コラム

 公開日: 2010-07-19  最終更新日: 2012-01-07

~宝の山~


スポーツでは、試合の終了後やテレビ取材などで、必ずと言っていいほどインタビューがある。
これが宝の山。


テレビに映るインタビュー、新聞やインターネットなどの記事。
伝えている媒体は違っても、本当の言葉がある。



先日まで行われていたサッカーのワールドカップでも様々な言葉が出ている。


岡田監督
いいときもあれば悪いときもある。でも悪いときというのは必ず、それがその人に必要だから。何のためかといったら、次に成長するため。そういう意味でうまくいかなくなったり、風が吹いたときに、簡単にあきらめない。そして絶対にネガティブにならないで立ち向かっていく勇気、そういうものを今回この選手たちが示してくれた。
大久保選手
(自分の限界値が)広くなった。というより、限界はないなって思った。今までJリーグだと、ここは無理だなと思って、行かないこともあったけど、そういう場面でも行けて、もっと行けるんだっていうのが分かった。
本田選手
目標を達成できなかったところはしっかり受け止めますし、大会前に多くのファンが応援してくれたことだけじゃなくて、多くの人が批判してくれたことも僕は感謝しています。批判してくれる人がいなかったら、ここまでも来れたかどうかも分からない出来だったんでね、W杯前は。ガッカリした人もいるかもしれないけど、真剣に応援してくれた人には『ありがとう』と言いたいです。


岡田監督は、「悪いときは必ずその人が成長するために必要」と、教えてくれる。
大久保選手は、「やれることは広がる」「限界は自分で作っている」と、経験を語ってくれる。
本田選手は、「批判してくれたことも感謝」と、受け入れる力の大きさを述べている。


それぞれに、聴く者にとって素晴らしい言葉。



僕の心に残っている言葉。
現MLBエンゼルスの松井秀喜選手。

言葉を覚えていないが、「出来ることを100%する」ということを言っていた。

70%、80%では怠けている。120%はその時はいいかもしれないが、あとで出来ないことが出てくる。そのときの100%をやり切ることが良いのだ。
ヤンキース時代のトーリ監督の教えでもあった。


その時の自分自身を確認し、その時の最善は何かを考え、その時の出来る行動をやりきる。

今を見ても、その先を見ても、100%やりきることが人を大きくさせてくれるのだ。



■■■■┃★┃関連コラム┃★┃■■■■
~短い一流論~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/463/
~我慢~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/698/


■■■■┃★┃塾生はどうして力をつけるのか┃★┃■■■■
【前編】塾生プロジェクト「京のゆび」と向塾。
http://www.youtube.com/watch?v=jjMYLbGB4wg
【後編】塾生プロジェクト「京のゆび」とは。
http://www.youtube.com/watch?v=eb-3bOCFepw
※学生研究発表会in大阪電気通信大学 からの映像


■■■■┃★┃向塾HP┃★┃■■■■
塾生ブログや講師コラム、TOPICSで『今』の向塾を伝えています。
http://koujuku.jp/



この記事を書いたプロ

向塾 [ホームページ]

塾講師 木村文俊

京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町414番地 西陣産業会館地下 [地図]
TEL:075-406-0868

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
塾生/学生の声

◆向塾と他のセミナーの違いは?以前受けたセミナーは、熱意が伝わってこなかった。信頼性があって役に立つものだったが、教科書通りの説明と受け答えだけで、講師の熱...

向塾推薦の言葉

教育の用語に、アーティキュレーションというのがある。これは接続教育の意味で、例えば、学校と社会を繋ぐ接続教育が考えられる。しかし、その実現は難しい。「向塾...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
木村文俊 きむらふみとし

すべての若者に、「自らが考え、行動できる」場を(1/3)

 学生の頃は誰もが不安と期待を胸に「キラキラと輝く自分の姿」を夢見て社会へと一歩踏み出すでしょう。しかし、現実と夢とのギャップを目の当たりにし、新卒者の約4割が入社3年以内に退職すると言われる昨今。「学校と企業の結びつきの弱さが、その大きな...

木村文俊プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

学校と社会の学びに足りない「問い」と向き合う場を提供すること

屋号 : 向塾
住所 : 京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町414番地 西陣産業会館地下 [地図]
TEL : 075-406-0868

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-406-0868

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村文俊(きむらふみとし)

向塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

楽しく学ぶことができる場に魅力を感じました

私が思う、向塾が他のセミナーとの一番の違いは、向塾は人間...

O.N
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
向塾 塾生の気持ち~向塾コラムより「向塾 始めます!」~
イメージ

みなさん、はじめまして!4月から向塾11期生として、参加させて頂くことになります龍谷大学 新4回生の池...

巣立った塾生からの言葉・・・向塾は『自分自身を知ることができる、わたくし再発見所』
イメージ

向塾は私にとって、自分自身について知ることができた、いわば「わたくし再発見所」でした!「自分自身を知る」と...

就職!? 就社!?

間もなく4月。16年卒の大学生にとっては就活の動きも変わり、例年より戸惑いが多くある年になっています。さ...

~向塾に大和絵がやってきた~
イメージ

向塾に大和絵がやってきた。2014年11月15日~16日 吉本徹也氏の個展が向塾で行われました。そ...

~向塾ミツバチ会議~
イメージ

どうして「ミツバチ」という言葉が入った会議を向塾でしたいのか。ハーバード大学でミツバチの研究により博士...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ