コラム

2011-07-21

教育講演会を行いました

教育講演会を行いました
~21世紀を生き抜く力「悪戦苦闘能力」~

私が勤めている学習塾の京進では、6月12日(日)に、九州ルーテル学院大学客員教授
大畑誠也先生をお迎えして教育講演会を行いました。

大畑先生は熊本県内6高校の校長を歴任され、「挨拶」を基本とした教育現場の改革に携わってこられた方です。
教員時代より「人間関係」を一番の課題として生徒のコミュニケーション能力の向上と改善に取り組み、21世紀を生き抜く力「悪戦苦闘能力」を掲げて「人づくり」に尽力されてきました。

今回は、大畑先生が掲げる21世紀を生き抜く力「悪戦苦闘能力」についてご紹介いたします。

21世紀を生き抜くために必要な力「悪戦苦闘能力」は次の5つです。
①挨拶
「大きな声で挨拶」「笑顔で挨拶」「大きな声で返事」を行う事によって、良好な人間関係を築く事が出来る。
②体力
食べているものが体力を作る。特に朝食をしっかり食べる事で、思考力と集中力がアップする。
③感性
感性とは「人の気持が分かる事」である。これは日常の経験から磨かれて行く者であり、家の手伝いをさせる事で感謝や思いやりの心が育つ。
④集中
「~したい」「~な人になりたい」という強い気持が集中力を育てる。子どもに夢や目標を持たせるためには、大人が夢を語らなければならない。
⑤思考
思考力は本を良く事や人の話を聞く事で高められる。
単に「聞く」のではなく、「聴く」ことでメモをとり、「効く」という段階へ進むことが大事である。

実践を通して人づくりを進めてきた大畑先生の掲げる「悪戦苦闘能力」は、「挨拶」「家のお手伝い」「朝食をしっかりとる」「本を良く読む」など日常生活で簡単に実践できるとこばかりです。しかし、これらの力をつけることが、上記のように子どもたち自身の精神面を育てることにつながるのです。

受験や学力向上においても、基本はお互いを認め合う「挨拶・人間関係」から始まります。
この夏休みは、志望校合格や成績アップに向けた勉強にプラスして、「挨拶をしっかりする」、「人の話をよく聞く」「家のお手伝いをする」といった「日常生活」でも課題を設定し、取り組んでいってはいかがでしょうか。


この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ