コラム

 公開日: 2014-03-06 

イジメ・虐待対策への間違った認識と取り組み方

イジメや虐待の対策で、皆さん根本的に勘違いしてらっしゃるように思います。

というのも、どうしたらなくせるかと議論するのでも
○○する(やめさせる)とか、○○しないとか
全部自分の思いが優先なんですね。
そこには肝心の、イジメや虐待を受けてる人の思いはないんです。

イジメや虐待を受けてる人は、何を望んでるんでしょうか?
何を望んでると思いますか?

その一番肝心な部分は無視して、皆自分の思いばっかりです。

違うんです。
イジメや虐待を受けてる人の声に、まず耳を傾けるんです。
本人の声も聴いてない自分の思いなんて、単なる自己満足ですし
大きなお世話やお節介でしかありません。

心の悩みだってそうじゃないですか?
心理カウンセラーの私が悩みを聞いてあげますからといって
毎日毎日自宅に押しかけて来たり
細かい事を根掘り葉掘り聞いて来られたらどう思いますか?
鬱陶しくて仕方ありませんよ。
いい迷惑です。

本当にどうにかしたい、力になってあげたいと思うなら
自分がどうしたいかではなく、相手の声に耳を傾ける事。
自己満足での解決なんてあり得ません。
自己満足が問題解決に繋がるなら、そもそも悩みや問題にはなってないはずですから。

そして同じように必要なのが
イジメや虐待をしている人の声にも耳を傾ける事。

悩みや問題というのは、どちらか一方だけが努力や改善をして
解決に繋がるという事はありません。
必ず双方向の努力が必要になるんですね。

だからこそ両方の声に耳を傾けないと
イジメや虐待を受けてるからといって、その一方だけに肩入れしてしまうと
結局は相手を敵に回すだけですから
何の解決にもならないか、もっと問題がこじれるだけになります。

第三者が介入して議論を尽くす事は大事ですが
ただ単に両者の関係の中に第三者の思いを投入したところで
肝心の当事者同士の思いが反映されないと
勝手に争いに参加して来ただけの邪魔者になるんですね。

例えばある国家間の戦争に、第三国が軍需目的で参入し
武器や物資の支援をしてるようなものです。

そこには何が、どんな思いがあるでしょうか?
早く戦争を終わらせたいという思いがあったとしても
一緒になって戦争に加担してる事に変わりはありません。

イジメとは何か?虐待とは何か?その本質を理解する事。
そしてどうするこうするよりも、まずは両者の声に耳を傾ける必要があります。
それからどうしていけばいいかを考えるんですね。
ここを皆さん勘違いされてるように、私は思います。



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

弱者の心理学 ~ルールという己の正義(正義感)と感情論~

ルールというのは単に決まり事だけではなく弱い者が自分を守るための盾、すなわち心の拠り所になるものだと言え...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

幸せに気づく、幸せを築く、『家庭入り女子』

女優の堀北さんが芸能界から引退して家庭入りされたようにかつては山口百恵さんや、他にもテレビ東京の紺野アナ...

[ 恋愛・結婚生活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ