートだし、デザインだと思えばデザインでいいのです。

かなり乱暴な意見で賛否両論あるかと思いますが、この仕事を30年もやっているとこんな風にすれた考え方になるのかもしれませんね。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

デザイナーの仕事は専業化が進む傾向にあります。全般的にデザイン料金が低下し、短納期の案件が増加の一途をたどる中、少しでも効率を上げるために、同じような仕事...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングから各デザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
デザイン事務所にデザインを発注する方法 ロゴデザイン編

 1 ロゴマークは会社の顔 会社を興したり、店をオープンするときに必ず必要となるロゴデザイン。最近ではパ...

[ デザインの実例 ]

デザインコンサルティングの実例 1
イメージ

 京都のクラブメーカー ルーツゴルフ様の場合 今では製品のデザインからカタログなどの販促物、広告、プロモ...

[ デザインコンサルティング ]

デザインコンサルティングは大げさなものではありません

 最初から大げさに考える必要はありません 「デザインコンサルティング」というとたいそうな契約をしたり、も...

[ デザインコンサルティング ]

デザインコンサルティングという考え方 7

 デザインコンサルティングとは では「デザインコンサルティング」とは具体的にどういうことをするのでしょう...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

デザインコンサルティングという考え方 6

 経営のコンサルティングとデザインという領域 ビジネスを展開する上で経営コンサルタントのお世話になると...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ