コラム

2012-03-16

塾講師歴20年のプロが語る、塾選びで迷っている方に

<第3回>
集団指導型の塾にするか、個別指導型の塾にするか

塾を選ばれる時に、集団指導(以下、集合塾)にするか、個別指導にするか、お子様のタイプにもよると思いますが、次のことを参考にしていただいても良いかと思います。

集合塾に向いている方
①友人と切磋琢磨することが好きだ
②塾のペースやカリキュラムで勉強したい
③テストが多くても負担にならない
④習い事やお稽古事が比較的少ない
⑤極端な苦手科目があるわけではない
⑥横に先生がついていなくても勉強できる。

個別指導塾に向いている方
①自分のペースで勉強したい
②自分に合ったオーダーメイドの教材やカリキュラムで勉強したい
③自分に合った先生を選びたい
④疑問点があったらその場ですぐに先生に聞きたい
⑤通いやすい曜日、時間に通塾したい
⑥必要な科目、必要なところを重点的に勉強したい


あくまで一般的な内容をご紹介しましたが、集合塾であれ個別指導であれ、まずは教室に電話していただいて話を聞いていただき、体験授業なども受けていただいて、ご納得の上で決めていただくのが良いと思います。
「集合塾に入室したけど、子どもには個別指導のほうがあっていた」と思われた場合は、同じ京進内であれば、集合塾から個別指導の塾に変わることができます。もちろん、逆に個別指導の塾から集合塾に変わることも出来ます。この場合、「移籍」という形になります。集合塾から個別指導の塾に変わるときや、個別指導の塾から集合塾にかわる時に新たに入学金が発生する事はありません。
また、集合塾に通いながら、苦手科目だけを個別指導の塾で併行受講しておられる場合もあります。

まとめますと、塾選びの時は、お子様の個性やニーズを考慮しながら、塾の説明をしっかり聞いていただき、ご納得の上で通っていただく。ただし、塾というものは、あくまでお子様の学力を伸ばすために通っていただくものですので、お子様の様子をご覧になりながら、塾を上手に利用されれば良いのではないかと思います。


次回からは、「上手な塾の利用法」をご紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ