コラム

2012-10-19

中学受験にむけて、直前期に気をつけておきたい事 第2回 受験直前期・模試の活用法

前回は、受験パターンについてお話しましたが、今回は「受験直前期・模試の活用法」についてお話したいと思います。

<第2回 受験直前期・模試の活用法>
受験直前になって非常に気になるのが、模試の「合格可能性」だと思います
合格可能性が高ければ安心、低いと不安になるのは当然でしょう。
確かに、模試の偏差値や合格可能性は信頼のおける資料です。しかしながら、あくまで「可能性」であり、絶対の指標ではありません。
入試では例年、模試では合格圏内に入っていなかった生徒が合格する、と言う事が起こりますし、逆に合格圏内にいた生徒が失敗する、と言う事も発生します。
理由としましては、下記の3点が考えられます。
①模試の時期について
例えば10月に模試を受けたなら、それは10月時点での合格可能性であり、1月入試に向けての子ども達の「伸びしろ」は含まれておりません。入試直前の1日は、春ごろの1週間にも相当するとも言われます。今から覚えた知識は、概ね、入試まで忘れる事なく、持っていく事が出来るからです。志望校の合格圏まであまりにも距離があるなら、志望校を考え直す必要もあるかも知れません。しかし、もう少しで手が届きそうなのなら、現在、合格可能性が合格圏内に達していなくても、これからの追い込みで合格を手にすることも不可能ではありません。逆に、合格圏にいるからと言って安心して勉強の手を抜くと、得点力は伸びが鈍化します。他の生徒達が頑張って得点力を伸ばしている分、模試の受験生の中での自分の位置を表す「偏差値」が下がってしまう場合があります。
②模試の問題内容について
模試は数多くの中学入試問題を分析して、一般的な頻出問題が出題されます。一方、各中学には独自の出題傾向があります。「○○中学模試」と銘打った模試なら○○中学の出題傾向に沿って出題されますが、一般的な模試でお子さまの志望校の入試傾向を加味してくれるわけではありません。このため、模試の結果と入試結果の微妙な差異が生じます。「模試で合格圏に入れなかったから諦めよう」ではなく、どのようにすれば合格に近づけるかを考えてみましょう。
合格に向けては、まず志望校の出題傾向をしっかりと把握しましょう。志望校の過去問題集は解いて理解するだけでなく、できれば携帯して、休憩時間や塾の行き帰りなど、少しの時間がある時に何度も見直して徹底的に頭に叩き込みましょう。また、時間に余裕があれば、志望校と地域的に近く、難易度が近い中学の過去問題集も購入して積極的に解いてみる事をお勧めします。「受かる生徒」の共通点は、入試直前のこの時期、塾から与えられるのを待っているのではなく、自分で積極的に入試問題に取り組んでいるという事です。
③苦手単元克服に使おう
模試は間違えた所をやり直す、と言う事が定番ですが、入試直前のこの時期、やり直す箇所を選びましょう。模試によっては、非常に難しい問題が出題される場合があります。超難関校を目指している場合は、全てできるようになる事が必要でしょうが、そうではない場合は、何が何でも全ての問題をやり直す必要はありません。やり直しをする一つの目安は、模試の「問題別正答率」です。全受験生の正答率が50%を超えているのに出来ていない場合、入試で同様の問題が出題されて得点できなければ非常に不利になります。限られた入試の制限時間では、難問をどれだけ解けるかよりも標準的な問題を確実に得点するほうが重要です。「みんなが出来る問題は確実に出来るようになっておこう」これは入試で「差をつけられない」ためのコツです。

模試を上手に利用して、合格を勝ち取っていただければと思います。判断に迷う場合は、お通いの塾の先生に相談されると良いでしょう。

次回は10月26日(金)に、「中学受験にむけて、お母様、お父様に直前期に気をつけていただきたい事」についてお話したいと思います。

<お知らせ>
①京進からのお知らせ
京進HP

②さらに広く学習相談を受け付けるため、学習相談専用のフリーダイヤルを開設しました。
京進これから研究所内「江川先生の学習相談ダイヤル」:0120-770-878
5月8日(火)スタート
すでにお子様の学習相談や受験についてのご相談電話を多数いただいております。
電話受け付け:祝日を除く、火・金の13:00~18:00
お子様の勉強についてお気軽にご相談いただければと思います。

(京進これから研究所とは?)
京進これから研究所では、将来にわたって生徒さんに役立つ何かを提供できるように教育企業としてできることを日々研究しています。新規事業の種(シーズ)の収集や新商品の開発、教育指導方法、生徒さんのやる気向上の問題などを研究しております






この記事を書いたプロ

株式会社京進 [ホームページ]

塾講師 江川伸二

京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL:0120-55-2979

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
江川 伸二(えがわ しんじ)さん

受験などのさまざまな教育への悩みに個別にアドバイス、解決方法を提案(1/3)

 「わが子の教育」。これは子を持つ親なら誰もが最も関心を抱く分野の一つと言えるのではないでしょうか? 現在、京都府では中高一貫教育を取り入れる公立の学校が増加し、また、小学校受験もますます熱を帯びるなど、教育をめぐる状況に大きな変化が訪れて...

江川伸二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社京進
住所 : 京都府京都市下京区烏丸通五条下る大阪町382-1 [地図]
TEL : 0120-55-2979

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
子どもの意欲を大切に

前回、このコラムで、「効果的に塾に通うためには、目標を持とう」というお話をさせていただきました。今回は、...

お悩み相談

先日、弊社に通っている小学5年生の生徒のお母様から、こんな質問を受けました。「子どもは、お宅の教室が大好き...

忘却を防ぐには

前回のコラムで、「塾で習った事を忘れてしまう」というお悩みを紹介させていただきました。本日は、具体的な忘...

夏の学習計画を立てよう!

もうすぐ、夏休みが始まります。『夏休みに入ると、あそんでばかりで家では中々勉強をしない』『夏休み終了直前...

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、「家の手伝い」についてお話したいと思います...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ