コラム

 公開日: 2015-09-08 

効率的な質問の仕方

前回は中学入試に向けてお子様の得点力をアップするために保護者として気を付けたい事をお話しました。
今回は中学入試に向けて塾の講師に質問する際の効率的な質問の仕方をお話したいと思います。

1.質問する前に自分で可能な限り考えよう
質問する目的は得点力アップです。そのように考えると親が子どもに「分からない所は全部先生に聞いてきなさい」と指示して子どもが何でも塾の講師に聞いている場合、ほぼ確実に得点力は伸びません。この場合、「先生に聞く」事が目的になってしまって、「自分で問題を解く」事が出来なくなるからです。また、子どもの依頼心ばかりが強くなり、これも自分で解く事が出来なくなる要因になります。同時に、大量の問題を質問した場合、復習も追いつきません。先生に質問してその場で「分かったつもり」になっても、復習しなければ得点力が上がりません。つまり、「分からない所は全部先生に聞く」というのは、一見効率的でありながら、質問した時間が無駄になり、実はもっとも非効率的な質問の仕方と言えます。分からない所は解答解説を読み、まずは自分で可能な限り理解して自分で出来るようにしましょう。自分で考え、とことん努力してもどうしても分からない箇所を聞いた場合に、その問題と解き方は確実に記憶に残り、得点力アップの原動力になります。

2.質問は具体的に
生徒によく見受けられる質問の仕方に、問題を指さして「先生、これ・・・」というものがあります。この場合、質問された講師は生徒が、どこが分からないのか、どこで躓いているのかが分かりません。そのため、質問された問題をはじめから解説して生徒から「そこは分かっています」と言われたりします。質問する際には「自分はここまで考えました。ここからが分かりません」と、自分が解いたノートを講師に見せながら質問するのが良いでしょう。こうすれば、自分が分からない箇所を最短の時間で的確に聞くことが出来ます。

3.質問する際は講師にアポを取ろう
塾の講師は授業を終えて5分程度の休憩時間に次の授業の用意をして次の授業に飛び込む、というような時間割は珍しくありません。5分程度の休憩時間に生徒がいきなり質問を持ってきても十分な対応は出来ません。生徒にしてみると、「質問に行ったのに無視された」という印象を持つ場合があります。質問したい場合は質問したい講師に質問出来る時間を聞いておきましょう。その際、質問したい問題とその解答解説はコピーして講師に渡しておきましょう。講師がいきなり質問を受けた場合の対応としては、問題を読み、問題を解き、万一にも間違えていないか、別のさらに簡単な解き方が無いかを解答解説で確認した上で、生徒に説明する、という流れになります。先に問題と解答解説を渡しておく事で、講師が問題を読み、解き、確認する時間を省く事が出来ます。なお、集団指導の塾では「個別の質問は受け付けない」というルールを設けている場合もあります。その場合は個別指導の塾を併用して個別指導の授業で質問すると良いでしょう。

お知らせ
広く学習相談を受け付けるため、学習相談専用のフリーダイヤルを開設しました。
京進これから研究所内「江川先生の学習相談ダイヤル」:0120-770-878
お子様の学習相談や受験についてのご相談電話を多数いただいております。
電話受け付け:祝日を除く、火・金の13:00~18:00
お子様の勉強についてお気軽にご相談いただければと思います。

(京進これから研究所とは?)
京進これから研究所では、将来にわたって生徒さんに役立つ何かを提供できるように教育企業としてできることを日々研究しています。新規事業の種(シーズ)の収集や新商品の開発、教育指導方法、生徒さんのやる気向上の問題などを研究しております。

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ