コラム

2015-06-29

数学の苦手な中学生をお持ちの保護者様へ 第3回

前回は、中学1年で習う「速さの方程式」を取り上げました。今回は「原価・定価・値引き・売価」に関する問題を取り上げたいと思います。良く出題されるパターンを取り上げます。「原価・定価・値引き・売価」に関する問題は中3の二次方程式でも出てまいります。参考にしていただければと思います。

【問題例】
原価に200円の利益を見込んで定価をつけた。売れなかったので定価の1割引で売ったところ50円の利益がでた。原価はいくらか。

【一般的な解き方】
原価をx円とする。
200円の利益を見込んで定価をつけたのだから
定価は(x+200)円。
定価の1割引で売ったのであり1割は0.1だから
1-0.1=0.9で売った事になる、
よって売価は0.9(x+200)となる。
利益は売価―原価だから
0.9(x+200)-xとなり、これが50円だから
0.9(x+200)-x=50
x=1300
答 1300円

中学生がまずつまずきがちなのが、「原価」「利益を見込んで」「定価」「売価」「利益」などの耳慣れない言葉でしょう。商売をした事が無いのですから耳慣れなくて当然なのです。
お子様がこのパターンの問題が分からないとおっしゃった場合は、まず用語の説明からしてあげましょう。お子様がお母様に質問してきたとします。
【説明例】
文房具を売って商売を始めようと思うの。
お母さんがこのボールペン(手近にあるもので結構です)を100円で買ってきました。
これをお店において、300円で売る事にして値札を「300円」とつけました。
この300円が定価だね。もし定価で売れたとしたら、お母さんは200円儲かるよね。
これが「200円の利益を見込んで定価をつける」という事だよ。
「300円」と値札をつけたこのボールペン、300円で売れるかな?
うーーん、残念な事に売れなかったんだよ。高すぎたのかな?
それで値引をする事にしました。いくらなら売れるかな?
思い切って120円、値引しました。そうすると売れました。
定価300円のものを120円値引したら、いくらで売れたことになるかな?
そう、300円から120円を引いて180円で売れたことになるね。
この180円が「売価」だよ。
じゃあ、お母さんはいくら儲かったでしょう。
もともと100円で買ったきたものを180円で売ったのだから、儲かったのは80円だね。これが利益だよ。
ここで注目してね。80円はどうやって計算したかというと、売価の180円から原価の100円を引いたよね。これを覚えておいて。売価から原価を引いたのが利益だよ。
これを図にすると下のようになるね。





180円で売れなかった時の事も考えておこうね。仕方ないからもっと値引して50円でやっと売れたとしよう。そうすると売価が50円だね。売価から原価を引くと、50-100=-50となるね。売価から原価を引いて-になったら、これを損失と言うんだよ。覚えておくといいね。


じゃあ、最初の問題を図を使ってといてみようか。
その時に公式を覚えておこう。次の2つだよ。
①割引=もと×(1―割引分)
②割増=もと×(1+割増分)
原価をx円とするね。図に書き込んでみよう。
200円の利益を見込むと定価はx+200になるね。これも書き込んでおこう。
次に「定価の1割引で売った」とあるね。1割引をした「もと」はなんだろう。
そう、定価だね。だから①の公式に当てはめて
(x+200)×(1-0.1)  になるね。1-0.1=0.9だからこの式は
定価    1割引
0.9(x+200)という事になるね。これが売価だよ。図に書き込んでおこう。
最後に50円の利益が出たと書いてあるね。
利益の計算は、売価―原価だったよね。
じゃあ、やってみよう。
0.9(x+200)-x  =50
 売価    原価  利益
これがxを求める式になるね。
計算するとx=1300  答 1300円








最後に、お子様に説明してあげる時の「コツ」を申し上げます。
塾の講師が良く使う手です。
今回のような少しややこしい説明の場合は、説明を必ず2回繰り返してあげてください。
1回目は懇切丁寧に説明してあげてください。2回目はさらっと、ポイントを抑える程度に説明してあげてください。
説明を2回繰り返す事で、説明を受ける側は「よく分かった」という印象をもちます。1回目の懇切丁寧な説明の際に聞き漏らした事も、2回目の説明で確認する事が出来ます。
2回説明を繰り返す事でお子様の理解度、定着度は確実に上がります。試してみてください。

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ