プロTOP:薦田純一プロのご紹介

ホームロイヤーが、さまざまな家庭内問題を解決(1/3)

京都市中京区でこもだ法律事務所を開業する弁護士の薦田(こもだ)純一さん。多くの専門家たちと組んで、家庭内の諸問題に取り組んでいます

離婚や相続をはじめ、家庭内のトラブルを納得のいく解決へ導きたい

 「離婚や相続の問題について、裁判所を介して法的な手続きをすることが弁護士の仕事ですが、それが済めば終わりとは思っていません。たとえば、離婚したお母さんは、子どもを抱えて生活していかなければならないので、その後がむしろ大変でしょう」と語るのは、京都市中京区でこもだ法律事務所を開業する弁護士の薦田(こもだ)純一さん。

 薦田さんの強みは、税理士や司法書士、不動産鑑定士をはじめ、多種多様な専門家たちとチームを組み、弁護士の仕事の枠を越えて離婚や相続などの家庭内の問題に取り組めることです。調停や裁判の手続きに力を注ぐだけでなく、その後の不動産の売却や登記、鑑定、測量、住宅ローンなどについても、最後まで相談にのってくれます。また、「DV(ドメスティックバイオレンス)やモラハラ(モラルハラスメント)の問題にも多数取り組んでいる経験から、有効・有益な支援をさせていただきます」

 そのように弁護士として離婚問題に取り組んでいますが、「子どもの成長のためには、お互いに関係を切ってほしくない」と考えています。「法廷で争う訴訟より、話し合いで決める調停で、できればそれ以前の段階で、離婚や子どもの面接問題を解決したいですね。そして離婚後、西欧とは異なり日本では父親に子どもに会わせることを拒否する母親が多いようですが、父親にも子どもの成長に関わらせるべきでしょう。会わせないことで子どもへの気持ちが離れ、養育費の未払いにもつながります」と薦田さん。「離婚や相続の問題で相談に来られた方が、納得いただけるように、充分話し合ったうえで、取り組んでいきたいと思っています。とくに今後は、高齢化社会が進行してゆくことが予想されます。遺言書の作成を含めて老後の財産管理についてもぜひご相談ください。ホームロイヤーがお手伝いをさせていただきます」

<次ページへ続く>

【次ページ】 弁護士を身近に。地域に密着した事務所を構え、弱い立場の人の力になりたい

薦田純一プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : こもだ法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区寺町通竹屋町上る行願寺門前町2-2 [地図]
TEL : 075-253-1192

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-1192

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

薦田純一(こもだじゅんいち)

こもだ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「幸せへのキセキ」を休日に・・・人生のエンディング終活弁護士の幸せとは?

本当は、弁護士という肩書ですが、ちょっとした法律のコラムを書くのがいいのかもしれませんが、私はちょっと違う...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ