コラム一覧

1件~15件(167件)

過去の15件

向塾 塾生の気持ち~向塾コラムより「向塾 始めます!」~

イメージ

みなさん、はじめまして!4月から向塾11期生として、参加させて頂くことになります龍谷大学 新4回生の池田菜央と申します。よろしくお願いします。  理由 向塾に入塾したいと思った理由は、大学生ってこんなに受身で良いのだろうか?と日々感じていたからです。就... 続きを読む

2015-04-07

巣立った塾生からの言葉・・・向塾は『自分自身を知ることができる、わたくし再発見所』

イメージ

向塾は私にとって、自分自身について知ることができた、いわば「わたくし再発見所」でした!「自分自身を知る」というのは、自身の良さや強み、その反対に、改善すべき所や弱み、そして何より、自身さえ気付いていない隠れた魅力を知るということです。 みなさんは、自分自身とどれだけ向き... 続きを読む

2015-04-01

就職!? 就社!?

間もなく4月。16年卒の大学生にとっては就活の動きも変わり、例年より戸惑いが多くある年になっています。さて、就職活動をしていると「就職」や「就社」という言葉が出てきますが、どのように考えればいいのでしょうか。仕事面をクローズアップした「就職」、会社をベースに仕事を考えた「... 続きを読む

2015-03-30

~向塾に大和絵がやってきた~

イメージ

向塾に大和絵がやってきた。2014年11月15日~16日 吉本徹也氏の個展が向塾で行われました。そして、17日からは写真の絵が向塾に飾られています。この絵は何を発しているのでしょうか。子どもの眼差しは、向塾の眼差しでもあり、向塾に来てくださる方の眼差しでもあ... 続きを読む

2014-11-17

~向塾ミツバチ会議~

イメージ

どうして「ミツバチ」という言葉が入った会議を向塾でしたいのか。ハーバード大学でミツバチの研究により博士となられたトーマス・D・シーリーさんの本と出会い、社会性を持つ生き物が我々人間に教えてくれていることがあったからです。ミツバチたちは、少なくとも3000万年前には存在して... 続きを読む

2014-11-11

向塾ホームページリニューアルにあたって

イメージ

向塾ホームページをリニューアルしました。いかがでしょうか。 これから皆様と一緒に創り上げていく環境と、これから必要なことを教育、社会の場で体現していると感じていただければ嬉しいです。社会が複雑に変化し、「生きる」ということが何なのか、「感じられない」「分からない... 続きを読む

2014-11-10

「日本一幸せな従業員をつくる!」の岩崎靖子監督と対談インタビュー

イメージ

 文部科学省に選定されたドキュメンタリー映画 赤字のどん底から復活したホテルを撮影した映画「日本一幸せな従業員をつくる!」実際に見た人は「涙」「涙」「涙」・・・その理由とは?「日本一幸せな従業員をつくる」本当の魅力はいったい何なのか!?実際に近くで見てきた『岩... 続きを読む

2014-08-05

~3年が経つ~

2月末「若者と考えるこれからの日本」というシンポジウムに参加しました。その中で衆議院議員小泉進次郎さんの基調講演「3・11世代と日本の将来」でのこと。 進次郎さんが出会って今でも交流のある女の子の話。 女の子は津波にあったが、気づくと瓦礫の上で助かっていました。その子のお母さん... 続きを読む

2014-03-11

~遊びとルールと創造力~

多くの子どもたちが過ごしている場所を訪問したのは久しぶりだった。けん玉あり、将棋があり、絵描きがあり、子どもたちが楽しそうに遊んでいる。僕が席に着いたテーブルでは、子どもたちが将棋に夢中になっていた。子どもたちの将棋。始めは王将を狙って駒を動かしている。それから数分する... 続きを読む

2012-08-11

~ツタンカーメン展~

現在、大阪で行われている「ツタンカーメン展」日本側の監修である廣田吉三郎さんの話を伺う機会があった。今回のツタンカーメン展は、2005年から始まったツタンカーメン展のワールドツアーと言うべきもので、その最終地がこの日本。このような事は専門家の間でも、今後ないかもしれないと言われ... 続きを読む

2012-04-08

~区切りの使い方~

新年度が始まる。大学では入学式が1日から始まり、会社では2日に入社式というところも多いだろう。そして、新入生や新入社員と言われる人たちにとって、これからの経験は身の丈をはるかに超えたものの連続になる。自分よりデカイものは厄介だ。それを乗り切るには、「学ぶ」や「働く」といった... 続きを読む

2012-03-31

~評価の仕方~

評価は数値化されると分かりやすい。企業での目標や評価もこれに属する。経営が関わるのだから、当たり前なのかもしれない。しかし、教育や育成の側面からみれば、評価を数字だけで表すには疑問を感じる。幼稚園では、成績表はなく園児がどのように変化していくのかを考え指導がなされている。... 続きを読む

2012-02-17

~9つの言葉~

先日行った就活セミナーのテーマは自己分析。その中のワークで、大切なこと、大切なものを各自「10」の言葉(単語)で挙げてもらった。セミナー受講生の中で、ある学生が答えた言葉に、動詞や動詞に準じるような言葉が「9」。今までに見たことのない数に驚いた。大切としていることが、動くこ... 続きを読む

2012-02-08

講師から見た向塾~元東京リコー社長相澤氏より(後編)~

昨日に続き、元東京リコー社長相澤氏の言葉を掲載致します。前半は向塾の特長、後半は講師としての思いを語って頂いています。ここからは、相澤氏のコメントとなります。~向塾の特長と魅力についての考察~1)社会人としての必要能力の研磨、指導授業や個人面談を通して、個人の想い、強... 続きを読む

2012-01-22

講師から見た向塾~元東京リコー社長相澤氏より(前編)~

熱い思いが集まる向塾の専任講師である元東京リコー社長相澤氏の言葉を、2回に分けてコラム欄に掲載致します。ここより、相澤氏の言葉を掲載いたします。私はある時、43年間のリコービジネス人生で培った社会観、会社理念、イズム、文化、働くこと、人間関係とコミュニケーション、チームワー... 続きを読む

2012-01-21

1件~15件(167件)

過去の15件

RSS
塾生/学生の声

◆向塾と他のセミナーの違いは?以前受けたセミナーは、熱意が伝わってこなかった。信頼性があって役に立つものだったが、教科書通りの説明と受け答えだけで、講師の熱...

向塾推薦の言葉

教育の用語に、アーティキュレーションというのがある。これは接続教育の意味で、例えば、学校と社会を繋ぐ接続教育が考えられる。しかし、その実現は難しい。「向塾...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
木村文俊 きむらふみとし

すべての若者に、「自らが考え、行動できる」場を(1/3)

 学生の頃は誰もが不安と期待を胸に「キラキラと輝く自分の姿」を夢見て社会へと一歩踏み出すでしょう。しかし、現実と夢とのギャップを目の当たりにし、新卒者の約4割が入社3年以内に退職すると言われる昨今。「学校と企業の結びつきの弱さが、その大きな...

木村文俊プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

学校と社会の学びに足りない「問い」と向き合う場を提供すること

屋号 : 向塾
住所 : 京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町414番地 西陣産業会館地下 [地図]
TEL : 075-406-0868

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-406-0868

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村文俊(きむらふみとし)

向塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

経験の場が多いことが魅力です!

今まで受けてきたセミナーは、30人以上など大人数ばかりでし...

K.A
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
向塾 塾生の気持ち~向塾コラムより「向塾 始めます!」~
イメージ

みなさん、はじめまして!4月から向塾11期生として、参加させて頂くことになります龍谷大学 新4回生の池...

巣立った塾生からの言葉・・・向塾は『自分自身を知ることができる、わたくし再発見所』
イメージ

向塾は私にとって、自分自身について知ることができた、いわば「わたくし再発見所」でした!「自分自身を知る」と...

就職!? 就社!?

間もなく4月。16年卒の大学生にとっては就活の動きも変わり、例年より戸惑いが多くある年になっています。さ...

~向塾に大和絵がやってきた~
イメージ

向塾に大和絵がやってきた。2014年11月15日~16日 吉本徹也氏の個展が向塾で行われました。そ...

~向塾ミツバチ会議~
イメージ

どうして「ミツバチ」という言葉が入った会議を向塾でしたいのか。ハーバード大学でミツバチの研究により博士...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ