コラム

2010-09-30

テストの時に親ができること


本日は、中学校の定期テスト対策についてお話したいと思います。

9月のはじめに定期テストが終了した中学もあると思いますし
これから中間テストを迎えるところもあると思います。

いずれにせよ、定期テストの得点は、子供達にとって大きな関心事であると同時に、
通知表の評価にも大きな影響力をもちます。

中学生から、
「点数を上げたいのだが、家で、何をどのように勉強したら良いかが分からない」
「勉強の仕方を教えてほしい」
という声を聞くことがあります。

もしかしたら、そのような悩みを持っている生徒が多いのかも知れません。

では、定期テストで点数をとるには、どのようにすれば、良いのでしょう。

もし、お子様が勉強のやり方で困っておられるようなら、
アドバイスをしてあげていただきたいと思います。

まずは、何を勉強するか、という事です。

学校の定期テストは、
出題範囲の教科書、授業で習った事、学校のワーク、プリントがあれば、その範囲から出題されると思いますが、
先生によって、出題方針はかなり異なります。
出題方針を事前に話される先生も多いと思いますので、先生が話していたことをお子さんに確認することが、まず大事かと思います。

定期テストに対する勉強法に「絶対」はありませんし、様々な考え方はありますが、
オーソドックスな「学習計画の立て方」について書きたいと思います。

良くあるケースとして、
数学はひと通り勉強したが、英語は時間切れで全く手をつけられなかったとか、
出題範囲の最後まで見直せなかったという失敗です。

当たり前のことですが、
出題範囲×科目数から逆算して、1日にどの程度、勉強する必要があるのか?という
量的なメドを最初に立ててください。
例えば2週間前から取り組むのであれば、
1日にどの程度、進まなければならないのか?という指針を持つことです。

次に、1日のスケジュールを科目別、○ページから○ページまでと細分化して、
計画表に落とし込んで下さい。
途中で時間が不足したり計画が狂うことは良くありますが、
最初の計画が作成されておれば、その修正をどの程度行えば良いかもわかります。

計画表には、夕食や、テレビを見る時間など、勉強以外の項目も書き込むことが大切です。

良くあるのが計画は勉強だらけに詰めこんだが、途中で息切れしてしまったり、
物理的な制約で頓挫してしまうことです。

実現可能な計画にしておくことが大事です。

言い換えれば、計画通り実行した後に、ちょっとした自分へのご褒美を持ち込んでおくことで、
勉強を続けるモチベーションの維持にも役立つ計画にしておくとも言えます。

人間の記憶は、繰り返すことで強化されます。

従って、できれば、2週間で一巡させるのではなく、
1週間でまず一巡して、自分のわからない所、解けない問題をチェックしておき、
2巡目には、その部分に集中して繰り返すという方法です。
この苦手繰り返し方法は、確実に学力を定着させる大きなポイントになります。

あとは、勉強方法ですが、出来るだけ書いて覚える事をお勧めします。
数学では、意味を理解した上で、式を書いて、計算も書いて、正解を出すところまで書いて、解き方を覚えます。
英語の単語や漢字、社会の暗記などでも同じことです。
どんどん書いて、時には音読して、たくさんの感覚を使って勉強すると、
能率的だし、効果が上がると思います。
数学などでは、自分で書いた式の意味や考え方を、
声に出して説明すれば、より記憶に残りやすくなります。

お子様がテストに向けて、頑張って取り組んでおられる時に、
お母様、お父様にお願いしたい事は、3点あります。

①学習計画を貼り出して、親と子で確認しあうようにする。
②お子様の生活習慣に注意して、規則正しい生活のリズムを保たせる。
③お子様が息切れしてしまわないように、励ます。

こういった、定期テスト前の学習指導は、京進で取り組んでいるリーチング指導の中にも含まれています。
リーチングについては、また、別の機会にご紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ