コラム

 公開日: 2014-05-27 

自分の意見を主張するのが怖い人

自己主張が強すぎるという意味ではなくて
自分の意見を述べるというのは非常に大事なことです。
何でも遠慮してとか、傷つくのが嫌だからと
意見するのを控えていると
あらゆる面で損する人生を歩んでしまいます。

損するとは、ストレスや悩みを抱えて苦しむという事です。

わざわざ出しゃばって、何にでも口を挟む必要はないですが
人に自分の思いを伝えたり、考えを述べる事は必要です。

でないと人は、あなたが何を考えてるのかもわかりませんし
どんな人物なのかもわかりません。
どう対応していいかもわからないんです。
あなた自身も、思った事を心の中に抱えたままでは
ストレスになってしまいますからね。

そこまで難しく考えなくても
意見を述べる事に遠慮する必要は全くありません。

もし何か反論されたり否定されたりして
傷つくのが嫌だから、波風立てるのが嫌だから
という理由で自分の意見をあまり言わないのだとしたら
それはぜひ考え方を変えていただきたい。

そうやって自分を守りに入るんじゃなく
意見をしないと何も進展しないからです。
自分の考えはもちろん、相手の考えもわかりません。
お互いに意見をして、会話を通じて真の交流が生まれるのです。
傷つくのを恐れて自分を守っていてはいけません。

意見というのは相手を否定する事ではなく
自分の価値観の表現手段に過ぎないんですから。
それは本来、誰かに評価されたり善悪を判断されるものではないんです。

ここを間違えて、それは違うだろと相手を責めるような接し方をするから
その衝突を恐れて、人は交流を避けてしまうんですね。
誰でも傷つきたくないですし、波風立てずに穏やかに生きたいですから。

そこを取り違えずに、お互いの価値観をまずは認め合えるような
その上でお互いの意見を話せる交流が出来るなら
自分の思った事や、言いたい事も言わずに心の中に閉まっておくなんて事は
何の意味もなく無価値であるという事がわかるでしょう。

ですが最初にも言ったとおり
しっかりTPOも考慮して、時には人を選んで話さないといけない場合もあります。
何でも隠さずに自分をさらけ出す必要はないですし
基本的な交流の出来ない人に話しても
やはり自分が傷つくだけですからね。

そもそも意見をするという事は(自分の話をするという事でもそうですが)
自分を知るという事と、自分の見識を広めるという事であり
自分を知り、見識を広めると、柔軟な考えが身に付くのです。
また、相手の意見を聞く事でも見識は広まります。

相手がどういう考えを持ってるのか
そして自分とはどう考えが違うのか
ここを知るというのは、人との関わりの中でも
そしてまた人が生きていく上でも非常に大事なことなんです。
そうすると結局は
悩みに悩まされない生き方が出来るという事に繋がるんですね。

傷つくのを恐れて自分を出さないようにするよりも
最初は傷つくかもしれないけど
少しずつでも自分を出していく方が
人生を堂々と、遠慮せずに生きられるのかもしれませんね。

ぜひ柔軟な考えを身に付けて
悩みに悩まされない人生を歩んでいただきたいものです。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

情報過敏や人工知能の言いなりになる、“アプリ人間”からの脱却

私思いますが、去年の申年は何だか世間的にバタバタして騒がしかったですから今年はゆっくりと過ごしたいと思っ...

[ 生き方を学ぶ ]

阪神大震災を経験しても、京都の防災意識は危機的な低さに

22年前の今日、1995年の1月17日は、阪神大震災の発生した日でした。関東大震災以来の現代において、未だかつて...

[ 生き方を学ぶ ]

トランプさんから学ぶ、なるほどプレジデントの意味が2つある理由

あまり話題にしたくありません。話題にしたくありませんが、米大統領のトランプさんって大統領というよりどこ...

[ 時事・世事世相・所感 ]

新年の抱負がない人にオススメ!デキる人間の時間管理術 ~常に何をするかを即座に考えて行動する~

せっかく年が明けたのですから、今年はキビキビ動く、キビキビ行動するように心がけ極めて時間を有効に活用して...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ