コラム

 公開日: 2011-05-18  最終更新日: 2014-03-19

空調節電に悩む工場・商店・飲食店は

夏場の電力不足を懸念する連日のニュースに、
どうしたらいいんだろうと不安になってしまいますね。

エアコンの冷房運転の影響力も相当だと思います。
そこを使用頻度別でみると節電対策はさまざまです。

例えば、使用頻度が低いタイプ。
このタイプは個人ユーザーに多いでしょう。
ご家庭のエアコンであればエコ運転してみたり、
節約意識を心がければ、節電対策できるでしょう。

一方、私が一番心配なのは使用頻度の高いタイプ。
工場や商業店舗・飲食店などでは冷房運転しなければ、
悪影響が出る可能性が大いにございます。

事務所などであれば、クールビズを推進し、
節電に少しでも貢献できるかもしれません。

しかし、酷暑の工場や作業場で働く人たちや、快適さなし
では商売できない店舗や飲食店で働く人たちにとって、
空調運転を抑えることはなかなか難しいと思います。

このような場合、
お考え頂くべき節電対策は下記の通りです。

◎設置後10年以上経過ならば、省エネ機種への早期更新

◎空調設備に余計な電力負荷がかかっていないか、
 専門業者による点検確認と改善策の実施

◎空調効率を上げるための
 遮熱・遮光・換気の措置と発熱の抑制

ここでは簡単に書きましたが、
具体的な話になると方法は結構あります。

節電に悩んでいる工場・商店・飲食店の皆さん、
私の会社が相談にのりますので、
できることを一緒に考えましょう。


◆◆おこしやす!㈱京都設備のHPへ◆◆
http://www.kyoto-setsubi.co.jp/

◆◆エアコンの節電効果を上げる方法◆◆
http://saisei.mbp-japan.com/saisei40.html

この記事を書いたプロ

株式会社京都設備 [ホームページ]

管工事施工管理技士 倉本和幸

京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL:075-661-1155

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社京都設備の倉本和幸さん

「冷熱」「暖熱」「情熱」の3つの熱で、空調やエアコンのメンテナンス需要に対応(1/3)

 1961年の創業以来、京都府内を中心に業務用空調設備工事、ルームエアコンの販売・取り付け、冷凍冷蔵設備工事、修理・保守点検などの空調に関する業務全般を手掛けている株式会社京都設備。大手空調機メーカーのホームページで販売店として紹介されるな...

倉本和幸プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

京都で空調のないつらさをわかってきたからできることがある!

会社名 : 株式会社京都設備
住所 : 京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL : 075-661-1155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-661-1155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フロン排出抑制法対策が一般住宅でも必要なケース

 お住まいの間取りを要チェック フロン排出抑制法は、業務用冷凍空調機器を対象としたものです。ユーザーの...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

フロン排出抑制法が禁止するエアコン不具合時の対処

 エアコンの効き具合にガス圧力の影響も 暑さが身にこたえる時期に入り、エアコンを使い始める人達が増えます...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

業務用冷凍空調機器ユーザーがフロン排出抑制法で負うべき義務

 法律の認知度は低いが、義務の把握は急務 平成27年4月1日より「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

既存のまま店舗空調の効果を向上させる方法

 エアコン増設で改善をはかる判断が間違いの場合も 既存空調の効きの悪さに不満を感じている店舗から、ご相...

[ 空調省エネの疑問、一答涼暖! ]

エアコン故障に素早い対応を促す連絡術

 症状の的確な連絡がサービス対応のスピードを早める エアコンに故障の疑いがあるとき、製造メーカーのサー...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ