コラム

 公開日: 2012-10-27 

就活シーズンまっただ中

デザイン業界では、他の業界に比べ一般的に就活のシーズンが遅めです。
最近でこそ多少はやくはなっていますが、それでもほとんどの学生が本格的に動き出すのは4回生になってから。私の頃(約30年前ですが・・・)などは、ほとんどの学生が最終学年の年明けから動き出すという感じでした。
時に男性の場合は、学生の絶対数が少ない上に求人自体は男性の方が多かったので(現在は男女別に求人することはできません。)、特に景気のよい状況ではなかったにもかかわらず、よりどりみどりという感じでした。

その点最近の学生諸君はなかなか大変そうですが、何を隠そう私の長男も現在4回生。
幸いに東京の写真素他事をに就職が決まっていますので、一安心といったところですが、うちの事務所にアルバイトに来ている学生たちの中には、まだきまっていない子もいるようです。

うちの息子も含め、事務所に関わりのある学生たちは東京に就職するパターンが多く、若いのになかなかやる気のある学生が多いなあと感心しています。

デザイン業界では、新卒社員の定着率の悪さが問題視されていますが、これには様々な原因があるようです。

学生側の問題と企業側の問題。
もちろんケースバイケースですが、私の聞く範囲では、どうも企業側に問題がある場合が多いように思います。
依然として改善されない労働条件、企業側の受け入れ体制、希薄な人材を育てる意識、曖昧な企業内デザイナーの定義。
おおむねこのようなことが原因である場合がほとんどです。
もちろん中には学生側の意識不足や辛抱強さの欠如と言うこともありますが、定着率の悪い会社はいつまで経っても悪いし、定着率のいいところはだいたいいつもそうだという状況を鑑みると、やはり企業側の問題が多いといえそうです。

そういった状況を生んでしまうのは、やはり会社の管理側とデザイナー側の人間の種類の違いや考え方の方向性によるところが大きいのかもしれませんが、それとて思い違いや会社の慣例によるところが大きいといえるでしょう。

デザイナーの査定のしかた、デザイナーの業務の中での位置づけや役割、デザインというもの自体の社内での価値観、そういったものの違いが不協和を生み、どちらかというと社内で立場の弱いデザイナーの方がやめていってしまうというパターンがほとんどです。

こういった状況は、バブル崩壊以降かれこれ20年も続いています。
つまりこういう状況が恒常化しているといえるのです。
企業側にも原因がある場合が多いとはいえ、デザイナーの方もこの状況を変えていくことを考える必要がありそうですが、主だった組合や行政側の協力も期待できない状況の中で、ますます取り巻く環境は悪くなっているように思います。

私も含めてデザイナー諸君、さてさてどうしたものでしょうか。

コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ
http://www.koizumi-design-factory.com

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

有限会社コイズミデザインファクトリー [ホームページ]

商品企画 小泉達治

京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL:075-874-5062

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
KDFのコンセプト

デザイナーの仕事は専業化が進む傾向にあります。全般的にデザイン料金が低下し、短納期の案件が増加の一途をたどる中、少しでも効率を上げるために、同じような仕事...

幅広いデザイン領域
グラフィックデザイン

さまざまなポスターやパンフレット、リーフレットなど弊社の中心的業務です。京都という土地柄を活かし和風のデザインも多数制作しています。詳しくはホーム...

 
このプロの紹介記事
有限会社コイズミデザインファクトリー、代表の小泉達治さん

今こそ「デザイン」で京都の街を活性化させたい(1/3)

 京都市南区に事務所を構えるデザイン会社「有限会社コイズミデザインファクトリー」は2012年に25周年を迎えます。通常のグラフィックデザインを中心とした印刷物などのデザインだけではなく、イラストレーションの制作、アパレル関連やクラフト商品、...

小泉達治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ブランディングから各デザインまで幅広いジャンルを完全自社制作

会社名 : 有限会社コイズミデザインファクトリー
住所 : 京都府京都市下京区西七条東御前田町7-1 ソレアード西大路五条1F [地図]
TEL : 075-874-5062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-874-5062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ブランディングを依頼する事務所の見分け方

 そもそもブランディングとは? 「ブランディング」という言葉を耳にすることが増えました。デザイン会社や広...

[ ブランディング 今日の一言 ]

デザイン事務所にデザインを発注する方法 ロゴデザイン編

 1 ロゴマークは会社の顔 会社を興したり、店をオープンするときに必ず必要となるロゴデザイン。最近ではパ...

[ デザインの実例 ]

デザインコンサルティングの実例 1
イメージ

 京都のクラブメーカー ルーツゴルフ様の場合 今では製品のデザインからカタログなどの販促物、広告、プロモ...

[ デザインコンサルティング ]

デザインコンサルティングは大げさなものではありません

 最初から大げさに考える必要はありません 「デザインコンサルティング」というとたいそうな契約をしたり、も...

[ デザインコンサルティング ]

デザインコンサルティングという考え方 7

 デザインコンサルティングとは では「デザインコンサルティング」とは具体的にどういうことをするのでしょう...

[ 小泉のデザインに関する考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ