コラム

 公開日: 2010-10-09 

男女間の交際に見る、トラブル発生の問題点


これは全てにおいて当てはまるものではありません。
ご自身で心当たりがあれば参考にしていただいて
心当たりがなければお気になさらずにどうぞ。

男女の交際で起こるトラブルとして
DVやストーカーの被害に遭うといった事件があります。
なぜこういう事が起こるのかは、一概には言えませんが
私が今までいろいろと見てきて感じる事があります。

例えば女性が男性に別れ話を持ち出した際
それから男性の態度が急変した、といった話しがありますよね。
この例で見てみても、交際において
女性は何かと一方的なんです。

この、一方的だという事を意識してみてください。

実際に交際を始めて、やっぱりこの人じゃない
と相手を選別するのも一方的ですし
私はこんなにあなたが好きなのに、愛してるのに
こんなに尽くしてるのに、期待してるのとは違う
と、自分の一方的な想いを相手に求めるのもそうです。

これは何も、一方的な事が悪いという話しではありません。

ではこれの、どこが問題になってるのか?
という点を見てみましょう。

例えば先程の例で、女性が男性に別れ話を持ち出した際
それが余りにも一方的だと
男性は何が起こったのかわからず
別れる事の意味が理解出来ません。
男性には何か、納得の出来る説明が必要なんです。
こういった話しを突然切り出すのは非常に不味い(危険)なんですね。

それを知らずして強引に、一方的に事を進めると
心理的落ち度というのは女性にありますから
男性が心理的な面で優位に立ってしまうのは当然です。
(俺は悪くない、相手が悪いんだ!というような心理状態です)
そうすると、程度は様々ですが
少し強い態度に、DVになったりするんですね。

もしそれまでの、男性のDVが原因で別れたいとしても
その事を説明して納得させなければなりません。
それで女性側の心理的優位が保たれるわけですから
ある程度その男性を、感情面でコントロール出来るんですね。
被害も抑えられるというわけです。

この別れ話の件で、DVの被害に遭う事もなく
男性側があっさりと別れを承諾したとしても
女性は、やっぱりその程度だったんだ。
その程度でしか私を見てなかったのね
愛してなかったのね
と、これもやはり一方的に思い込んでしまいます。

何に関しても一方的な事が
男性とのトラブルを生む一因になってるのではないか?
と、私は今までを見てきて感じてます。

この話しは、男性と女性が逆の場合でも同じ事が言えるんですが
一方的という傾向が、女性には強くあるんじゃないかと
そう見えてきたんですね。

男性は、より社会性の生き物ですから
何でもその関係を、突然絶ったりするという事はありません。
何とかどういう形でも、留め置こうとする傾向にあるんです。
ですから男性に浮気が多いと感じるのも
こういった傾向にあるからなんですね。

女性は見切りをつけたらそれで終わりですが(後腐れない、一方的)
男性は、とりあえず関係は保っておくというわけです。(未練がましい、関係の多岐)


さて、これまでの話しは
全て私が見てきた傾向で
全部が全部そうだという事ではありません。
どちらが悪いという話しでもありません。
もちろんカウンセリングではそういった見方はしませんし
カウンセリングとは全然別の話しだと思っておいてくださいね。

ただし、こういった男女間のトラブルに関する事も
心理カウンセリングでは取り扱ってますので
もっと詳しく聞きたい方や、実際にお悩みの方
どうしていいのかお困りの方は
どうぞ遠慮なくご相談くださいね。

今回のような話しではなく
あなただけにあったお話しでカウンセリングさせていただきます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

わかってもらえたという気持がうれしかったです。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

F・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

電動アシスト機能の代替として、ソーラーパワーによる自転車の普及を提案

一昔前はしんどい思いをしてペダルを漕いでた自転車ですが近年は電動アシスト自転車が普及し、坂道やお子様を乗...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

個人主義や個人思想がより問題を深刻化させる ~悩みや問題は集団の中でこそ発生する~

現代は何でも個人個人といって個人主義の時代ですが個人と言っても私たち一人ひとりはグループでしかありません...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

なぜ眠りが浅くなるの?「眠れないシニア」と疲労感の関係 ~若い人の睡眠とご年配の睡眠の質の違い~

「睡眠負債」という言葉をよく耳にするようになりましたが若い頃はいつまでも寝られていたのに、年を取ってから...

[ 健康・美容・ダイエット ]

日産の不正問題から学び、考える力を養う ~人はいとも簡単にイメージに翻弄される~

日産自動車に不正があって問題になってますが過去に起きた東京佐川急便事件では、同じように佐川急便の企業イメ...

[ 時事・世事世相・所感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ