コラム

2011-04-19

子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、
「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」
というお話をさせていただきました。
今回は、目標設定や達成方法について
お話しようと思っていましたが、
先日、中1のお子様をお持ちのお母さまから、
「中学生活の過ごし方」について相談を受けました。
皆様にも、参考になる部分も多いと思い、
今回はその話を紹介させて
いただきます。

お母さまの相談内容は以下の通りです。

「中1になって、子どもが○○高校
(地域No.1の公立高校です)に行きたい、
と言い出しました。
小学校時代の子どもの成績は、
ほとんど『できる』(真ん中の評価)
ばかりで、とても○○高校を目指せるとは
思えないのですが、○○高校に進学できる
可能性はあるでしょうか。
『○○高校に行きたいのなら、勉強しなさい!』
と言っているのですが、
それほど勉強している様子もないし・・・
親としては、どのように子どもに
接すれば良いのでしょうか?」

私からお母様にアドバイスさせて頂いたのは
次の通りです。

まずは、お子様が自分で目標を設定しておられる事を
喜んであげるべきです。

子どもは、目標を持って、それをクリアする事が
実は大好きなのです。
しかし、一般的には、子どもは、
自分から、そのような目標を持ったり
口にする事は多くありませんので、
非常に大きなチャンスと捉えるべき
かと思います。
(多くの保護者の方は、「子どもが自ら目標を持たない
」と嘆き、悩んでおられます)
ですから、このチャンスを無駄にせず、
最大限、活かしてあげる事がとても大事で、
そのための注意点が幾つかあります。

①お子様の話に耳を傾けてあげましょう。
気をつけて頂きたい事は、お子様の話を聞き流さない事。それと頭から「無理でしょ」と決め付けない事です。
お子様の話に共感しながら、目標を聞いてあげましょう。その上で、
「何故、その高校に行きたいと思ったのか?」を
聞いてあげてください。
大人から見れば、たわいない理由でも構いません。
目標を目指す理由が明らかになり、
親子で納得できたとき、お子様は迷う事なく、
目標に向かって努力できるようになると思います。
小学校の頃の成績で、「無理」などと
決め付ける必要はありません。
これからどれだけ努力できるかが
勝負なのですから。

②目標達成に必要なハードルを示してあげてください。
「目標を達成するために、どのレベルが必要か?」
を明確してあげてください。
「○○高校に進学するには、学校の通知票は
これくらい必要」。
塾にお通いの場合は、「塾のテストで
偏差値△△くらいを取っていれば大丈夫」
などなど、数字に裏打ちされたデータを調べ、
それをお子様に教えてあげてください。
進学に必要な成績データについて、
塾は詳しく揃えていますし、
ネットなどで調べる事も出来ます。
たとえば、「○○高校に進学するには、
学校の通知票は、9科目で40以上、
必要だね。まず、それを目指そう」
という事になると、目標がぐっと
具体的になってきます。

③但し、ゴールやハードルだけを重視せず、
あくまで、その目標に向かって努力し続ける事に
意義があると教えてあげてください。
子どもが目標を口に出すことは
非常に重要で喜ばしい話ですが、
その目標が本物か否かは、まだわかりません。
友人同志の間で、偶然、出た話題に影響されたとか、
何となく口に出した程度の目標かもしれません。
しかし、動機が何であれ、子どもが目標を持った
という事実を重視してあげる姿勢が大切です。
②で具体的なハードル、数値を示してあげて欲しい
とアドバイスしましたが、
ハードルばかりを強調しすぎてはいけません。
特に中1や中2のように受験まで、
まだ時間がある時は、目標が達成できるか否かよりも、
目標に向かって一歩を踏み出し、
日々、コツコツ努力する事自体を
尊重してあげる姿勢が大切です。
保護者の方が必要以上に焦ってしまい、
目標や途中成果を強調しすぎて
子どもが重荷に感じてしまう場合があります。
子どもの意志を尊重し、焦らず、
温かく見守ってあげる事が大切です。
 
いかがでしょうか?
参考になったでしょうか?

くれぐれも、子どもの意欲を大人が焦って壊してしまわない事
長年、多数の生徒指導を通じて、心からそのように感じています。
 

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

塾講師歴20年のプロが語る志望校の選び方

夏休が終了し、いよいよ受験シーズン本番を迎えます。お子様の志望校はお決まりでしょうか?受験生の皆さんは志...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ