コラム

2011-12-19

エアコンを区別するペアとマルチとは

エアコンは室外機の設置方法や形状によって区別することもありますが、
室外機と室外機の組合せによって区別することがあります。
その区別するタイプは、ペアとマルチ。

ペアタイプは、その名の通り1対1。
即ち、室外機1台に対して室内機1台の組合せとなるタイプで、
標準一般的なものです。
ウチの会社では、このタイプのエアコン工事をよくやっております。

次にマルチタイプですが、
室外機1台に対して室内機を複数台組み合わせることが可能なタイプ。
個別に空調したいところがたくさんあるけれども、
室外機の設置スペースがあまりないというところにはピッタリ。

例えば、大きなビルを想像してもらえればわかると思いますが、
ビルのフロアごとの個別空間にエアコンがたくさんついているにもかかわらず、
室外機がそんなに多く見当たらない。
しかし、屋上にいくと室外機が限られたスペースにコンパクトに設置されている。
まさにマルチタイプがピッタリくるところです。
だから、ビル用マルチとしてエアコンの商品ラインナップにもあります。

しかし、大規模施設のところであればいいのですが、
中小規模のところはどうすればいいのかというご相談を受けることがあります。
それが室外機の設置スペースの問題であれば、答えも八ッキリしてきます。
ただ使用勝手の問題となると、ペアとマルチのタイプそれぞれに一長一短があり、
なかなか難しいところが正直ございます。

そこで、大規模よりはむしろ中小規模の空調設備を得意とするウチの会社が、
エアコンのペアとマルチの選択で大切にしているポイントを次回で述べたいと思います。

おこしやす!㈱京都設備のHPへ

この記事を書いたプロ

株式会社京都設備 [ホームページ]

管工事施工管理技士 倉本和幸

京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL:075-661-1155

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社京都設備の倉本和幸さん

「冷熱」「暖熱」「情熱」の3つの熱で、空調やエアコンのメンテナンス需要に対応(1/3)

 1961年の創業以来、京都府内を中心に業務用空調設備工事、ルームエアコンの販売・取り付け、冷凍冷蔵設備工事、修理・保守点検などの空調に関する業務全般を手掛けている株式会社京都設備。大手空調機メーカーのホームページで販売店として紹介されるな...

倉本和幸プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

京都で空調のないつらさをわかってきたからできることがある!

会社名 : 株式会社京都設備
住所 : 京都府京都市南区上鳥羽菅田町39 [地図]
TEL : 075-661-1155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-661-1155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
フロン排出抑制法対策が一般住宅でも必要なケース

 お住まいの間取りを要チェック フロン排出抑制法は、業務用冷凍空調機器を対象としたものです。ユーザーの...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

フロン排出抑制法が禁止するエアコン不具合時の対処

 エアコンの効き具合にガス圧力の影響も 暑さが身にこたえる時期に入り、エアコンを使い始める人達が増えます...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

業務用冷凍空調機器ユーザーがフロン排出抑制法で負うべき義務

 法律の認知度は低いが、義務の把握は急務 平成27年4月1日より「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

既存のまま店舗空調の効果を向上させる方法

 エアコン増設で改善をはかる判断が間違いの場合も 既存空調の効きの悪さに不満を感じている店舗から、ご相...

[ 空調省エネの疑問、一答涼暖! ]

エアコン故障に素早い対応を促す連絡術

 症状の的確な連絡がサービス対応のスピードを早める エアコンに故障の疑いがあるとき、製造メーカーのサー...

[ 空調メンテの疑問、一答涼暖! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ