コラム

 公開日: 2014-12-30 

北朝鮮を題材にした米パロディー映画制作に見る、問題発生の経緯とその縮図

北朝鮮トップの暗殺を題材にした米国のパロディー映画が
物議を醸し出して話題になってます。

どういう意図で制作したのかはわかりませんけど
正直幼稚で浅はか過ぎてお話になりません。
何でこんな話題で騒動になってるんでしょうか。

しかも国を巻き込んでの大騒動ですよ。

そんな事でサイバー攻撃までしなければならない大ごとにする
北朝鮮も北朝鮮ですが
やっぱり相手にケンカを売るような行為に及んだ
米国側の映画製作関係者に非があるように思いますね。

米国世論も米国世論ですよ。
何が表現の自由ですか、何が我々はテロに屈しないでしょうか?

屈するも何も、自国の映画制作会社が恥ずべき行為に及んでるのに
それを非難するどころか擁護してるんですから
全く自分の事は見えてないとはまさにこの事ですね。

そんなの国とかテロとか関係なく、例えパロディーであっても
誰が自分の暗殺を題材にされて気分の良い人がいるでしょうか。
気心知れてて冗談の通じるような間柄ならまだしも
そんな風に自分の事を扱われて、激高されても仕方ないですよ。

むしろ北朝鮮の方は穏やかに対応した方です。(内容は穏やかではない)
何せ米国の映画制作会社は相手を刺激してるんですから。
もちろんそれでも国があのような過激な行為は許されませんが
これではどちらがテロ(攻撃)を仕掛けてるのかわかりません。

実は今回の件で私が言いたいのはこのような事ではなく
例え騒動や問題が国家間の政治的なものだったとしても
もっと小さなコミュニティーや個人単位の人間関係で見れば
イジメや虐待などと同じ、問題発生の経緯だという事がわかります。

自分は冗談のつもりで相手を軽く罵っただけだとしても
相手はそれを冗談として受け取ってくれるとは限りません。
しかも普段からそんなに親しい間柄でもなければ
相手を逆撫でする行為でしかないのは言うまでもないでしょう。

この縮図を大きくしたものが今回の騒動であり
個人単位で見ればイジメ発生の問題と何ら変わらないわけです。
イメージとしては派閥抗争の方が近いでしょうか。

いずれにしても自分の浅はかで軽率な行為が
このような要らぬ問題を発生させるのです。

もしそんなつもりじゃなくても
相手との信頼関係も築けてないのに(例え築けてると思ってても)
その事に気づけないまま後先考えずに行動してしまうと
今回の騒動のように元々関係なかった分野まで巻き込んだ
思わぬ事態にまで発展してしまいます。

こうなるともう自分の意志だけでは制御出来ません。
イジメや貧困など、どんな問題でもそうですよね。
問題は自分だけの、誰か一人の原因で問題になってるのではない事が
この問題発生の経緯からもわかるでしょう。

今回の騒動でも、米国世論は何の正義を気取ってるのかわかりませんけど
客観的に見ればどちらに非があるかは日の目を見るより明らかです。

結局その後の北朝鮮の行動にも問題があるから
このようなイザコザ(抗争)へと発展してしまうわけですね。

ケンカ両成敗とはまさにこの事を言うのでしょう。

自分の意志だけでは事態が収拾付かなくなってしまう前に
自分の事ばかり考えてないで、普段から世の中や周りの出来事に目を向け
今回の件を教訓に学んでいきたいものです。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望もお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

京都カウンセリングラウンジ [ホームページ]

心理カウンセラー 宮本章太郎

京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL:075-432-0901

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お知らせ・注意事項

お電話やメールはカウンセリングの予約とお問い合わせ専用です。その他のご用件には応じられませんので悩み事の相談や営業目的等のご利用はご遠慮願います。FAX機...

商品・サービス

 『安らぎの時間を作る』をコンセプトに、新しいメニュー(新プログラム)の提供を開始致します。その名も「リラックスタイム」(別称:リフラックス)このプ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心...

宮本章太郎プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

心と健康に関する情報・知識が豊富です。

会社名 : 京都カウンセリングラウンジ
住所 : 京都府京都市上京区大宮通鞍馬口下ル東入新ン町602-2 [地図]
TEL : 075-432-0901

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-432-0901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お人柄などブログを見て、印象の通りのお優しい方でした。

Q、依頼される前、どのようなご要望やお悩みをお持ちでしたか...

M・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
著書「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る心理学~」出版のお知らせ
表紙

この度(2014年2月14日)、Amazon.co.jpより書籍「心理カウンセリングがもっと身近になる本 ~違った視点から見る...

働き方改革の前に自分の意識改革

政府が働き方改革を提唱して推進しています。企業も働き方改革に向けて取り組んでいるようですが資金的にも...

[ 仕事・生活・ビジネス ]

弱者の心理学 ~ルールという己の正義(正義感)と感情論~

ルールというのは単に決まり事だけではなく弱い者が自分を守るための盾、すなわち心の拠り所になるものだと言え...

[ 心理学コラム・心理テクニック ]

好き嫌いや偏見は自分の立場を弱める要因に ~自分にとってではなく社会の中の自分に気づく~

人によって好みやこだわりがあり、相性もあるので様々ですが基本的に何でも好き嫌いや偏見が多いと自分が惨め...

[ 生き方を学ぶ ]

うつの症状は健康な人でも簡単に陥る ~うつと健康な人は何が違うのか~

特にうつ病じゃなくても、休日など一旦体が怠けモードに入ると途端に何もやる気がなくなります。これを強制...

[ 健康・美容・ダイエット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ