コラム

 公開日: 2014-07-17 

フラットに考える訓練法

どうも自分は悩みやすいという方は
物事をフラットに考える能力というのか
そういう訓練をするのは必要だと思います。

つまり私がいつも言ってる
生き方を学ぶ訓練ですね。

学ぶ=勉強=テストに合格するものというように考えてると
何だかわずらわしい、難しいと思われるかもしれませんが
生き方を学ぶとは学力の向上ではありません。
そして生涯学習ともまた少し違ったものです。

年齢や性別に関わらず
どんな時でも、どんな事からも
学ぶ姿勢って大切だと思います。

子育てなら子供から教わる事も沢山ありますし
学校に通えばもちろん学べる事は沢山あるでしょう。
社会へ出てからも、これで学びが終わったなんて事はありません。
むしろもっと学べる事は増えてきます。
定年退職でもすれば、そこからの人生をどう生きるのか
人間死ぬまで学びの連続なんです。
たかが100年ぽっち生きたところで、全てを学び尽くすという事はありません。

生き方を学ぶとは、学問のように専門分野に分類されるものではないんです。
生きている事がすでに学びであり
学ぶのをやめた人、諦めた人、学ぶ姿勢のない人は
やはり悩みの中に囚われた人生を送ってらっしゃいます。

このように書いてても、ただ字面を読んでるだけで
自分に関心ない事として見ていては何のためにもなりません。

学ぶ学ぶと言っても
あまりに広域すぎて何から何をどう学べばいいのかわかりません。

しかしそれは、やはりどこか学ぶという事を
受験勉強のように考えてるからかもしれませんね。

生き方を学ぶとは、学習するというよりも
訓練するもの、訓練して鍛えられるものと考えていいでしょう。
学習したところでそれを活かせなければ
本当の意味での学んだとは言えないのです。

これは何もメンタルトレーニングといった
特定の分野に限ったものではなく
人の営み全てに通じるものなんですね。

自分の考え方のクセを知り
これまでの偏った考え方からフラットに考える訓練をするんです。
悩みの渦中にいるときは
いかに自分を中心とした考え方から客観的な立場で考えられるか。
このように考えられる訓練をするんですね。
そうすれば悩みに立ち向かっていけるようになるんです。

何でこんなに悩み苦しまなければならないんだと
何の手も打たずに一人で悩んでるだけでは
そこから良くなっていくはずはありません。
苦しみから脱したいと思うなら
やはり自分から何か手を打っていかなければなりません。
いつまでも傍観してるだけだから何も良くならないのです。

犯罪被害だってそうです。
被害に遭ってるのに何もしなければ
相手の良いように好き勝手されるだけです。
もし被害に遭ってるならやられたい放題でほったらかしにしますか?
何か手を打つでしょ?

それと同じです。

悩みでもほったらかしにしてて解決するなんて事はないんです。
手を打ってこそようやく解決へと繋がっていくんですね。

学びに終わりはありません。
あなたが自分で勝手にやめたときが終わりなんです。
そして学びと悩みは紙一重だという事も憶えておいてください。
目標達成や解決に向けて積極的に取り組むのが学び。
ただ頭を抱えて考え込むだけなのが悩みです。

学びはあなたが思うときにいつだって再開できます。
その意識を持つ事が、まずは生き方を学び始める最初の一歩であります。

あとは何からどう学んでいくか。
学ぶ姿勢があれば、段々と物の見方や視野が広まってきますから
自然に悩みや問題とも向き合えるようになってくるんですね。

まず何を学べばいいのかわからなければ
私の言ってる事でもこのコラムでもよく読み直してみてください。
日常の生活に目を向けて、今までとは全然違った
フラットな視点で〝なぜか?〟を考えてみてください。

考える力を身に付けるのです。

もし考える力が弱っていて何も考えられないなら
それこそ自分一人で考えようとするんじゃなく
生き方を学ぶために行動してみてください。

ダメだと諦めたらそこが終わりなんですよ。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

心理カウンセリングによくある、対応に困るお問い合わせ

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよ...

[ 心理カウンセリングについて ]

加齢が原因ではない?高齢者ドライバーによる交通事故対策

私は近年増加している高齢者ドライバーによる交通事故に関して加齢による認知機能の衰えというより慢性的な疲...

[ 世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ