コラム

2011-09-21

仕事への意気込み②~空気を創る~

前回コラムに引き続き、仕事への意気込みシリーズ! 
第2回は~空気を創る~

空気を演出していく考え方には、
空気条件をいろいろイメージできカタチにすることがとても大事。
「創る」と表現するのは、イメージに対するこだわりがあるからだ。

ここでいうイメージとは、
顧客の要望の正確な理解とそれを可能にする技術の選択の融合である。
選択する技術には大きく2つある。

まずは「証(あかし)の技術」。
弊社の長年に渡る経験と実績は、お客様から支持されてきた証だ。
だから、あらゆる現場で期待に応えるべく磨き続けてきた技術も数多いことは言うまでもない。
どういう空気環境が提供できるかを考え抜き、その結果をカタチにする。
それは証として守ってきた技術をうまく活用できてこその話である。

そして「変革の技術」。
時代は刻々と変化し、エネルギー問題も震災の影響で日々深刻化。
節電関連商品も多数出てきており、既存技術での対応では限界を感じることもある。
そこで、空調設備分野にとらわれず、幅広い分野にアンテナをはり積極的な情報収集。
空調とのおもしろいコラボレーションが期待できる技術やモノに挑戦し探求する。
もしくは全く新しいものをプロデュースできるようにする。
これら全てのカギは、私を含めた社員の3つの「かん」だ。

3つの「かん」とは~感・貫・歓~
「感」性を研ぎ澄ませば、時代を「貫」き通せる技術を養える。それが顧客の「歓」びを呼ぶ。
これら3つの「かん」を胸に、冒険していかなければならない技術にも目を向けている。

「証と変革の技術」あってこそ、
これからのおもしろい「空気創り」ができると意気込み、情熱を注ぐ毎日や!


おこしやす!㈱京都設備のHPへ

この記事を書いたプロ

株式会社京都設備 [ホームページ]

管工事施工管理技士 倉本和幸

京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL:075-661-1155

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社京都設備の倉本和幸さん

「冷熱」「暖熱」「情熱」の3つの熱で、空調やエアコンのメンテナンス需要に対応(1/3)

 1961年の創業以来、京都府内を中心に業務用空調設備工事、ルームエアコンの販売・取り付け、冷凍冷蔵設備工事、修理・保守点検などの空調に関する業務全般を手掛けている株式会社京都設備。大手空調機メーカーのホームページで販売店として紹介されるな...

倉本和幸プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

京都で空調のないつらさをわかってきたからできることがある!

会社名 : 株式会社京都設備
住所 : 京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL : 075-661-1155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-661-1155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フロン排出抑制法対策が一般住宅でも必要なケース

 お住まいの間取りを要チェック フロン排出抑制法は、業務用冷凍空調機器を対象としたものです。ユーザーの...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

フロン排出抑制法が禁止するエアコン不具合時の対処

 エアコンの効き具合にガス圧力の影響も 暑さが身にこたえる時期に入り、エアコンを使い始める人達が増えます...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

業務用冷凍空調機器ユーザーがフロン排出抑制法で負うべき義務

 法律の認知度は低いが、義務の把握は急務 平成27年4月1日より「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

既存のまま店舗空調の効果を向上させる方法

 エアコン増設で改善をはかる判断が間違いの場合も 既存空調の効きの悪さに不満を感じている店舗から、ご相...

[ 空調省エネの疑問、一答涼暖! ]

エアコン故障に素早い対応を促す連絡術

 症状の的確な連絡がサービス対応のスピードを早める エアコンに故障の疑いがあるとき、製造メーカーのサー...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ