コラム

 公開日: 2014-06-10 

なぜ怒られるのかわかってない人がしている、普段の態度

学校や職場など、どんなシーンにおいても相手が誰であろうとそうですが
人に何か物を教えてもらってるのに
何をブツクサ途中で喋る事があるのでしょうか?

人に何か教えてもらってる時は、疑問があっても最後まで黙って聴くものです。
相手の話を途中で奪ったり口を挟むような聞き方をしてるから
(つまり“聴く”という事が出来てないから)
相手の言ってる事の本質をいつまでも理解出来ずに
何回も同じ事を言われなきゃならないんです。

そもそも相手の話をしっかり聴かないで
どうやってまともな質問をする事が出来るのでしょうか?

人の話は最後まで聴いてこそ
その内容に対して的を射た質問をする事が出来るんですね。
人の話を途中で遮っていては
何を質問していいのか、質問する内容すらわからないはずですよ。

そんな途中でするような質問は
自分が安心したいだけの、自己満足の質問なんですね。
ゴチャゴチャ言われるのが嫌なんです。
言われなくてもわかってるような事は聞きたくないんです。

自分ではわかってるつもりでも
客観的に見て自分では気づいてないような事を教えてもらってるんだから
過剰に相槌してみたり、ちゃんとわかってますよアピールか何か知りませんけど
わざわざそんな事を主張する必要はありません。
むしろ黙って最後までしっかりと聴くべきです。

そうでないと自分のためになりませんし
果ては相手との信頼関係にも影響するのですから。

もちろん時と場合にもよりますけどね。
その辺は柔軟に対応していただければと思います。

いずれにしても人の話に
ハイハイこういう事ですねなんて途中で口を挟むのは
相手にとってはバカにされてる行為でしかありません。

人にせっかく教えてもらってるのに
そのような態度ではもう教えてやるもんかと
普段の接し方やコミュニケーションにも影響してしまいますよ。

私はコミュニケーションの本質は“態度”であると言ってますが
普段自分のしている態度を振り返ってみてください。
相手を不愉快にさせるような態度を取ってないでしょうか?

人に物を教えてもらってる時は下手に話を遮らないで
途中で質問があっても慎むように心がけてみましょう。

話は最後までしっかり聴いてから
それから何を質問すればいいかとか
そこからようやく考える事が出来るんですね。

心理カウンセリングがまず聴く事(傾聴)を重視してのは
まさにこの原理に則ってるからであります。

まずもって何か人に教えてもらおうと思ったら
本来はお金がかかるわけです。
タダで教えてもらおうだなんて虫が良すぎます。

それをタダで教えてもらってるんですから
例え怒られてるにしても感謝するべきなんです。

そりゃもちろん言い方とかはありますけど
相手に物を教わってるんですから
本来はこっちがお金を出さないといけないんです。
これが仕事上の話だと、お金を出すどころかお金をもらってるんですよ?
お金を頂いて物まで教わってるんです。
贅沢な話ですよほんとに。

怒ってもらえもしなければ
自分のどこが至らないのか知る由もないですからね。

最後は説教じみてしまいましたが
まずは聴く態度で、相手の話を最後まできちっと聴いてみてください。

そうすれば相手が何を言ってるのか
自分が何を質問していいのか、どんな質問をすればいいのかも見えて来るでしょう。

最後まで聴いてもわからない事が多いんですから
最後まで聴かずにわかる話や質問出来る事なんてない事を知り
ぜひ普段の態度を改めてみてはいかがでしょうか。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ