コラム

 公開日: 2011-02-28  最終更新日: 2012-01-04

~知ってもらいたい就活の話~


就職活動。職に就く為に、活動すること。このような解釈で言葉の意味としてはいいと思う。


今、学ぶ場が少なくなっている現状で「就活」とは、単なる就活だけで良いのか。
そんな疑問を投げかけてみたい。


「就活」とは、職に就く為の活動と同時に、就活を学ぶ「場」とする。
それが最適なのではないだろうか。


つまり、自分を見つめなおし、そこから主体性が生まれる可能性のある時期だということ。
社会を触れ合うことにより、自己を考え、他者を感じ、行動を起こす。


そこに経験が生まれてくる。


経験から学べることが、一番なのだ。


就活を就活対策だけで片付けてしまうのは、教育としても機会損失に当たるのではないか。


学生が未熟な部分があって当たり前。


しかし、当たり前だからといって、就活対策という鎧や兜をまとい、いざ出陣!
これは、間違いだろう。



これから、学生の言葉を紹介したいと思う。
以下の①~⑩は、セミナーによく参加してくれている学生のつぶやきの一部を抜粋。

①26日の説明会で挙手し、「質問が出来た」と…そこで満足しないで、
次の違う説明会等で積極的にどんどん挙手し、発言して行きたいと感じた。
今の自分に浸かっていないで、次の自分へ変わることが重要であると考える。
「自分が変わる」を常に考えながら行動できれば良いと考えている…。


②向塾での話されたセミナーで「自分が変わる」
この言葉は心に残るし、この言葉通りに自分が少しつつ変わって来ているのだと、
実感することが分るので、このコトバが印象に残った。

③自分は、最初の合同説明会へ行ったのが、1月始めです。
そして、今に至ります。
他の就活生は早い時期から動いている人が多いと思いますが、
自身はそれほど早くから動いているわけでもなければ、自分を変えようとも思わなかった。
でも、今は違うと言える。


④自分の為に努力して頑張る事で得られる力があると思える。
また、自分の為だと思って力を得ようとするなら、
他の時間を削っても良いと僕は感じます。


⑤自分は、「足りないものは何か」「何故、就活をするのか」と自分自身で分っていると言い切る事が出来なかった。
他の学生たちは就活においてエントリーシートを提出して選考を受けて適正検査を受けてと行っているが、
本当に自分の価値観を知った上で、行動しているのか今になって思うことが増えて来た。


⑥他学生の事を威張って偉そうなことは言えないけど、本当の自分を知るということは考え直した方が良いと思います。
自分で分っていると自信を持っていたとしても本当に、
今の自分で良いのかを考え直しても悪くは無いと思います。


⑦コトバや文では伝え切れないことが多々有ると思うが、
そのことは行動を起こさなければできない事もあると、
僕はセミナーを通して実感もしています。
このツイッターを始めるきっかけにもなりました。


⑧会社へ提出するエントリーシートや履歴書を書いて…テストを受けて…会社説明会行って…合同説明会行って…と、
この循環だけで1日を終わらせないで欲しいなぁ〜と僕は思い始めています。


⑨もうエントリーシートや履歴書を提出を求める企業がでて来ているとは思いますが、
自身はまだ出していないのが事実です。
周りの就活生が早く出して行っており、選考へ進んでいると就活生もいて、
自分は遅いと思い、誰もがもつ焦りや不安をもっとも感じています。
他の学生も同じだと思います。


⑩履歴書やエントリーシートと言った提出物を本当にどう書けば良いのか、
迷う学生も少なからずいるであろう。
でも、自分は焦っても早く出そうとは思わない。
何故か、焦って早く出そうと思い書いてしまうと自分ではこれで良いと書いていてもそれでは、
無理であることも多いと僕は思います。



彼がつぶやいた言葉に感動したので、今回、許可をもらって掲載した。



ここには、物事が出来ない理由や言い訳が一切ない。


これからの彼には楽しみが満ち溢れている。そう断言する。




■■■■┃★┃関連コラム┃★┃■■■■
向塾の就職学1~はじめに~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/4059/
~就活の前に~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/2830/
~成長~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/134/


■■■■┃★┃塾生から見た向塾┃★┃■■■■
【前編】塾生がどのように向塾を考えているのかをプレゼン!
http://www.youtube.com/watch?v=jjMYLbGB4wg
【後編】塾生の想いとは。
http://www.youtube.com/watch?v=eb-3bOCFepw
※学生研究発表会in大阪電気通信大学 からの映像


■■■■┃★┃向塾HP┃★┃■■■■
塾生ブログや講師コラム、TOPICSで『今』の向塾を伝えています。
http://koujuku.jp/

この記事を書いたプロ

向塾 [ホームページ]

塾講師 木村文俊

京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町414番地 西陣産業会館地下 [地図]
TEL:075-406-0868

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
塾生/学生の声

◆向塾と他のセミナーの違いは?以前受けたセミナーは、熱意が伝わってこなかった。信頼性があって役に立つものだったが、教科書通りの説明と受け答えだけで、講師の熱...

向塾推薦の言葉

教育の用語に、アーティキュレーションというのがある。これは接続教育の意味で、例えば、学校と社会を繋ぐ接続教育が考えられる。しかし、その実現は難しい。「向塾...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
木村文俊 きむらふみとし

すべての若者に、「自らが考え、行動できる」場を(1/3)

 学生の頃は誰もが不安と期待を胸に「キラキラと輝く自分の姿」を夢見て社会へと一歩踏み出すでしょう。しかし、現実と夢とのギャップを目の当たりにし、新卒者の約4割が入社3年以内に退職すると言われる昨今。「学校と企業の結びつきの弱さが、その大きな...

木村文俊プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

学校と社会の学びに足りない「問い」と向き合う場を提供すること

屋号 : 向塾
住所 : 京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町414番地 西陣産業会館地下 [地図]
TEL : 075-406-0868

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-406-0868

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村文俊(きむらふみとし)

向塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

教えているという雰囲気ではなくアドバイスをしているように感じます。

親近感を感じたこと。今まで受けてきたセミナーでは、講師の...

S.R
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
向塾 塾生の気持ち~向塾コラムより「向塾 始めます!」~
イメージ

みなさん、はじめまして!4月から向塾11期生として、参加させて頂くことになります龍谷大学 新4回生の池...

巣立った塾生からの言葉・・・向塾は『自分自身を知ることができる、わたくし再発見所』
イメージ

向塾は私にとって、自分自身について知ることができた、いわば「わたくし再発見所」でした!「自分自身を知る」と...

就職!? 就社!?

間もなく4月。16年卒の大学生にとっては就活の動きも変わり、例年より戸惑いが多くある年になっています。さ...

~向塾に大和絵がやってきた~
イメージ

向塾に大和絵がやってきた。2014年11月15日~16日 吉本徹也氏の個展が向塾で行われました。そ...

~向塾ミツバチ会議~
イメージ

どうして「ミツバチ」という言葉が入った会議を向塾でしたいのか。ハーバード大学でミツバチの研究により博士...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ