コラム

2012-04-17

塾講師歴20年のプロが語る、上手な塾の利用法 集合塾編 第5回 「塾に通う生徒の生活パターン」

前回のコラムで「点数アップに繋がる復習をしよう」という内容でお話しましたが、今回は、「塾に通う生徒の生活パターン」という内容でお話したいと思います。

塾に通う生徒の生活パターン    
通塾していらっしゃる方からよく、学校と塾の両立が大変だ、というお話を伺います。「塾から帰って宿題をやって、復習をしているとすぐに午前0時を超えてしまう。翌日は学校なので、子どもが睡眠不足になって毎日疲れた顔をしています。体を壊してしまいそうで、心配です」というお声です。
塾から帰ったら、出来るだけ短時間で宿題や復習を済ませて、遅くても午前0時までには寝るようにしたいものです。
そのために大切なことは、まず、先週のコラムで申し上げた事を思い出していただければと思います。
・学校や塾の授業を大切にする事。
・効率的な復習をする事。
これに付け加えると、細かい時間を有効に使っていただく事と、無駄な時間を省くことを意識されたらいかがでしょう。
お子様が、学校やクラブと塾の両立に悩んでおられる時は、お子様と一緒に、先週1週間の時間の使い方を一日ずつ、ノートに書き出してみていただければと思います。案外、無駄に過ごしている時間が見つかったりします。
また、授業と授業の間の休憩時間や塾が終了してお迎えを待っている時間。そのような5分、10分の時間に、授業内容をざっと見直すだけで、記憶の定着率が向上して復習にかける時間をぐっと短縮できます。
最後に、勉強方法を見直す事が有効な場合もあります。
宿題に出た問題が、解き方が全く分からなかった場合、長時間苦しんで時間を費やすより、その日はさっさと寝てしまって、次回の授業を真剣に受けて、解き方を理解した上で実際に自分で解くことで、解き方のパターンを身につけてしまうほうが効率的だと思います。

塾に通い始めて、お子様の生活リズムが崩れて悩んでおられる方は、下記、フリーダイヤルまでお電話いただければご相談に載らせていただきます。マイベストプロでは広くご相談を受け付けております。
0120-552-979
次回は、4月20日(金)に、「上手な質問の仕方 」という内容でお話したいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ