コラム

 公開日: 2014-10-02 

心の正体―その2 『心豊かな人生とは』~感性を研ぎ澄ませば心が磨かれる~

私たち人間には感覚があります。

痛みや痛覚、苦い辛いといった味覚、触覚なんかもそうですし
恐怖や悲しみ、嬉しさなどの感情も含め、様々な感覚がありますが
このように何かを感じる能力が感覚であり、私たちは他者の感覚に共感する事が出来ます。

例えば誰かが病気で苦しんでたら
自分は病気じゃなくても、病気の苦しみというものがどういうものかはわかりますから
その苦しさや辛さといったものを、自分の事のように感じる事が出来るんですね。

つまり、自分に感覚があるからこそ、他人の感覚にも共感出来るのであって
まずもって自分に感覚がなければ、相手が何をどう感じてるのかもわかりませんし
その感覚をわかろうともしないでしょう。

つまりそこには心がないという事。

そして他人の感覚を感じるとは、まさに理解する事そのものではないでしょうか。

だからこそ共感の思いで接する(他人の感覚を感じてする)行為が
それぞれの感覚によって優しいと感じたり鬱陶しく感じたり、恐怖に感じたりする。
それが嬉しいと感じたり何でそんな事するんだと嫌悪したりするわけで
ここに心というものが生まれるのではないでしょうか。

機械や空間に意識はあっても、なぜ心はないのかと言うと
自分という感覚がないから。

何か他の痛みや苦しみもわからないから(感じられないから)
例えば機械に生き物を殺傷するよう(あるいは物を破壊するよう)プログラムされたら
何も考える事なく無慈悲にそのプログラムを実行するのです。
もし感覚があれば正気の沙汰ではありません。

そしたら意識ではなく、何が心を心たらしめてるのかと言うと
ここまでが自分であるという感覚。(感覚が及んでいる範囲)
この感覚こそが心ではないかと私は思うんですね。

ですから他の動物や自分という感覚のあるものは心があると言えます。
ただ自己を認識出来る程の感覚だったり、人間ほど感じ取る能力(共感力など)がないか
あっても共通のコミュニケーションや意思疎通が出来ないので(つまり理解出来ないので)
(人間のような)心がないと思ってるだけです。

よくあの人は心ない人だなんて言いますが、この心ないとは理解がないという事であり
自分という意識はあっても理解がないから、その人に心がないように感じるんですね。

人の事をよく理解しようとする人やそれが出来る人ほど
そして自分の感性(感覚)が豊かであれば豊かである人ほど
心が豊かなはずですし、心豊かな人であると言えます。

何不自由なく、何の苦労も知らない人間は、決して他人の苦労はわかりません。
それは、自分に苦労という感覚がないから。
苦労という感覚がどういうものかを知らないから。

だから私は、先ず何より理解する事が大事なんだといつも言ってるのです。
例えわからなくても、出来る出来ないではなく、理解しようとする努力ですね。
自分の感性を磨けば磨くほど他人を理解出来ますし、自分の心も豊かになります。

心の問題やイザコザが生じるのも
この部分(理解があるかないか。またはどれだけあるかないか)が大いに占めてるわけで
相手を変えようと思っても変わらないのはこのためであり(相手の感覚次第)
例え相手が変わっても、自分の心は決して豊かにはならないのです。

だから私たちは、例え自分の心であっても
自分として感覚のないものや感じられないものは、コントロールする事など出来ません。
ただ周りの、自然の法則(意識)に流されるだけ。

ですから自分の感性(感覚)を広げてやると
それに比例して心も広くなるというわけですね。

さて、今回も長くなりましたので
次回は感覚が及ぼす影響についてと、まとめのお話をしたいと思います。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

太平洋戦争開戦75年 ~歴史は私たちに何を問いかけ、歴史から何を学ぶか~

真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦から75年が経ちました。激動の時代を経て、現在の比較的穏やかな日本の情勢に至...

[ 時事・世事世相・所感 ]

接客業・サービス業関係者必見!お客様に気に入られる店舗作り ~苦情に対する意識改革~

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

蔓延する薬物汚染問題 ~心を蝕む幻覚、幻聴の恐怖と、社会的信用の失墜~

大麻や覚せい剤などの禁止薬物に関する問題は昔からあったものの近年は一般人や若者の間でも広く蔓延している実...

[ 時事・世事世相・所感 ]

待機児童の次は、“待機老人”問題が大きな社会問題に

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ